ミドルウェア

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform

一度構築すれば、どこにでも Java EE アプリケーションをデプロイ可能

Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform (JBoss EAP) は、あらゆる環境でエンタープライズレベルのセキュリティ、パフォーマンス、スケーラビリティを実現します。JBoss EAP は、オンプレミス、仮想、プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドのいずれでも、アプリケーションを素早くあらゆる場所に導入できます。

特長とメリット

クラウドとコンテナ向けに最適化

JBoss EAP 7 を使用すれば、どのような環境でもアプリケーションのデプロイを簡略化し、Java™ EE のパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。JBoss EAP の特長は、オンプレミス、仮想、プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドのいずれでも、必要な時にだけサービスを利用できるモジュラー型アーキテクチャであることです。

軽量で柔軟なアーキテクチャ

JBoss EAP 7 は、最新のアプリケーション環境でパフォーマンスと柔軟性を発揮できます。モジュラー型アーキテクチャとサービス駆動型コンポーネントセットによって、スケールアウトの時間を短縮でき、さまざまな環境にアプリケーションをデプロイする柔軟性が得られます。

開発者の生産性を向上

JBoss EAP を使用すれば、事業部門のニーズに迅速に対応できるようになります。Java EE および、Java EE の Web ベースフレームワーク (Spring、Spring Web Flow、Spring WS、Spring Security、Arquillian、AngularJS、jQuery、jQuery Mobile、Google Web Toolkit (GWT) など) への対応が標準になっています。

柔軟な管理と設定

JBoss EAP 7 を使用するとデプロイメントの管理や更新が容易になるため、管理作業の生産性を大幅に高めることができます。JBoss EAP の管理コンソール・ユーザー・インターフェースは、ナビゲーション機能はもちろん、大規模なドメイン設定にも対応しています。

今後の展開に柔軟に対応できるサブスクリプションモデル

JBoss EAP のサブスクリプションによって、技術面でも業務面でも柔軟な対応が可能になります。特定のデプロイ環境、ハードウェアマシン、インフラストラクチャ、または特定レベルのエンタープライズサポートに縛られてしまうような前払ライセンス契約を回避できます。

Red Hat を活用する

Red Hat のサブスクリプションから得られるものには、受賞歴を誇るサポート、パートナーやお客様、エキスパートで構成される業界最大規模のエコシステム、ハードウェア認定、そして最高の機能を提供し、エンタープライズ製品の安全を確保するオープンソース・コミュニティとのつながりが含まれます。

さらに高度なサポートが必要な場合は、テクニカルアカウントマネージャーにご連絡ください。お客様の IT 課題の解決をお手伝いします。

サービスとプログラム

さらにご満足いただくために

開発者プログラム

安全でスケーラブルな Java EE アプリケーションの開発に必要なサポート情報がすぐに得られます。

パートナープログラム

Red Hat のソリューションをさらに活用したいとお考えですか?貴社の製品を当社のポートフォリオでテストし認定を受けるか、Red Hat ソリューションと共に市場に挑みましょう。

コンサルティング

JBoss Enterprise Application Platform を最大限に利用してアプリケーションの開発とデプロイを迅速に行えるよう、戦略的アドバイザーが支援します。

アプリケーションをモダナイズして、生産性を向上させましょう。