検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
RH342

Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

Red Hat Enterprise Linux に関する問題の診断、情報の収集、一般的な問題の解決

Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting (RH342) コースは、システム管理者を対象としたものであり、さまざまな潜在的な問題を適切に診断および解決するために必要なツールと手法を提供します。受講者は、実践的な形式でさまざまなサブシステムの問題に取り組み、一般的な問題を診断および解決します。

受講者は、構造的なトラブルシューティングにおいて科学的な手法をどのように適用するかを学習します。そして、このアプローチは、起動問題、ハードウェア問題、ストレージ問題、RPM 問題、ネットワーク問題、サードパーティ・アプリケーション問題、セキュリティ問題、カーネル問題などさまざまな種類の問題のトラブルシューティングに活用できます。このコースを修了すると、受講者は自身のスキルを確認するさまざまな総合演習を終了したことになります。

また、このコースは Red Hat Enterprise Linux 7.2 に基づいています。

学習内容サマリー

  • 科学的な手法を用いたトラブルシューティング
  • 起動問題に関するトラブルシューティング
  • セキュリティ問題に関するトラブルシューティング
  • ストレージ問題に関するトラブルシューティング
  • ネットワーク問題に関するトラブルシューティング

コース対象者

Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting コースは、トラブルシューティングに関して理解を深めたい上級システム管理者向けです。

受講の前提条件

Red Hat が推奨する前提条件は以下のとおりです。

学習内容

学習内容

トラブルシューティングの概要
トラブルシューティングの一般的な戦略について説明する
小さな問題を防ぐための事前対策
プロアクティブなシステム管理手法を採用して、小さな問題が大きな問題になるのを防ぐ
起動問題に関するトラブルシューティング
システムの起動能力に影響を与える可能性のある問題を特定して解決する
ハードウェア問題の特定
システムの動作能力に影響を与える可能性のあるハードウェア問題を特定する
ストレージ問題に関するトラブルシューティング
ストレージに関連する問題を特定して修正する
RPM 問題に関するトラブルシューティング
パッケージ管理サブシステムの問題を特定して修正し、使用する
ネットワーク問題に関するトラブルシューティング
ネットワーク接続の問題を特定して解決する
アプリケーション問題に関するトラブルシューティング
アプリケーション問題をデバッグする
セキュリティ問題への対処
セキュリティサブシステムに関連する問題を特定して修正する
カーネル問題に関するトラブルシューティング
カーネル問題を特定し、カーネル問題の解決において Red Hat サポートを支援する
Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting の包括的なレビュー
Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting で学習した知識とスキルを実践する
注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください

成果

組織にとっての効果

このコースの目的は、分析、診断、トラブルシューティングを使用することで、システム障害による高コストなダウンを予防し、実際に障害が発生した場合にシステムを短時間で回復するために必要なスキルを伸ばすことです。

このコースはお客様にメリットをもたらすことを意図して作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースを受講すると、ソフトウェア開発ライフサイクルのプロセスを利用して、組織内のホストシステムを計画、作成、テスト、およびプロビジョニングできるようになります。

推奨される次の試験またはコース

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。