Red Hat OpenShift Application Runtimes

特長と利点

よりシンプルな開発

Red Hat® OpenShift Application Runtimes を使用するなら、クラウドネイティブなアプリケーション開発をより簡単に行えます。これは OpenShift の機能を、サービス検出、外部設定やフォールトトレランスといった複数ランタイムのプログラミングモデルと統合します。—Red Hat OpenShift Application Runtimes は、HTTP API の作成、データベースとの相互運用、ヘルスチェック・パターンの実装を支援し、アプリケーション開発をスピードアップします。

戦略的な柔軟性

Red Hat OpenShift Application Runtimes は、複数のランタイム、言語、フレームワーク、およびアーキテクチャをサポートしています。Red Hat JBoss® Middleware との相互運用性が保証されているため、アプリケーションに最適なサービスを柔軟に選択することができます。コンテナ化された Red Hat OpenShift Application Runtimes で開発されたアプリケーションは、ハイブリッドクラウド構成をサポートしているため、ベンダーロックインを回避できます。

DevOps 統合と自動化

Red Hat OpenShift Application Runtimes は OpenShift と統合されているため、アプリケーションとそのコンポーネントのプロビジョニング、ビルド、およびデプロイメントのためのセルフサービス・プラットフォームを開発者に提供します。Red Hat OpenShift Application Runtimes は、Git、Maven、Jenkins などの、継続的インテグレーション (CI) および継続的デリバリー (CD) ツールとも統合されています。これには Kubernetes ワークフローの最適化に必要なセキュリティも含まれ、ポリシーベースの制御と自動化によるロードバランシング機能と自動スケーリング機能も実現します。

Vert.x によるリアクティブな開発

Vert.x は、Java 仮想マシン (JVM) 上にリアクティブな分散アプリケーションを構築するためのツールキットです。Vert.x は、膨大な数のユーザーおよびイベントを同時に処理できる、レスポンシブなアプリケーションやサービスの構築に役立ちます。Vert.x は非同期開発モデルを使用しているため、疎結合、分離、ロケーションの透過性を実現するリアクティブなアプリケーションが可能です。アプリケーションの応答性を保ちながら、ノードを追加または削除することで簡単にスケーリングできます。—

Wildfly Swarm によりブート可能な Java 開発を適正サイズに

WildFly Swarm は、サーバー・ランタイム・ライブラリをアプリケーション・コードと共にパッケージ化することにより、Java EE アプリケーションの開発と実行に必要なすべてのものをバンドルします。これは MicroProfile と互換性があり、既存の業界標準の Java EE エクスペリエンスを活用するため、モノリスからマイクロサービスへの移行を迅速に行えます。

Java EE、Java Web、JavaScript 開発のランタイムの増加

Red Hat OpenShift Application Runtimes は、それぞれの開発に合ったランタイムを選択するために開発者が必要な柔軟性を提供します。

Node.js (テクノロジー・プレビュー): Node.js はオープンソース・テクノロジーにより、サーバーサイド Javascript アプリケーションの構築、ホスティング、およびスケーリングを行うための信頼あるプラットフォームを提供します。

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform (EAP): JBoss EAP は、先進的なオープンソースの JavaTM EE をベースとしたアプリケーション・ランタイムで、トランザクション機能を強化した Java アプリケーションやサービスの構築、デプロイおよび実行に使用できます。

Red Hat JBoss Web Server: Red Hat JBoss Web Server は、Spring Boot アプリケーションと共に使用する、組み込みの Tomcat コンテナです。