言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

EX405

Red Hat Certificate of Expertise in Configuration Management with Puppet

情報を表示しています:

Red Hat ポートフォリオとともに Puppet サービスのセットアップと設定をするスキルをテストします。

パフォーマンスベースの Red Hat エキスパート認定 ー Configuration Management with Puppetー (EX405) に合格した人は、Puppet および Red Hat Satellite Server を使用して、Red Hat® Enterprise Linux® を管理する能力が証明されます。

この試験は、Red Hat Enterprise Linux 7 および Red Hat Satellite 6 に基づくものです。

準備

Red Hat では、試験の準備として受験者が事前に Red Hat 認定エンジニア (RHCE®) 認定資格を取得することをお勧めしています。ただし、これは試験に必須というわけではありません。

試験の学習ポイント

以下に、試験範囲の主な作業領域を示しますので、試験の準備に活用してください。Red Hat は、認定試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

受験者には、以下の作業を行う能力が必要です。

  • Puppet のインストールおよび設定
    • Puppet サーバーのインストール
    • Puppet ノードのインストール
    • Puppet ノードの Puppet サーバーへの登録
  • Puppet マニフェストの作成および保守
    • 新しい Puppet マニフェストの作成
    • 既存の Puppet マニフェストのデバッグ
  • Puppet モジュールの作成
    • 再利用可能モジュールの作成
    • クラス、ネームスペース、変数、条件文によるモジュールの作成
    • ターゲットノード上にソフトウェアをインストールし設定ファイルをデプロイするモジュールの作成
  • システム情報を取得するためのFacter の使用
    • カスタムファクトの作成
    • Puppet の動作変更のためのファクトの使用
  • Git リポジトリの作成
    • Git リポジトリの単純な管理機能の作成と実行
    • Git リポジトリへのファイルの追加
    • Git リポジトリへの変更したファイルの追加とコミット
  • Red Hat Satellite 6 環境での Puppet の実装
    • Red Hat Satellite 上への Puppet リポジトリの作成
    • Red Hat Satellite を使用した Puppet モジュールのインストール、設定、およびデプロイ
    • Red Hat Satellite サーバーへのPuppet クライアントの登録

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

知っておくべきこと

準備

Red Hat では、 Red Hat エキスパート認定 ー Configuration Management with Puppetーの受験者すべてに対して、Configuration Management with Puppet (DO405) を受講することをお勧めしています。 コースの受講は必須ではなく、試験のみを受けることも可能です。

Red Hat のコースを受講することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。これまでの経験、実務、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat 製品の使用に関するさまざまな書籍や情報が入手可能です。Red Hat はそのような試験対策ガイドのいずれも公式には保証していません。ただし、そのような情報が理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

この試験は、Puppet と Red Hat Satellite 6 に焦点を当てた、システム管理のスキルと知識の実技試験です。受験者には、Puppet を利用していくつかのシステム管理ルーチン作業を実行することが求められ、特定の目標基準に達したかどうかに基づいて評価されます。

実技試験では、受験者は実際の業務と同様のタスクを実行する必要があります。

Red Hat エキスパート認定 ー Configuration Management with Puppetーは、試験時間 3 時間のハンズオン試験です。

認定試験結果と通知方法

この認定試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central からのみ送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験者に直接結果を通知することはありません。通常、試験結果は米国の 3 営業日 (*1) 以内に送付されます (*1: 日本では 1 週間以内にメールで合否が通知されます)。

認定試験結果には合計得点のみ記載され、項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答することができませんので、あらかじめご了承ください。

対象者と前提条件

Red Hat エキスパート認定 ー Configuration Management with Puppetー の対象者は次のとおりです。

  • 複数の物理サーバーまたは仮想サーバーの計画、デプロイ、および管理を担当している経験豊富な Linux システム管理者
  • DevOps プラクティスの実装を担当する経験ある Linux システム管理者
  • RHCE を保有しており、Red Hat エキスパート認定資格または Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) 認定資格の取得を目指している方

この試験を受験するための前提条件

受験者は次の条件を満たしている必要があります。

  • 受験時に RHCE 認定を取得していること
  • Red Hat Configuration Management with Puppet (DO405)の受講、またはそれと同等の経験を有していること
  • システム管理者の実務経験が試験の準備の重要な要素であると理解していること
  • Red Hat エキスパート認定 ー Configuration Management with Puppetーの試験目標を確認していること

推奨トレーニング

Configuration Management with Puppet (DO405)
Puppet の使用による DevOps 環境での Red Hat Enterprise Linux ホストの設定について学びます。
Configuration Management with Puppet+認定試験 (DO405)
Puppet を使用して DevOps 環境で Red Hat Enterprise Linux ホストを設定する作業について学びます。さらに、Puppet および Red Hat Satellite サーバーを使用して Red Hat Enterprise Linux システムを管理するスキルや知識を実証するためのテストを行います。