コスト管理メトリクス Operator (Red Hat OpenShift上で実行される認定コンテナイメージ) の 2 つ目のバージョンは、既存機能を基に強化され、より多くの履歴データを取得できるようになっているほか、新しい最適化メトリクスが追加されています。これらの新機能を適切に指定されたコンテナのリクエストと制限と組み合わせて使用することで、コンテナ環境のコストをよりよく理解することができます。 

Red Hat cost management operator details screenshot

既存の機能をベースに強化

コスト管理メトリクス Operator のこの 2 つ目のバージョンは、関連するソースを console.redhat.com に自動的に作成することで、設定を高速化できます。これらのメトリクスはデフォルトで 6 時間ごとに送信されますが、設定を変更して頻度を高めることもできます。メトリクスの頻度が高いほど、定義された料金のコストモデルに依存するオンプレミスクラスタの可視化の速度が向上します (クラウドプロバイダーで実行され、コストのエクスポートを待ってから割り当てを行うクラスタと比較した場合)。 

Operator は制限付きネットワークモードもサポートしています。このモードではクラスタ内のペイロードを収集し、ネットワークに接続されたシステムを介してアップロードできます。このバージョンの Operator によって収集される新しいメトリクスにも、制限付きフローを介して同じペイロードでアクセスできます。このバージョンでは、特定の機能へのアクセスのみを希望するお客様をサポートするために、メトリクスを無効にすることもできます。

Red Hat cost management config creation screenshot

既存のメトリクスの取得

コスト管理メトリクス Operator のこの新しいバージョンは、OpenShift にインストールおよび設定されるとすぐに既存の Prometheus のメトリクスを収集するので、より多くの履歴データにアクセスできます。この履歴データは、次のことに役立ちます。

  • クラスタが使用するリソース全体の傾向とパターンをよりよく理解する
  • 予測と容量計画の改善
  • リソース管理の向上とコストの最適化

デフォルトでは、OpenShift クラスタ監視 Operator はメトリクスデータを 15 日間保持しますが、 コスト管理メトリクス Operator は最大 90 日間の保持されたメトリクスデータを収集できます。これは大幅な改善であり、クラスタのパフォーマンスの経時的な変化をよりよく理解するのに役立ちます。 

より多くの履歴データがあれば、Operator の実行開始日に傾向とパターンを特定できます。これにより、コストを最適化しながら、クラスタの容量ニーズについてより適切な意思決定を行うことができます。 

Red Hat cost management cluster-monitoring-config YAML screenshot

最適化のメトリクス

コスト管理メトリクス Operator バージョン 2.0 では、新しい履歴データ機能に加えて、CPU/メモリー使用量、リクエスト、および制限の最小値、最大値、平均値、合計値も 15 分ごとに計算します。これらの新しいメトリクスは、コンテナのリクエストや制限などのリソース最適化の推奨事項の判断材料として使用され、クラスタの容量をより適切に管理するのに役立ちます。 

ワークロードを最適化すると、余分なワークロード容量や OpenShift クラスタ内のノード数を削減するコスト節約型の環境を構築できます。

Red Hat cost management metrics screenshot

コンテナのリクエストと制限を適切に指定することは、クラスタ容量を管理する上で重要です。リソースのニーズを過大評価している場合、実際に使用するよりも多くのリソースに対して料金を支払っている可能性があります。逆に、必要なリソースを過小評価してしまうと、パフォーマンスの低下や、メモリー不足エラーの発生につながる可能性があります。十分な情報に基づいてリソース割り当てを決定することで、OpenShift クラスタをより効率的に実行し、不要なコストを削減できます。 

コスト管理メトリクス Operator のバージョン 2.0 は、情報に基づいてこれらの意思決定を行うことを可能にするデータを収集します。Operator によって収集された新しいメトリクスにより、使用されているリソースについての理解が深まり、それに応じてコンテナのリクエストと制限を最適化できます。

Red Hat cost management optimizations screenshot

Operator のインストール

コスト管理メトリクス Operator のバージョン 2.0 には、OpenShift クラスタを最適化し、プロセスのコストを節約するのに役立つ、さまざまな優れた新機能が含まれています。 

より多くの履歴データを収集し、リソース最適化のための推奨事項を提供する機能を備えたこのバージョンは、OpenShift を使用するあらゆる組織にとって有用なツールです。コンテナのリクエストと制限を適切に指定することで、不要な出費を削減し、クラスタをより効率的に実行して、環境に良い影響を与えることができます。


執筆者紹介

Chris Hambridge started his software engineering career in 2006 and joined Red Hat in 2017. He has a Masters in Computer Science from the Georgia Institute of Technology, and is passionate about cloud-native development and DevOps with a focus on pragmatic solutions to everyday problems.

Read full bio