検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト
EX180

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Containers and Kubernetes -

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

知っておくべきこと

  • リモート試験形式を選ぶことで、どこにいても受験できるようになりました。詳細はこちら

 

試験の説明

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Containers and Kubernetes - (EX180) では、スタンドアロン環境や Kubernetes および OpenShift 環境でコンテナ化されたサービスを検索、カスタマイズ、実行、管理する能力など、コンテナと OpenShift の基礎に関するスキルと知識をテストします。

この試験に合格すると、Red Hat 認定アーキテクト (RHCA®) を取得する際の前提条件にもなる Red Hat 認定スペシャリスト - Containers and Kubernetes - を取得できます。

この試験は、Red Hat® OpenShift® Container Platform 4.5 に基づいています。

試験の対象者

  • コンテナの作成、管理、使用を担当する管理者、アーキテクト、ソフトウェア開発者、およびその他の担当者。先進的ソフトウェアでコンテナを使用する際の基礎となる主なコンセプトとプロセスの習熟度を実証したい担当者
  • ソフトウェア・アプリケーションのコンテナ化を検討している開発者
  • コンテナ化技術やコンテナのオーケストレーションを初めて使用する管理者
  • ソフトウェア・アーキテクチャ内でコンテナ技術の使用を検討しているアーキテクト
  • Kubernetes および Red Hat OpenShift の使用を検討しているサイト信頼性エンジニア

この認定試験に推奨される条件

試験の内容

試験の学習ポイント

以下に、試験の主な作業領域を示しますので、試験の準備にご活用ください。

以下のスキルと能力が試されます。

  • Podman を使用したイメージの実装
    • FROM (ベースイメージの概念) 命令の理解と使用
    • RUN 命令の理解と使用
    • ADD 命令の理解と使用
    • COPY 命令の理解と使用
    • ADD 命令と COPY 命令の違いについての理解
    • WORKDIR 命令と USER 命令の理解と使用
    • セキュリティ関連のトピックについての理解
    • CMD 命令と ENTRYPOINT 命令の違いと適用可能性についての理解
    • パラメーター付き ENTRYPOINT 命令についての理解
    • Docker ファイルからポートを公開するタイミングと方法についての理解
    • イメージ内部の環境変数についての理解と使用
    • ENV 命令についての理解
    • コンテナボリュームについての理解
    • ホストディレクトリをデータボリュームとしてマウントする
    • このアプローチに関連するセキュリティと許可の要件についての理解
    • このアプローチでのライフサイクルとクリーンアップ要件についての理解
  • イメージの管理
    • プライベート・レジストリ・セキュリティについての理解
    • 多くの異なるレジストリとのやり取り
    • イメージタグについての理解と使用
    • イメージのレジストリからの取得 (プル) およびレジストリへの格納 (プッシュ)
    • イメージをそのレイヤーおよびメタデータと共にバックアップすることと、コンテナ状態をバックアップすることの比較
  • Podman を使用してコンテナをローカルで実行する
    • コンテナログの取得
    • コンテナホスト上でのコンテナイベントの待機
    • Podman インスペクトの使用
  • OpenShift の基本的な知識
  • OpenShift でのアプリケーション作成
    • テンプレート、ソースコード、イメージからのプロジェクトの作成、管理、削除
    • カタログテンプレートのパラメータのカスタマイズ
    • 環境パラメータの指定
    • パブリック・アプリケーションの公開
  • OpenShift でのアプリケーションのトラブルシューティング
    • アプリケーションリソースの記述の理解
    • アプリケーションログの取得
    • 実行中のアプリケーションの調査
    • ポッドで実行されているコンテナへの接続
    • ポッドで実行されているコンテナとの間でのリソースのコピー

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

知っておくべきこと

準備

Red Hat では、この試験の準備として、Red Hat OpenShift I: Containers & Kubernetes (DO180) を受講することをお勧めしています。このコースへの参加は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のトレーニングコースに参加することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。Red Hat 製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が提供されています。Red Hat では、そのような資料のいずれも試験対策ガイドとして公認していません。とはいえ、そのような追加情報は理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Containers and Kubernetes - は、実践的な実技試験で、実際の開発タスクを行う必要があります。試験中、受験者はインターネットにアクセスすることはできず、資料や電子文書を持ち込むことも許可されません。ノートや書籍、その他の資料も持ち込めません。大半の試験では、製品に付属のドキュメントを試験中に使用できます。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central から送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に送付されます。

試験結果には合計得点のみ記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

推奨される次のコースまたは試験

Red Hat OpenShift Administration II: Operating a Production Kubernetes Cluster (DO280)
Red Hat Certified Specialist in OpenShift Administration exam (EX280)