Subscribe to the feed

今週、Red Hat は第 1 回 Gartner® Magic Quadrant™ for Container Management (コンテナ管理部門) のリーダーに選出されたことを 発表 しました1。Red Hat はこの評価を誇りに思うと同時に、Red Hat OpenShift がデータセンターからクラウド、さらにはエッジに至るハイブリッド環境全体で、先進的アプリケーションの開発とデリバリーを加速する優れたハイブリッドクラウド・アプリケーション・プラットフォームであることの証明だと受け取っています。 

この直前に、Red Hat は 2023 年度 Magic Quadrant for DevOps Platforms (DevOps プラットフォーム部門) のチャレンジャーに認定されています2。Gartner Magic Quadrant の両レポートにおける Red Hat OpenShift の位置付けは、Red Hat OpenShift が卓越したコンテナ管理プラットフォームであると同時に、より優れた開発プラクティスを支援し、クラウドネイティブ・アプリケーションの市場投入を加速する、DevSecOps ツール群を完全に統合した 包括的なアプリケーション開発プラットフォーム であることを示すものだと考えています。 

ここでは、Gartner Magic Quadrant の結果を当社の視点から詳しく説明するために、最もよく寄せられる質問にお答えします。

Gartner Magic Quadrant とは何ですか?

Magic Quadrant レポートは、特定の市場で実施する事実に基づいた厳密な調査の集大成です。各プロバイダーが明確に差別化され、かつ成長率も高い市場において、プロバイダーの相対的な位置付けを広い視野で捉えています。プロバイダーは、リーダー、チャレンジャー、ビジョナリー、ニッチプレーヤーという 4 つの象限 (Quadrant) に位置付けられます。このような調査により、お客様は独自のビジネスニーズとテクノロジーニーズに合わせて、市場分析を最大限に活かすことができます。

Magic Quadrant はどのように判定されますか?どのような基準が使用されていますか?

Gartner は、コンテナ管理を次のように定義しています。「コンテナ化されたワークロードのデプロイと運用を可能にする製品。デリバリー方法には、オンプレミス、パブリッククラウド、エッジで稼働するコンテナ用のクラウド、マネージドサービス、ソフトウェアが含まれます。関連テクノロジーには、オーケストレーションとスケジューリング、サービスの検出と登録、イメージレジストリ、ルーティングとネットワーク、サービスカタログと管理ユーザーインタフェース、API が含まれます」

コンテナ管理は、コンテナイメージのプロビジョニング、運用、ライフサイクル管理を大規模に自動化するものです。コンテナインスタンスと関連リソースの管理には、一元的なガバナンスポリシーとセキュリティポリシーが使用されます。コンテナ管理は、プラットフォームエンジニアリング、クラウド管理、継続的インテグレーション/継続的デプロイメント (CI/CD) パイプラインなど、先進的アプリケーションの要件に対応します。利点としては、アジリティ、弾力性、イノベーションへのアクセスの向上などが挙げられます。

Gartner によると、Gartner コンテナ管理部門の対象となる機能の選定基準は次のとおりです。

  • コンテナ・インフラストラクチャ - オンプレミス、クラウド、エッジロケーション全体で、エンタープライズレベルのコンテナ管理を実現する。複数のプロバイダーから提供される場合もある多数のコンテナクラスタのライフサイクルと設定を含む、統合フリート管理のためのツール群を提供する。
  • プロビジョニングと更新の管理 - コンテナ管理機能とインフラストラクチャのプロビジョニングと更新を自動化する。
  • プラットフォームエンジニアリングのサポート - 製品管理プラクティスを使用したセルフサービスコンテナプラットフォームを実現するために必要な機能を提供する。
  • アプリケーションプラットフォーム機能 - コンテナを使用してアプリケーションのデリバリーを加速するアプリケーション開発機能および DevOps 機能を提供する。

この評価はなぜ重要なのでしょうか?

Gartner によると、リーダーに位置付けられる企業は、現在のビジョンに照らして優れた成果を上げ、将来性の高い企業であるといいます。Gartner は IT 分野で最もよく知られたテクノロジーアナリスト企業の 1 つです。Red Hat がリーダーの評価を受けたことは、Red Hat OpenShift の現在の機能だけでなく、お客様の将来のニーズに合わせてソリューションを最適な形で進化させるという Red Hat のビジョンを証明するものであると考えています。 

Red Hat OpenShift によるコンテナ管理の詳細

Gartner Magic Quadrant コンテナ管理部門に関する詳細なレポートは、こちら からダウンロードできます。

Kubernetes を活用した業界をリードするハイブリッドクラウドアプリケーションプラットフォームである Red Hat OpenShift の詳細 をご覧ください。

Red Hat OpenShift がどのような点でアプリケーションプラットフォームであるかについては、こちら を参照してください。

Red Hat の DevOps プラットフォームの実例 もご紹介しています。

Gartner の免責事項:
Gartnerは、同社の調査発表で取り上げた一定のベンダー、製品、サービスを推奨しているのではなく、また技術を利用するユーザーに対して最高評価その他の指定を受けたベンダーのみを選択するよう勧告しているのでもありません。Gartner の調査発表は Gartner の調査機関の意見であり、事実を記載したものと解釈してはなりません。Gartner は商品の適格性や特定の目的への適合性に関する保証を含め、明示暗示を問わず、本調査に関する一切の保証責任を負いません。 

Gartnerは、Gartner の登録商標およびサービスマークです。Magic Quadrantは、Gartner, Inc.および/またはその米国・海外における関連会社の登録商標です。ここでは許可を得て使用されています。All rights reserved.

上記の図は、調査文書の一部として Gartner, Inc が公開したものであり、文書全体の文脈に照らして評価されるべきものです。Gartner の文書は、Red Hat に請求することで入手できます。

1 出典: Gartner、「Magic Quadrant for Container Management」、2023 年 9 月

2 出典: Gartner、「Magic Quadrant for DevOps Platforms」、2023 年 6 月


執筆者紹介

Aubrey Muhlach is a Senior Manager of Product Marketing Red Hat OpenShift based out of Colorado. Focusing on enabling DevOps practices and culture, Aubrey develops and implements go to market strategies for OpenShift and emerging technologies in the ecosystem. Aubrey lives in Colorado with her family where she takes full advantage of the Rocky Mountains and those infamous Boulder Flat Iron views.

Read full bio

チャンネル別に見る

automation icon

自動化

テクノロジー、チームおよび環境に関する IT 自動化の最新情報

AI icon

AI (人工知能)

お客様が AI ワークロードをどこでも自由に実行することを可能にするプラットフォームについてのアップデート

open hybrid cloud icon

オープン・ハイブリッドクラウド

ハイブリッドクラウドで柔軟に未来を築く方法をご確認ください。

security icon

セキュリティ

環境やテクノロジー全体に及ぶリスクを軽減する方法に関する最新情報

edge icon

エッジコンピューティング

エッジでの運用を単純化するプラットフォームのアップデート

Infrastructure icon

インフラストラクチャ

世界有数のエンタープライズ向け Linux プラットフォームの最新情報

application development icon

アプリケーション

アプリケーションの最も困難な課題に対する Red Hat ソリューションの詳細

Original series icon

オリジナル番組

エンタープライズ向けテクノロジーのメーカーやリーダーによるストーリー