ログイン / 登録 アカウント

通信業界ではクラウドネイティブ・アーキテクチャやコンテナの導入に向けた進化が加速しており、通信サービスプロバイダー (CSP) は需要の増加に対応するためネットワークの拡張に取り組んでいます。この一環として、無線アクセスネットワーク (RAN) のオープンソリューションによって、標準化された RAN の分離 (ディスアグリゲーション) が可能になり、ハードウェアとソフトウェアが切り離されたことで、CSP に選択の自由が増えました。多くの組織が、自社の RAN へのニーズや、ネットワークスライシング、IoT、インダストリアル IoT などの新しい 5G ユースケースへのニーズなど、進化に伴う集中的な要求に応えることのできる Red Hat OpenShift のようなコンテナ・プラットフォームの導入を検討しています。クラウドネイティブ・プラットフォームに移行することにより新たな機会が生まれ、新しいサプライヤーとの連携、イノベーションの促進、新しい運用モデルによる差別化が実現します。 

Red Hat はこのトランスフォーメーションにおいて重要な役割を担うことができ、大変嬉しく思っています。昨年、 Red Hat は Altiostar とのコラボレーションの規模を拡大し、コンテナベースの RAN リファレンス・アーキテクチャのためのインフラストラクチャおよびワークロード自動化フレームワークを開発するとお知らせしました。これが実現すると、お客様とパートナーのエコシステムは分離された RAN に対して一貫したアプローチをとることが可能になります。この勢いに乗り、今度は Mavenir と共同でアーキテクチャを拡張し、モバイルネットワークのインフラストラクチャを変革していきたいと考えています。 

この戦略的コラボレーションにより、Red Hat と Mavenir は以下を実現します。

  • Red Hat OpenShift をクラウドネイティブ・ネットワーク機能 (CNF) インフラストラクチャとして使用し、また Mavenir の 5G コア、IMS、オープン RAN CNF ソフトウェアを使用して、5G および RAN のフル機能を実現

  • Mavenir の 4G および 5G ベースのコア、IMS、仮想化 RAN (vRAN) およびクラウド RAN (cRAN) 製品と、Red Hat Enterprise Linux および Red Hat OpenShift との認証、統合および相互運用性に関する協力体制

  • 顧客エンゲージメントにおけるグローバルなコラボレーション

無線アクセスネットワークのモダナイゼーションに向けた戦略的コラボレーション

Red Hat は常にお客様やパートナーと協力し、最新のオープン RAN の構築と提供に必要な機能で Red Hat OpenShift を強化することで、現在提供されているなかでも有数の強力なオープン RAN エコシステムを提供しています。Mavenir や Altiostar とのコラボレーションに加え、Samsung および Intel とのコラボレーションも発表しており、Kubernetes ベースのネットワークで 5G の導入を促進し、CSP が 5G コア、エッジコンピューティング、IoT、機械学習などの競争力のあるユースケースに取り組めるよう支援しています。Red Hat と Intel は、Operator Framework を使用し、ベアメタル上で動作する Red Hat OpenShift 内で FPGA 加速デバイスをネイティブに管理するためのツールを作成しました。このネイティブ・アクセラレーション・サポートと、OpenShift を支える低遅延かつリアルタイムな Linux カーネルにより、オープン RAN ベンダーは CSP が求めるパフォーマンスを提供することができます。

Red Hat はオープンでハイブリッドなクラウドソリューションこそが、実装を成功させ、広く普及させるためのカギであると考えています。Red Hat のアップストリーム・ファーストな開発モデルは、イノベーションと柔軟性を促進し、分離 (ディスアグリゲーション) の時代における業界コラボレーションにさまざまなチャンスをもたらします。CSP はベンダーやアーキテクチャのロックインを回避でき、ネットワーク・サービス・パートナーの包括的なエコシステムから恩恵を受けることができます。Kubernetes ベースのコンテナ環境を活用することで、通信事業者はより安全でシンプル、かつ拡張性と柔軟性に優れた方法でオープン RAN を利用することができ、設備投資や運用コスト削減を実現することができます。Red Hat OpenShift はデプロイを自動化し、OLM (Operator Lifecycle Management) を提供することで、インストール、デプロイメント、管理を単純化します。Red Hat OpenShift を使用することで、CSP と DSP はアジリティと競争力を高めることができ、少しのフットプリントで優れたパフォーマンスと高いネットワークセキュリティを実現することが可能になります。


About the authors

Nitish Amin has more than 25 years of experience in sales & marketing and, strategic analysis and management within the communication  industry. Demonstrated ability in analyzing and identifying markets through the development of complex and compelling ROI solutions and practical alliance strategies.

Hanen Garcia is Global Telco Solutions Manager at Red Hat, with more than 20 years of experience in the telecommunications industry building network solutions and value-added services for large telecom operators. In his current role, he is driving solutions to support telecommunications service providers during their network transformation journey. Prior to joining Red Hat, he worked at Ericsson as an innovation specialist designing cutting-edge solutions for mobile networks.