プレスリリース

Red Hat OpenStack Platform 15を発表、インフラストラクチャのセキュリティとオープンハイブリッドクラウド全体にわたるクラウドネイティブな統合を強化

世界をリードするエンタープライズLinuxプラットフォームであるRed Hat Enterprise Linux 8の イノベーションを基盤とする、非常にスケーラブルなクラウド・インフラストラクチャ・ソリューション

東京

[ノースカロライナ州ローリー- 2019年9月19日(現地時間)発表]アメリカ報道発表資料抄訳

Red Hat OpenStack Platform 15は、現時点でハイブリッドに対応し、世界をリードするエンタープライズLinuxプラットフォームをベースに構築された、非常にスケーラブルなプライベートクラウド・インフラストラクチャを提供し、イノベーションとインテリジェントなオペレーティングシステムを組み合わせることにより、企業が将来のハイブリッドクラウドを最大限に活用するために役立ちます。

Joe Fernandesvice president, Products, Cloud Platforms Red Hat

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.は本日、非常にスケーラブルでアジャイルなクラウドIaaS(Infrastructure-as-a-Service)ソリューションの最新バージョンであるRed Hat OpenStack Platform 15の提供開始を発表しました。Red Hat OpenStack Platform 15は、OpenStackコミュニティの「Stein」リリースをベースに、パフォーマンスとクラウドセキュリティの強化を追加し、プラットフォームのサポート対象ハードウェアのエコシステムを拡張することによって、IT組織が要求の厳しい実運用ワークロードを、より迅速かつセキュアにサポートするために役立ちます。Linuxはハイブリッドクラウドの基盤としての役割を果たすとともに、Red Hat Enterprise Linux 8がプライベートクラウド・デプロイメントを支えることで、ユーザーはよりセキュア、フレキシブル、インテリジェントなLinuxオペレーティングシステムの恩恵も享受できます。

組織がデジタル変革の道を邁進する中で、運用効率が高くアジャイルなITデプロイメントこそが、成功の礎となります。Red Hat OpenStack Platformの最新リリースは、コミュニティ主導のイノベーションと、エンタープライズ対応の安定性および、サポートを一体化することによって、これらの作業の促進に貢献します。Red Hat OpenStack Platformを使用する組織は、競争優位性を獲得し、進化する顧客の需要への対応を向上させるために、イノベーションをより迅速に実現することができます。Red Hat OpenStack Platform 15は、以下の機能を提供します。

  • 新しいワークロード向けの強力なプラットフォーム:人工知能(AI)や機械学習(ML)等において、NVIDIA GPU/vGPUのサポートを通してほぼリアルタイムの意思決定を実現
     
  • パフォーマンスを犠牲にすることなく強化されたセキュリティ:IPSec VPNの暗号処理のNICへのオフロード向上を通して提供され、実運用ワークロード向けに規模と帯域幅の両方を拡大
     
  • ネットワーク性能の向上:最新のネットワークアプリケーション向けに強化されたTCPスタックを通して提供され、アプリケーションのアップタイム増大およびワークロードのセキュリティ向上に貢献
     
  • 複数のアーキテクチャを通したユーザーの選択肢の拡張:IBM POWER9 LE PowerVMハードウェアのサポートにより、復元性のあるインフラストラクチャのための選択肢を追加
     
  • ハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM):よりセキュアで中央集中化された暗号メッセージングを提供する専用のサポート対象ハードウェア・ソリューションを通して、強化された鍵の生成と管理を実現するHSMのバックエンドサポート

 

Red Hat Enterprise Linux 8との統合

Red Hat OpenStack Platform 15は、世界をリードするエンタープライズLinuxプラットフォームの最新バージョンであるRed Hat Enterprise Linux 8を基盤として構築されています。Red Hat Enterprise Linux 8は、ハイブリッドクラウド全体をカバーするように設計された、よりインテリジェント、フレキシブル、セキュアなオペレーティングシステムで、OpenStackのイノベーションを構築するための強固な基盤を提供し、エンタープライズITの実装全体にわたって運用の一貫性を提供します。Red Hat OpenStack Platform 15の基盤としての役割に加え、Red Hat OpenStack Platform 13ロングライフ・リリースの既存ユーザー向けにRed Hat Enterprise Linux 8ゲストもサポートされます。

Red Hat OpenStack Platformの今後

OpenStackの成熟に伴って、イノベーションの歩調は新しいリリースの消費とデプロイに関するエンタープライズIT組織の能力と要望を反映したものになる必要があります。Red Hat OpenStack Platformを実運用で稼働させているお客様のニーズにより良く応えるために、このプラットフォームの今後のバージョンはロングライフ・リリースとしてサポートされることになり、Red Hat OpenStack Platform 15は最後のショートライフリリースとして、合計1年間のサポート付きで提供されます。

あらゆる業界ユーザーに貢献

Red Hat OpenStack Platformは、オープンソースに関するRed Hatのリーダーシップとの組み合わせで、サービス、サポート、消費モデル、ライフサイクル管理にわたり一貫性のある体験を提供することができ、業界を超えてITチームの能力を高めるために役立っています。楽天イングランド公衆衛生庁TurkcellキャセイパシフィックIAGマサチューセッツ・オープンクラウドPaddy Power BetfairTata Communicationsを含む数百のお客様が、Red Hat OpenStack Platformを使用したハイブリッドおよびプライベートクラウドで各種のデプロイメントを実現しています。

提供開始時期

Red Hat OpenStack Platform 15は、数日のうちにRed Hatカスタマーポータル経由でRed Hat OpenStack Platformの有効なサブスクリプションをお持ちのお客様に提供されます。

 

サポートコメント

Red Hat クラウド・プラットフォーム製品担当バイスプレジデント Joe Fernandes

「ハイブリッドクラウドはエンタープライズITの将来に関する明確で強力なビジョンを提供し、Linuxとプライベートクラウドがこの変革の基盤となる主要な要素を提供します。Red Hat OpenStack Platform 15は、現時点でハイブリッドに対応し、世界をリードするエンタープライズLinuxプラットフォームをベースに構築された、非常にスケーラブルなプライベートクラウド・インフラストラクチャを提供し、イノベーションとインテリジェントなオペレーティングシステムを組み合わせることにより、企業が将来のハイブリッドクラウドを最大限に活用するために役立ちます。」

 

NVIDIA エンタープライズおよびエッジ向け製品担当シニアディレクター Justin Boitano氏

「AIおよび機械学習アプリケーションは、エンタープライズを変革するための新しい世代の機能を提供しますが、それらのベネフィットをすべて現実のものにするには、高度な並列コンピューティング・テクノロジーが必要になります。NVIDIAはRed Hatと協業して最新のワークロード向けの強力なアクセラレーテッド・コンピューティング・プラットフォームをRed Hat OpenStack Platformに導入し、当社が持つイノベーションとAIソフトウェア・パートナーエコシステムをRed Hatの非常にスケーラブルな製品に付加します。」

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、当社の製品及び当社の製品が依存する第三者の製品の誤りまたは欠陥に関するリスク、当社製品とその他のデータのセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、その他の要因などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat logoは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国およびその他の国々におけるOpenStack Foundationの登録済みの商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。