Red Hatの第9回世界のテクノロジー展望の調査の結果が発表されました。例年と同様に、組織のデジタル・トランスフォーメーションの取り組みの現状、ITおよびIT以外の予算の優先順位、直面している課題についてデータから探っていきます。本調査は、テクノロジー利用の新たな側面の理解を深め、傾向を追跡するのに役立つように、世界中の様々な業界のITリーダー1,700人以上を対象に実施しました。ここでは、レポートから得られた主な結果と傾向、そしてこれらの結果が時間とともにどのように変化したかを紹介します。

当然の結果:セキュリティの優先順位は引き続き1位

セキュリティは、すべての地域とほぼすべての業界において依然としてIT予算の最優先事項であり、回答者の44%が予算の優先事項のトップ3に挙げており、2番目に高い優先事項であるクラウド・インフラストラクチャよりも8ポイント高い数値を示しています。具体的には、ネットワークのセキュリティ(40%)とクラウドのセキュリティ(38%)が最優先事項であり、一方でサードパーティまたはサプライチェーンのリスク管理(12%)とセキュリティまたはコンプライアンスのためのスタッフの採用(13%)は、セキュリティに関する予算の優先事項としては最下位でした。

セキュリティは、他の多くのカテゴリーでもトップにランクインしています。クラウド・インフラストラクチャに関する予算の最優先事項は、クラウドのセキュリティがトップでした(42%)。分析に関する予算の最優先事項は、データのセキュリティと安全性がトップとなり(45%)、人工知能(AI)/機械学習(ML)を上回りました。自動化に関する予算の最優先事項は、セキュリティの自動化(35%)が、クラウドサービスの自動化(33%)とネットワークの自動化(30%)を抑えてトップとなりました。最後に、回答者の4人中3人が、アプリケーションから他のアプリケーション、データソース、またはその両方へのアクセスを保護するための資金投入を、今年は「やや増加」または「大幅に増加」させたと回答しています。

 

RH-2023-GlobalTech-In-Blog_Images-01-2022_1104-RGB

質問5.8:今後12カ月間において、あなたの会社のビッグデータおよび分析に関する予算の最優先事項は何ですか?

デジタル・トランスフォーメーションの優先順位が変化

昨年と比較して、企業のデジタル・トランスフォーメーション・ジャーニーに大きな変化はありませんでしたが、デジタル・トランスフォーメーションの優先順位の上位2つは大きく変化しました。例年、イノベーションが変革の必須事項であり、それは当然のことでしたが、今年は、イノベーションは最も重要な優先事項ではありません。セキュリティは昨年から3ポイント増の20%となり、新たなトップの座につきました。イノベーションは5ポイント減となり、19%がデジタル・トランスフォーメーションの最優先事項として認識するようになりました。

 

RH-2023-GlobalTech-In-Blog_Images-02-2022_1104-RGB

質問2.2: あなたの会社のデジタル・トランスフォーメーションの絶対的な最優先事項を一言で表すとしたら、次のうちのどれが最も当てはまりますか?

イノベーションの優先順位が年々低下していることについては、いくつかの説があります。例年、この質問では、回答者が複数の優先事項を選択できるようになっていましたが、今年は、回答者に選択肢の中から優先事項を1つ選んでもらい、最優先事項を絞り込むことで、順位が同じになるか、あるいは異なるかを確認したのです。今年、多くのセキュリティ脅威やデータ侵害が話題になったことから、当然ながらセキュリティが最重要視されましたが、これも当然のことです。しかし、それとは別に、調査データではデジタル・トランスフォーメーションの取り組みを加速させている企業が増加しており(現在23%)、企業のイノベーション計画が減速していないことが示されています。

人材ギャップがデジタル・トランスフォーメーションの最大の障壁に

昨年と同様に、企業が取り組んでいるデジタル・トランスフォーメーションの課題の中で最も多いのは、人材とスキルのギャップです。IT自動化、セキュリティ、AI/MLへの注目が高まる中、ITのリーダーは、適切なスキルと人材がなければ、これらの重要な取り組みの進展が滞ることを当然ながら懸念しています。組織文化、人材、プロセスは、テクノロジーと同様にデジタル・トランスフォーメーションの成功に不可欠です。

IT以外の予算の優先事項では、回答者の37%がデジタル・トランスフォーメーション戦略と技術/テクノロジースキルのトレーニングの両方を選びました。人/プロセススキルのトレーニングは3位(30%)、ITまたは開発者の採用と定着化はそれに続いています(28%)。今年のIT以外の予算の最優先事項は、いずれもスキルアップと人材に関するものであり、おそらく市場環境の変化と労働市場の逼迫を反映し、企業は戦略や優先事項の決定だけでなく、人材のリクルーティング、定着化、スキル再教育の方法についてもより創造的になることを迫られているのでしょう。

 

RH-2023-GlobalTech-In-Blog_Images-03-2022_1104-RGB

質問6.2:今後12カ月間において、ITテクノロジー製品またはソリューション以外に、あなたの会社が予算の最優先事項としているものは何ですか?

詳細についてはレポートで

このレポートには、クラウド戦略、業界データ、自動化の計画など、他にも豊富な知見が掲載されています。より深い分析については、2023年版世界のテクノロジー展望をお読みになり、企業が来年どのようにITアプローチのモダナイズを計画しているのかの詳細をご覧ください。

調査方法

Red Hatは、主として年間収益1億ドル超の企業で働く1,703 人のITのリーダーを対象に、2022 年 5 月から 6 月にかけて調査を行いました。回答者は、Red Hatのお客様の一部と広範な業界の識者から抽出したその他の方々で構成されています。


About the author

Red Hat is the world’s leading provider of enterprise open source software solutions, using a community-powered approach to deliver reliable and high-performing Linux, hybrid cloud, container, and Kubernetes technologies.

Read full bio