EX362

Red Hat Certified Specialist in Identity Management exam

情報を表示しています:

Red Hat スペシャリスト試験 - Identity Management (EX362) は、Red Hat® Enterprise Linux 認証サービスを作成、構成、管理し、Red Hat (および Red Hat 以外) のさまざまな製品およびテクノロジーと統合させるための知識、スキル、能力を評価します。

この試験に合格すると、Red Hat Identity Management 認定スペシャリストとなります。これは、Red Hat® 認定アーキテクト (RHCA®) になる際の前提条件となります。

この試験は、Red Hat Enterprise Linux 7、Red Hat Satellite Server 6、Red Hat Ansible Tower 2、Microsoft Windows 10 Active Directory に基づきます。

準備

試験の学習ポイント

以下に、試験の主な作業領域を示しますので、試験の準備にご活用ください。Red Hat は、認定試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

以下のタスクを実行する能力が求められます。

  • スケーラブルで、フォールトトレランスな環境に Red Hat Identity Management (IdM) をインストールする
  • ユーザー/グループ/ポリシーを作成する
  • IdM クライアントをインストールおよび構成する
  • ローミング/自動化ホームディレクトリを構成する
  • REST API を使用して IdM を照会する
  • Kerberos を使用したサービスを構成する
  • Active Directory との信頼関係を構築する
  • ポリシーとユーザーアクセスを設定/制御する
  • 認証局を設定および管理する
  • IdM インフラストラクチャをバックアップする
  • Red Hat Satellite サーバーまたは Red Hat Ansible Tower などの外部サービス用 LDAP バックエンドとして IdM を構成する
  • SSO を実装する

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で構成が維持されるようにする必要があります。

知っておくべきこと

準備

Red Hat では、Red Hat エキスパート認定 - Directory Services and Authentication のすべての受験者が、準備の一環として Red Hat Security: Identity Management and Active Directory Integration (RH362) を受講することを推奨しています。このコースへの参加は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のトレーニングコースを受講することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat の製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が提供されています。Red Hat は、このような書籍や情報を本試験の試験対策ガイドとして公認していません。しかし、そのような情報は理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

この試験は、Red Hat ディレクトリサービスの構成や管理に必要なスキルと知識を評価する実技試験です。受験者は、Red Hat ディレクトリサービスをデプロイして、これらのサービスを使用できるように他の製品を構成していきます。そのための構成作業や管理作業を通して、特定の目標基準を満たしているかどうかが評価されます。実技試験では、受験者は実際の業務と同様のタスクを実行する必要があります。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central からのみ送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に送付されます。

試験結果には合計得点のみ記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

対象者と前提条件

Red Hat 認定スペシャリスト - Directory Services and Authentication は、以下のような方々を対象としています。

受験の前提条件