検索

日本語

日本語

ログイン

ログイン/登録

Web サイト

RH437

Red Hat High Availability Clustering + 認定試験

場所

形式 What’s this?

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

高可用性クラスタの設計とデプロイ

Red Hat® High Availability Clustering + 認定試験 (RH437) は、Cluster Logical Volume Manager (CLVM)、Red Hat Global File System 2 (GFS2)、Device-Mapper Multipath など、Red Hat Enterprise Linux High-Availability Add-On の Pacemaker コンポーネントと、Resilient Storage Add-On のクラスタ・ストレージ・コンポーネントを使用して、実践的で集中的な演習を行います。

このコースは Red Hat Enterprise Linux 7.1 に基づいており、Red Hat 認定スペシャリスト試験 - High Availability Clustering - (EX436) を含んでいます。

コース概要

上級 Linux® システム管理者を対象とする 4 日間のコースで、ほとんどが実習の構成となっています。ミッション・クリティカルなエンタープライズ環境に可用性の高いネットワークサービスを提供する共有ストレージおよびサーバークラスタをデプロイおよび管理する方法について学習できます。

このコースは、Red Hat 認定スペシャリスト試験 - High Availability Clustering - (EX436) の準備にも役立ちます。このバージョンのコースには試験が含まれます。

学習内容サマリー

  • Pacemaker ベースの高可用性クラスタのインストールおよび設定
  • 高可用性サービスの作成と管理
  • クラスタの一般的な問題のトラブルシューティング
  • 共有ストレージ (iSCSI) の操作とマルチパス機能の設定
  • GFS2 ファイルシステムの設定

認定スペシャリストの認定資格

Red Hat 認定スペシャリストは、実技試験に合格した個人が取得できる専門資格です。この認定資格は、専門領域でのスキルと知識が身についていることを証明します。

コース対象者

  • 高可用性クラスタリング・サービスによる障害許容度の向上とフォールトトレラントな共有ストレージ・テクノロジーの使用を担当する上級 Linux システム管理者

受講の前提条件

学習内容

学習内容

クラスタおよびストレージ
ストレージおよびクラスタのテクノロジーの概要を理解します。
高可用性クラスタの作成
Pacemaker ベースの高可用性クラスタのアーキテクチャを確認し、作成します。
ノードと Quorum
クラスタノードのメンバーシップと、クラスタを制御するための Quorum の使用方法を確認します。
フェンシング
フェンシングおよびフェンシング設定について理解します。
リソースグループ
単純なリソースグループを作成して設定し、高可用性サービスをクライアントに提供します。
高可用性クラスタのトラブルシューティング
クラスタの問題を特定し、トラブルシューティングを行います。
複雑なリソースグループ
制約を使用して複雑なリソースグループを制御します。
2 ノードクラスタ
2 ノードクラスタの問題を特定して回避します。
iSCSI イニシエータ
共有ストレージへのアクセスに使用する iSCSI イニシエータを管理します。
マルチパスストレージ
冗長ストレージアクセスを設定します。
論理ボリュームマネージャー (LVM) クラスタ
クラスタ化された LVM を管理します。
グローバル・ファイル・システム 2
対称共有ファイルシステムを作成します。
単一障害点の排除
単一障害点を除去してサービスの可用性を高めます。
理解度の確認
高可用性サービスおよびストレージを設定します。
注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについて不明な点がある場合は、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください
成果

組織にとっての効果

このコースの目的は、可用性が高く、回復力の強いミッション・クリティカル・アプリケーションを作成することにより、ダウンタイムを減らし、ハードウェアのメンテナンスを容易にするために必要なスキルを伸ばすことです。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースを受講すると、業務基幹アプリケーションのための高可用性ネットワークサービスおよび密接に連携したクラスタストレージの作成、管理、およびトラブルシューティングを実行できるようになります。

以下のスキルを習得できます。

  • 高可用性クラスタリングの使用によりアプリケーションのアップタイムを向上させる
  • iSCSI イニシエータ、HA-LVM または CLVM、および GFS2 クラスタ・ファイル・システムを適宜使用することにより、高可用性環境においてストレージを管理する
  • 高可用性クラスタ内の単一障害点を特定し、それを除去するための戦略を実装する

推奨される次の試験またはコース

Red Hat Enterprise Deployment and Systems Management (RH403)
上級管理者を対象とするこのコースでは、Red Hat Enterprise Linux システムの大規模なデプロイと管理について学習します。Red Hat Network Satellite Server についても取り上げます。
Red Hat Enterprise Performance Tuning (RH442)
上級管理者を対象にしたこのコースでは、Red Hat Enterprise Linux のパフォーマンス・チューニングとキャパシティ・プランニングの方法を学習し、実習を行います。

このコースを修了すると、次の技術者認定の取得準備が整います。

Red Hat 認定アーキテクト - RHCA
RHCA 認定資格は、RHCDS のスキルと知識に加えて、高度なネットワーク・サービス・セキュリティ、システム監視、およびパフォーマンス・チューニングのスキルと知識を証明する資格です。
エキスパート認定
エキスパート認定は、RHCE 技術者認定に段階的に付加されていく技術者認定であり、専門分野におけるスキルと知識の証明となります。

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。