Red Hat blog


Red Hat Satellite 5の最新アップグレードであるRed Hat Satellite 5.7の一般提供が開始されました。Red Hat Satelliteは、自動化を強化し、規律正しい、単純化された管理ワークフローとプロセスを追加することによって、Red Hat Enterprise Linux環境の管理を向上させます。Red Hat Satelliteを使うと、数十台、数百台、あるいは数千台のサーバでさえ、1台のサーバと同様の容易さで管理できます。

Red Hat Satellite 5.7は、Red Hat Satellite 5シリーズの最新版であり、以下を含む複数の特徴を備えています。

 

  • セキュリティとコンプライアンスの強化
    • FIPS 140-2対応Red Hat Enterprise Linux上でSatelliteが動作可能
    • シンプル化されたアイデンティティ管理の統合
  • 効率と自動化の向上
    • IPMI(Intelligent Platform Management Interface)対応ハードウェアの起動、停止、および再起動
    • スケジュール式アクションチェインによりクライアントシステムタスクのオーケストレーションに対応
    • PowerLEクライアントシステムの管理をサポート
    • リードオンリーAPIユーザーサポートにより安全で非破壊的なインフラの調査が可能
    • アップデートとプロビジョニングの速度が向上し、ミラー形式のプリキャッシュを使用するRed Hat Proxy Serverによるデプロイメントのスケールアウトが可能
  • ユーザーインタフェスの刷新

 

Red Hat Satellite 6

2014年9月に、Red Hatは次世代のRed Hatシステム管理製品である Red Hat Satellite 6の提供を開始しました。Satelliteは、包括的なライフサイクル管理に対してお客様が期待するシステム管理のための機能を維持しつつ、洗練されたシステム定義アーキタイプや、標準運用環境(SOE)、アップデート、およびコンフィギュレーションの詳細な管理を含む、大幅に進化した機能を追加しています。また、Satellite 6は、Puppetによって提供されるレシピベースのツールと、Foremanオープンソースプロジェクトによって提供されるデプロイメントテクノロジ―による、コンフィギュレーションとプロビジョニングの劇的な改良も特徴としています。

Red Hat Satellite 5をご利用中のすべてのお客様は、できる限り早い機会にRed Hat Satellite 5.7にアップグレードするか、または最新のRed Hat Satellite 6をダウンロードしてお試し頂くことを推奨します。我々はRed Hat Satellite 6への移行を合理化し、より明快な、2つのプラットフォームを並行して試すことが可能なプロセスを用意しました。Red Hat Satellite 6の詳細および移行プロセスについては、https://access.redhat.com/products/red-hat-satellite をご覧ください。

 

トピックス

注目のニュース