ログイン / 登録 アカウント

通信サービスプロバイダー(CSP)やデジタルサービスにシフトする企業は、5Gビジネスの可能性を最大化する上で、新たな運用上の課題に直面しています。 実際に、どのように共通インフラを設計・構築するか、そしてクラウドを柔軟に扱い自動化を実現するか、運用コストを下げるか、マルチベンダーのエコシステムからソリューションを選ぶかなども課題になっています。

この課題に対し、IntelとRed Hatは、数十年にわたるコラボレーションを通じて、新しい5Gサービス向けのクラウドネイティブ・インフラストラクチャの自動化を加速できるよう、戦略的関係を発展させることを発表しています。この協業により、5G、ネットワーキングイノベーションおよび関連機能を上流のオープンソースプロジェクト(Kubernetesなど)に迅速に移行するためのR&Dの取り組みをサポートします。さらに、これらの新しいテクノロジーをより迅速に本番環境に展開できるよう、サポート対象の商用製品としてもお客様に提供しています。お客様は、さまざまな新しいユースケースやサービスに対応したネットワークをクラウドからネットワーク、エッジに変換することで、完全なソリューションのメリットを活用できます。

ネットワーク設計は、ほぼ無限のハードウェアソリューションを備えており、圧倒的な選択肢を実現しています。最初からシリコンとソフトウェアが連携するように設計されている場合、組織はアプリケーションとビジネスプロセスを最適化できるようになります。オープンソースをベースにしたRed HatとIntelの専門知識とエンジニアリングにより、CSPと企業は、クラウドネイティブ・ネットワークをより迅速に実装して、俊敏性を高めることができます。

業界をリードするRed Hatのエンタープライズ向けKubernetesプラットフォームであるRed Hat OpenShiftは、サービスプロバイダーが5Gクラウドネイティブ・ネットワークに移行する際に、特に5G RANと5Gに関する中核の目標を達成できるよう支援します。サービスプロバイダーと企業は、OpenShiftを使用することで、開発者の業務効率を向上させながら、ワークロードを管理し、クラウドネイティブ・アプリを構築できます。これは、Intel Xeon®スケーラブル・プロセッサ、Intel®イーサネット・ネットワーク・アダプタ、FlexRANリファレンス・ソフトウェア、OpenNESS(オープン・ネットワーク・エッジ・サービス・ソフトウェア)エッジコンピューティング・ソフトウェアツールキットなど、Intelの機能豊富な製品群と連動しています。

これらのテクノロジーを組み合わせたことで、エコシステム・ソリューションベンダーは、5Gで高速化されたインフラストラクチャとシステムリソースのメリットを実現できる、クラウドネイティブ・ネットワーク機能を開発できるようになります。同様に、通信サービスプロバイダーは、ベアメタルとしてのオンプレミスであれ、パブリッククラウドまたはハイブリッドクラウド経由であれ、柔軟な展開モデルを持つことでさらにメリットが得られます。IntelアーキテクチャとRed Hat OpenShiftは、マルチベンダーでもありながらTelcoクラウド向けのマルチクラウド・ハイブリッドクラウドアーキテクチャ戦略のテクノロジーバックボーンを形成します。企業は同様に、エッジからクラウドまで統合された管理とオーケストレーションからメリットを得られます。

ネットワークとエッジのイノベーション

コンテナ化の未来に向けた二社合同の取り組みは、決して目新しいことではありません。今年初め、Red HatとIntelは、仮想化ネットワーク機能(VNF)とクラウドネイティブ・ネットワーク機能(CNF)の両方をサポートする、クラウドベースのオンボーディングサービスとネットワーク機能のテストベッドの構築を発表しました。Red HatとIntelは、ラボを通じて数社のパートナーを持ち、今年はラボを拡張するために5GコアとRANエコシステムに取り組んでいます。イノベーションの進化した分野は、以下です。

  • Intelの第2世代Xeonスケーラブル・プロセッサによって実現される、Red Hat OpenShiftアプリケーションサービスを備えたハイブリッド・マルチクラウドは、オンプレミスのエンタープライズインフラストラクチャとマルチクラウド・サービスプロバイダー製品を柔軟かつ一貫した方法で連携させることで、俊敏性を最大化して業務効率を最適化します。組織は、必要な場所に必要なアプリケーションをより簡単に展開できるようになります。

  • Red Hat認定オペレーターのポートフォリオによるIntelテクノロジーを搭載したRed Hat OpenShift Container Storage、Red Hat OpenShift、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のインフラストラクチャ最適化を通じて、パフォーマンス、セキュリティ、プラットフォーム認知度、テレメトリー、コントロール、OpenNESSに対応したクラウドネイティブ・データプレーンを改善することで、まったく新しいレベルのインサイトを運用管理にもたらします。

  • Intelの技術で実現されるRed Hat OpenShiftネットワークコントローラーの機能強化により、差別化したサービス品質と効果的なネットワークの可視性と制御をクラウドパートナーに提供する組織の能力を最大限引き出します。これにより、動的なパッチ適用とアップグレード、およびライフサイクル管理を通じて、OAM(運用、管理と保守の強化)を向上できます。

  • 拡張されたプログラム可能なソリューションは、Intel Xeonプロセッサをベースとして最適化されたプラットフォーム、ダイナミック・デバイス・パーソナライズ(DDP)とRHELの今後のバージョンを搭載した、複数の100Gbps Intel®イーサネット・ネットワーク・アダプタE810によって実現され、ネットワークロケーション全体の多様なワークロードのニーズに対応します。ワイヤレスコアソリューションの場合、DDPの拡張されたプログラム可能なパイプラインにより、5G UPF(ユーザープレーン機能)の緻密で多様なプロトコルヘッダー処理が可能になります。

  • 共同リファレンス・アーキテクチャによって実現されるvRAN最適化によって、Red Hat OpenShift Container PlatformとOpenNESS Kubernetes Operatorsを使用して、高性能で高度に最適化され、時間的制約のある5G vRANの基盤設計を実現できるようになります。これは、vRANで最適化されたハードウェアベンダーと、vRAN CNFアプリケーションベンダーのエコシステムとして認定されます。

  • ヘテロジニアスコンピューティングへの移行する過程で、組織は構築したいハードウェアを使用して、エッジアーキテクチャを簡単に導入できます。これにより、クラウドネイティブ環境、エッジノードセキュリティ、CPU、GPU、FPGA、SmartNIC、アクセラレータ、Intel® Optane™ DC永続メモリなどの異種コンピューティング環境のサポートにおいて、最大限のデータプレーンパフォーマンスを実現します。

  • VNF/CNF用のエッジアプライアンスやプライベートワイヤレス(LTEおよび5G)など、エッジ展開用に最適化されたエッジネットワークサービスは、エッジでのアプリケーションの需要を満たすための反復可能でスケーラブルなビルディングブロックを提供して、通信事業者や企業が商用のエッジ展開を拡張できるようにします。さらに、Red Hat OpenShiftおよびIntelテクノロジーとSD-WAN周辺のVNF/CNFエコシステム、エンタープライズエッジ/uCPEのネットワーキングやセキュリティのユースケースを組み合わせることで、サービスプロバイダーがサービスを構築するための強固な基盤を構築できるようにする一方で、企業は統合された管理とオーケストレーションのメリットを得られます。

  • Open Visual Cloud、OpenNESS、OpenVINOを使用した、人工知能と機械学習、および主要なエッジのユースケースのメディア配信に重点を置いた、エッジ開発者向けの堅牢なツールキットとライブラリは、アジャイル開発を可能にするオープンベースのソース原則に基づいたソフトウェア開発キットを使用して、エッジでの新しいレベルのインサイトを促進します。

CSPや企業は、柔軟性、敏捷性、拡張性を実現するために、ネットワーク全体でクラウドネイティブ・アーキテクチャを採用しています。IntelとRed Hatは、共同リファレンス・アーキテクチャとコラボレーション分野の拡張を通じて、これらの新しいアーキテクチャへの移行の課題と複雑さを簡素化することに重点を置いています。Red HatとIntelのコラボレーションの詳細については、こちらこちらをご覧ください。


About the authors

Reza Mokhtari joined Red Hat in January 2018 as a Global Telco Alliance Executive. In alliance with Red Hat partners, with focus on digital transformation, he has been responsible for driving 5G, Edge, and Hybrid Cloud business opportunities. 

Hanen Garcia is Global Telco Solutions Manager at Red Hat, with more than 20 years of experience in the telecommunications industry building network solutions and value-added services for large telecom operators. In his current role, he is driving solutions to support telecommunications service providers during their network transformation journey. Prior to joining Red Hat, he worked at Ericsson as an innovation specialist designing cutting-edge solutions for mobile networks.