次世代の Red Hat Enterprise Linux が登場

組織の IT インフラストラクチャがデータセンターからクラウドおよびネットワークエッジに拡大するに伴い、よりスケーラブルなハイブリッドクラウド・ソリューションと運用の安定性を強化する必要性がさらに高まりつつあります。Red Hat Enterprise Linux (RHEL) を使用することで、一貫性、柔軟性、および信頼性を向上させ、イノベーションを実現できます。

RHEL 9 の一般提供が 2022 年 5 月に開始され、新たに 9.1 の更新が追加されました。この更新では、SQL の機能強化、Red Hat Satellite を使用した Red Hat Smart Management、Red Hat Insights および Workstations など、多数の新機能をお客様に提供しています。

RHEL 9.1 の新機能

RHEL 9.1 は、バージョン 9.0 で導入された以前の拡張機能 (例: RHEL Web コンソールやシステムロールなどの高度な自動化および管理機能) をベースに構築されており、お客様は手動タスクの自動化、大規模なデプロイメントの標準化、日常のシステム管理業務の単純化を図ることができます。

RHEL 9.1 に追加された拡張機能は、お客様が新しいシステムを導入したり、既存インフラストラクチャを管理したりする際に、システムセキュリティおよびコンプライアンスの管理を単純化するために役立ちます。組織は、新しい Ansible ツールの活用、外部ソースに保存されている ID を使用した RHEL システムへのアクセス、ニーズに合わせたマルチレベルセキュリティ (MLS) の実装だけでなく、オペレーティングシステムの起動環境の整合性をリモートで検証できるようになりました。

RHEL では、2 年間の延長アップデートサポート (EUS) 期間でアップグレードパスがサポートされるため、ライフサイクル要件の計画に費やす時間をこれまでよりも長く確保できるようになりました。Leapp では RHEL 最新バージョンへのインプレースアップグレードがサポート対象となり、Convert2RHEL はより柔軟な同時リリースに対応しています。

さらに、RHEL Image Builder は、標準化および最適化されたオペレーティングシステムのイメージを構築して、複数のランタイム環境全体に迅速にデプロイできるようにします。

RHEL for SQL

Microsoft Structured Query Language (SQL) Server システムロールが強化されたことで、お客様はシングルノードの SQL Server 環境と SQL Server Always On アベイラビリティグループの両方をインストール、設定、チューニングできます。RHEL High Availability Add-On の機能拡張により、自動化を使用することでタスクアプリケーションに一貫性を持たせ、運用を効率化できます。

Red Hat Satellite を使用した Red Hat Smart Management

Red Hat Smart Management は、Red Hat Satellite の柔軟で強力なインフラストラクチャ管理機能と、Red Hat Insights の修復計画を実行する機能を組み合わせて、RHEL の反復的なライフサイクル管理タスクを合理化し、運用効率を高め、システムのセキュリティ、可用性、コンプライアンスを強化します。

Red Hat Smart Management には、Insights の推奨事項を適用するためのプッシュボタン修復が強化されて搭載されているため、お客様は、Insights インタフェースからホストへ、または Satellite インタフェースを使用して、直接修復できます。

Red Hat Satellite 6.12 の更新には、安定性の向上を目的とした Web インタフェースの更新、新たなパフォーマンス向上およびリソース使用率の最適化、リモート実行のプルモードなど、多数の利点が追加されています。

Red Hat Insights for RHEL

Red Hat Insights は、予測分析とドメインに関する包括的な専門知識を使用して IT 環境を評価し、運用とソフトウェアのセキュリティリスクを特定して優先順位を付けると同時に、ハイブリッドクラウドのデプロイメント全体でサブスクリプションの追跡を単純化することで、RHEL の運用を単純化できます。RHEL 9.1 の新機能には、以下が含まれます。

  • サブスクリプションの更新:Simple Content Access (SCA) がデフォルトで有効化
  • Hybrid Cloud Console (HCC) でアクティベーションキーを使用することで容易なアクティベーションを実現
  • Snow Software 統合の一般提供を開始
  • マルウェア検出サービスの一般提供を開始
  • エッジデバイスの推奨事項を提供
  • パブリッククラウド・インスタンスでの自動登録

RHEL for Workstations

RHEL for Workstations 9.1 は、Gnome Wayland セッションで Mozilla Firefox をネイティブにサポートするようになり、ユーザーはより多くのネイティブツールを使用できるようになりました。XWayland/X11 Gtk+ バックエンドは Firefox-x11 の追加パッケージで引き続き使用できます。

参考情報


About the author

Gil Cattelain is Principal Product Marketing Manager for Red Hat Enterprise Linux. Cattelain has more than 20 years’ experience as a leader in high-tech software product marketing with a proven track record of managing major product releases and go-to-market strategies. Prior to Red Hat, Cattelain held product marketing leadership roles at Micro Focus, Novell, and Genesys, focusing on the endpoint management and DevOps/agile solutions, including digital marketing for the contact center market.

Read full bio