お問い合わせ

Red Hat Ansible Automation Platform

製品概要

Red Hat® Ansible® Automation Platform は Red Hat のエンタープライズ向け IT 自動化ソリューションで、エンドツーエンドの自動化を大規模に構築し、デプロイし、管理するために必要なすべての機能が備わっています。Ansible Automation Platform によって組織内のユーザーは、強力なエージェントレスのフレームワークを使用して自動化コンテンツを作成し、テストし、管理することができます。IT プロセスからハイブリッドクラウドやエッジまで、エンドツーエンドの自動化ソリューションをデプロイするための、より安全で安定した、柔軟な基盤を提供します。  

大規模な自動化には、時間、テクノロジー、人への投資が組み込まれたトップダウンの戦略が必要です。この投資を Ansible Automation Platform で最大限に活用し、自動化で加速化、オーケストレーション、イノベーションを実現し、各種のメリットを得ることができます。 

特長とメリット 

Red Hat Ansible Automation Platform は IT チーム全体のニーズに合わせてカスタマイズされた機能を提供し、場所に関係なく一貫したエクスペリエンスを実現します。これは、組織が協調的な自動化の文化を導入するのに役立ちます。Ansible Automation Platform の特長とメリットは以下のとおりです。 

  • IT マネージャーとアーキテクトは、Automation services catalog で自動化ポリシーとガバナンスを管理し、Red Hat Insights for Ansible Automation Platform でスタック全体のリアルタイムレポートを取得しながら、自動化をより容易に全社的に拡大することができます。
  • 開発者は、構築の自由度を保持でき、多数のツールやフレームワークの維持に関連する運用上の負担がありません。実行環境は、自動化の構築とスケーリングにおいてコンテナと同様の一貫性のある操作性を提供します。実行環境の構築と管理に役立つ新しいツールも備えています。Ansible Content Collections は、100 を超える認定パートナーによる事前構築済みの自動化コンテンツと、ほぼすべてのユースケースに対応するソリューションを提供します。
  • 管理者と運用担当者は、Automation controller と Automation Hub の強力なツールを利用でき、共通言語と、エンドポイントで広範にアクセスできるコマンドライン・インタフェース (CLI)、グラフィカル・ユーザー・インタフェース (GUI)、テキストベースのユーザー・インタフェース (TUI) の組み合わせを使用して、自動化プロジェクトの管理と共有をより効率的に実行できます。
  • 組織は、ネットワークとセキュリティの自動化から、クラウド・インフラストラクチャのプロビジョニング、構成管理、継続的インテグレーションおよび継続的デリバリー (CI/CD)、コンテナなど、さまざまな自動化の課題に取り組むことができます。  
Red Hat Ansible Automation Platform の概要
プラットフォームのコンポーネント 用途とメリット
Ansible CoreAnsible Automation Platform は、Ansible プロジェクトを支えるグローバルコミュニティと連携しており、さらに Red Hat の (規模を問わない) 組織全体での自動化のスムーズな導入を支援する基礎的な機能が追加されています。
Automation controllerAnsible Automation Platform のコントロールプレーンは、Automation controller (Ansible Tower から名称が変更される) と呼ばれます。Automation controller には、チームの拡張を支援するユーザー・インタフェース (UI)、ロールベースのアクセス制御 (RBAC)、ワークフロー、および CI/CD が含まれています。Automation controller は自動化のデプロイ、起動、権限委任、監査の方法を標準化するのに役立ちます。インベントリーの管理、ワークフローの起動とスケジュール、変更の追跡、レポートへの統合のすべてを、一元化されたユーザー・インタフェースと RESTful アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) から実行します。
Automation execution environmentコンテナとしてパッケージされた Automation execution environment (Ansible Engine の代替環境) は、Ansible Playbook とロールを実行するための、定義済みで一貫性と可搬性のある環境です。実行環境を使用することで、シンプルで柔軟な方法で自動化コンテンツを構築し、再利用し、拡張できます。
Automation meshAutomation mesh は、さまざまなネットワークトポロジー、プラットフォーム、チームにまたがって大規模なインベントリーの自動化を拡張するための、シンプルで、柔軟性があり、信頼性の高い方法を提供します。Automation mesh は、IT 資産全体での自動化を標準化し、正常化するためにセキュリティを強化するとともに、レジリエンスとフォールトトレランスを促進します。
Ansible Content CollectionsAnsible Content Collections を使用すると、Ansible コンテンツの作成者と開発者が自動化をより迅速に開始し、実行できるようになります。認定済みの Ansible Content Collections は、Red Hat と堅牢なパートナーエコシステムによってサポートされています。これらは信頼できる柔軟な自動化コンテンツの構成要素であり、さまざまなユースケースに対応します。
Automation HubAutomation Hub は、Ansible Automation Platform の利用者が、Red Hat やそのテクノロジーパートナーがサポートするコンテンツをすばやく見つけ、使用し、拡張できる場所を実現し、要求の厳しい環境にもさらなる安心を提供できるようにします。プライベート Automation Hub も利用可能であり、Automation Hub のオンプレミスインスタンスとして実行環境のコンテナイメージリポジトリを利用者に提供します。
Ansible content tools

Ansible Automation Platform 2 には、実行環境の構築とデプロイをよりシームレスに行えるようにするために設計された 2 つの新しいツールが含まれています。Ansible content tools は、今後のプラットフォームのリリースでさらに追加されていく予定です。

Execution environment builder (ansible-builder) はコマンドライン・ツールで、podman を使用してコンテナ内部に Ansible 環境を構築できるようにします。これにより、自動化の作成と運用の担当者は、それぞれの自動化に必要な Ansible コンテンツを使用してカスタム実行環境を構築できます。

Automation content navigator (ansible-navigator) は、Ansible の自動化の作成担当者に対し、トップレベルのプラットフォーム・インタフェース (CLI または TUI を使用) を提供します。また、統合性、一貫性、予測可能性の高いトップレベルの自動化コンテンツの作成が可能であり、エンタープライズの Ansible 開発者を支援します。

Red Hat Insights for Ansible Automation PlatformRed Hat Insights for Ansible Automation Platform を使用すると、アーキテクトはジョブの成功の追跡とトラブルシューティングを行い、複数の IT 領域全体で各チームが自動化プロセスをどのように調整しているかを測定することができます。また、運用と管理に携わるそれぞれの担当者が Red Hat Ansible Automation Platform の効率的かつ最適な実行を継続し、ジョブが失敗する場所をピンポイントで特定し、エンドツーエンドのインフラストラクチャでの自動化プロジェクトに関するレポートを作成するのに役立ちます。
Automation services catalogAutomation services catalog は、ユーザーが自動化リソースの管理し、プロビジョニングし、提供を終了するための手段であり、モデリングとデリバリーが容易になります。自動化の作成担当者とビジネスユーザーに、物理、仮想、クラウド、およびコンテナ環境でのセルフサービスアクセスを提供し、自動化プロジェクトの実行を容易にします。エンタープライズおよび基幹業務の自動化ユーザーに対して、コンプライアンスと調達の要件を満たすために必要なガバナンスを同時に提供します。

Ansible Automation Platform は、オンプレミスの最も優れた自動化イノベーションを統合すると同時に、ハイブリッドクラウド・コンソールで他の Red Hat クラウドサービスと併せてアクセス可能なホステッドサービスも提供します。Ansible Automation Platform は、組織が自動化導入のどの段階にあるかに関係なく、以下のことを実現するために役立ちます。

  • 高速化:Ansible の大規模なオープンソース・コミュニティの力とともに、最もよく利用されている Ansible ロールとモジュールで構成される事前にビルドされたコンテンツコレクションを活用できるため、すぐに開始できます。オンプレミスかクラウドかに関係なく、インフラストラクチャをコード化し、すでにデプロイメントを実行しているチームや個人間で共有できます。
  • オーケストレーション:自動化を複数のドメインや異なるユースケースに容易に応用できます。 
    開発者、運用担当者、基幹業務チームの関係者は、各自が最適に作業でき、個々の役割に役立つ方法で Ansible Automation Platform での自動化に取り組めます。開発時間が遅延することはありません。
  • イノベーション:分析、ポリシー、ガバナンス、コンテンツ管理によって、自動化をさらに前進させることができます。Ansible Automation Platform の各種ツールは、日々の業務を効率化します。問題を一度解決すれば、その結果を全員と共有できます。 

堅牢な IT エコシステムのサポート

Red Hat Ansible Automation Platform は、サーバー、クラウド、ネットワーク、コンテナなど、さまざまなプラットフォームをサポートし、自動化の過程のどの段階にあるお客様にも対応します。 

  • オペレーティングシステムと仮想化:Red Hat Enterprise Linux®、Windows および Windows Server、VMware 
  • ネットワーク:Arista、Cisco、F5、Infoblox、Juniper、Dell/EMC、Aruba、A10 など
  • クラウド:Amazon Web Services、Google Cloud Platform、Microsoft Azure、Red Hat OpenStack® Platform
  • DevOps ツール:Atlassian、Check Point、CyberArk、Datadog、IBM、Splunk 
  • セキュリティ: Cisco ASA、Check Point、CyberArk、Fortinet、IBM Resilient および Qradar
  • IT サービス管理:ServiceNow