言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

JBoss Middleware

Red Hat JBoss Enterprise Middleware への移行

信頼性の高い移行

高コストとベンダーロックインをオープンソースと信頼性に

Red Hat® JBoss® Middleware への移行により、さまざまなメリットがもたらされます。それゆえ、Sprint NextelE*Trade および Roche などの進歩的な企業は、高コストとベンダーの制約を捨て、オープンソースと Red Hat JBoss Middleware を選択しました。

移行が必要な理由

ある時点でクラウドへの移行が必要になります。

アプリケーションをクラウドにデプロイすることには多くの利点がありますが、その適切な時期は組織によって異なります。プロプライエタリミドルウェアによっては、特定の提供モデルまたはアプローチに拘束されます。Red Hat JBoss Middleware を用いると、準備ができたときにいつでもクラウドへ移行することができます。

レガシーミドルウェアでは、新しいテクノロジー要件に追いつくことができません。

組織は、ソーシャル、モバイル、ビッグデータ、およびクラウドコンピューティング、さらにその先に訪れるものを組み込み、サポートするソリューションを提供できる必要があります。Red Hat JBoss Middleware のモジュール式アーキテクチャーとコミュニティによるイノベーションにより、こういった新しいテクノロジーを組み込み、迅速かつ効率的にアプリケーションを市場に投入できます。

開発者は、開発サイクルにおいてさらに生産性を高める必要があります。

開発者にはスピードが必要です。新しいアプリケーションの開発やデプロイ、既存アプリケーションの更新や再デプロイを迅速に行う必要があります。Red Hat JBoss Middleware の幅広く揃ったツール機能セット、高速な起動時間、優れたサポートにより、開発者とアーキテクトは、ビジネスを真に差別化するためのイノベーションに創造的エネルギーを集中させることができます。

Red Hat JBoss Middleware を使用する理由

Red Hat JBoss Middleware をご利用になれば、イノベーションを加速し、市場投入までの時間を短縮し、既存の IT 資産の価値を引き出すと同時に、コストとリスクを低減することができます。次のようなメリットがあります。

  • 迅速なイノベーション。適切なツールとテクノロジーを使用することで生産性が大幅に向上します。新しいソリューションの開発に時間とリソースを自由に費やすことができます。高い俊敏性により短時間でイノベーションが可能になります。
  • 軽量化。必要な機能のみを選択できるモジュール式アーキテクチャー、高速な起動時間、リモートの支社やデバイスにデプロイできる組み込み可能なプラットフォームにより、軽量な Red Hat JBoss Middleware は既存の IT 資産の価値を迅速かつ容易に引き出すことができます。
  • コストとリスクの低減。取得コストがプロプライエタリ競合製品の約 10 分の 1 の Red Hat JBoss Middleware は、完全にサポートされるエンタープライズクラスのオープンソースミドルウェアポートフォリオを提供します。また、ロックインのリスクを抑え、追加と終了の際の障壁を低減し、追加のライセンスコストなしで新しいバージョンをデプロイできる柔軟性も提供します。

差別化を可能にするミッションクリティカルなソリューションを構築して組織の成功を確かなものにする必要がある企業の IT プロフェッショナルのために、Red Hat JBoss Middleware は企業のイノベーションをより迅速かつスマートな方法で実現します。

関連資料

Red Hat JBoss Middleware に移行する組織が増え続けている理由

今すぐ移行する

Red Hat JBoss Middleware への切り替え作業開始手順

戦略的移行計画ガイド

これらのガイドのいずれかを使用して、JBoss Enterprise Application Platform への移行の詳細をご確認ください:

JBoss マイグレーションセンター

JBoss マイグレーションセンターは、企業が「障害を回避」して安全にミドルウェアに移行できるようサポートします。マイグレーションセンターには、オープンソースの移行評価ツールに加えて、アプリケーションの Red Hat JBoss Middleware への移行プロセスを加速化し、リスクを低減するためのガイドおよびドキュメントが用意されています。

Red Hat JBoss Middleware を使用した新しいプロジェクトの開始: