お問い合わせ
アカウント ログイン

サプライヤーの社会的および環境的責任

Jump to section

Red Hatの成長に伴って、環境とコミュニティへに対する Red Hat の影響は大きくなっています。Red Hatは、環境的にも社会的にも責任のあるサプライヤーとビジネスを行うことで、より良い世界の創造に取り組んでいます。.

RedHatのコミュニティと社会的責任についてもっと読む。


Red Hatは、サプライヤーが、次のような方法で社会的および環境的責任に対応する管理システムを確立し維持することを期待しています:

1. Red Hat サプライヤー行動規範に明確に示されているものを含む、定義され、展開され、持続可能であり、これらの事項とサプライヤーの相互関係の側面を特定する、企業の社会的責任と環境管理システムを確立する。

2. 業務を管理し、適用される法規制およびRedHatに関連する特定の契約要件への準拠を確実にするためのプログラムを確立する。

3. (該当する場合)以下に対応するプログラムを含む、自主的な環境目標と、環境パフォーマンスを改善するための確立されたプログラムを保持する:

  • エネルギー保全
  • 廃棄物の管理とリサイクル
  • スコープ1温室効果ガス(GHG)排出量(会社が生成する直接排出量)
  • スコープ2温室効果ガス(GHG)排出量 (会社が購入および消費する発電に関連する間接排出量)。

4. 自主的な環境目標およびプログラムに関連する結果、および発生した可能性のある規制上の罰金または罰則を含む、管理システムからの他の環境的側面を開示する。

5. 環境パフォーマンスの管理、業績、報告を担当する従業員を教育し、適切な能力を確保する。

6. Red Hatが調達した製品やサービスに重要な作業を実行する、サプライヤー自身へのサプライヤーに対しても、同様のイニシアチブをつなげる。