プレスリリース

Red Hat Fuse 7を提供開始。新しいiPaaS製品によりクラウドネイティブなインテグレーションポートフォリオを拡充

インテグレーションの専門家、アプリケーション開発者、ビジネスユーザーの連携のために統合された単一プラットフォームを提供

東京

[ノースカロライナ州ローリー - 2018年6月4日(現地時間)発表]アメリカ報道発表資料抄訳 

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc. (NYSE: RHT、以下Red Hat)は本日、分散型のクラウドネイティブなインテグレーションソリューションの次期メジャーリリース、Red Hat Fuse 7の提供開始を発表しました。完全にホストされたローコードによる新しいiPaaS (integration Platform-as-a-Service)製品であるFuse OnlineFuse 7は、業界で最も包括的なエンタープライズ向けKubernetesプラットフォームであるRed Hat OpenShift Container Platformの革新的なインテグレーション機能をネイティブに拡張します。またFuseは、ハイブリッドクラウド環境においてコンテナ化されたインテグレーションサービスを創出、拡充、展開するために統一されたソリューションを提供します。

現在、ハイブリッドクラウド環境においてカスタムアプリケーションとパッケージアプリケーションを迅速に効率良く統合できる能力があるか否かで、企業の勝敗が分かれます。Fuseは、iPaaS製品と組み合わせることにより、インテグレーションの専門家、アプリケーション開発者、非技術系の一般のインテグレーターといったさまざまなユーザーがコーポレートガバナンスとプロセスに従ってコンプライアンスを維持しながら、単一プラットフォームでインテグレーションのプロセスに個別に参加することができます。

最新のリリースでは、ローコードによるドラッグ&ドロップ機能を備えたブラウザベースのグラフィカルインターフェイスを採用しているため、ビジネスユーザーや開発者は事前に定義された200以上のコネクターやコンポーネントを用いてアプリケーションやサービスをより迅速に統合できます。これらのコンポーネントはApache Camelをベースにしており、ビッグデータ、クラウドサービス、SaaSエンドポイントに対応する新しいコネクターが50以上含まれています。そのため、企業はレガシーシステム、API、IoTデバイス、クラウドネイティブなアプリケーションを組み合わせたり、拡張することが可能となります。また顧客は、第三者のプロバイダーやパートナーが使用できるようにサービスと連携機能を拡充することもできます。

また、Red Hat OpenShift Container Platformの機能を活かして、Fuseはプライベートクラウド、パブリッククラウド、またはハイブリッドクラウドにおける生産性と管理性を向上します。このOpenShiftベースのエクスペリエンスは、ランタイム環境におけるサービスと連携機能のポータビリティを実現し、さまざまなユーザー間のコラボレーションを容易にします 。

さらに、 受賞歴を誇るRed HatのAPI管理製品であるRed Hat 3scale API ManagementとFuseを共に利用することで、Fuseなどで実装したサービスに対してセキュリティ、収益化、流量制御、コミュニティといったような機能を追加することも可能になります。Fuseと3scale API Managementは、Red Hat OpenShift Container Platformと組み合わせることにより、Red HatアジャイルAPIインテグレーションアーキテクチャの基盤となります。2018年5月にリリースされた3scale API Management 2.2では、ポリシーをGUIベースで設定できる機能

やポリシーの拡張や共有のための機能が導入され、さらにTLSサポートが拡張されおり、 ビジネスユーザーが様々な部署にまたがるAPIプログラムをより実行しやすいものとなっています。

Dirección Nacional de Migraciones de la República Argentina (アルゼンチン共和国移民局)やLufthansa Technikはそのハイブリッドクラウド環境においてシステムをより迅速で簡単に、かつ確実に統合するために、Fuseや3scale API ManagementといったRed Hatのインテグレーションテクノロジーをデプロイしています。

 

提供開始時期

Red Hat Developerコミュニティのメンバーは、Red Hat Fuse 7をダウンロードすることができます。お客様はRed Hatカスタマーポータルから最新のリリースを入手できます。Fuse Onlineを開始するには、今すぐご登録ください。

 

サポートコメント

Red Hat ミドルウェア担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Mike Piech

「当初よりRed Hat Fuseの目的は、広範なエンタープライズにおいてインテグレーションを簡素化することであり、企業が競争を勝ち抜き、他社との差別化を図ることができるようにすることです。当社は現在のビジネスニーズの変化に対応するため、Fuse Onlineを含むFuse 7によってインテグレーションプラットフォームを強化し、進化させ続けています。さらに、ハイブリッドクラウド環境における当社の強みを掘り下げ、現在インテグレーションに関わっている技術系/非技術系の専門家のいずれに対してもさらに優れたサービスを提供します。」

 

Dirección Nacional de Migraciones de la República Argentina (アルゼンチン共和国移民局) 移民管理コーディネーター Osmar Alza

「データの統合は、移民局が脅威を効果的に予測するのに極めて重要であり、Red Hat Fuseはこのプロセスにおいて重要な役割を果たします。Red Hat Fuseプラットフォームは、個人の全体像を統一された方法で把握することで、よりスマートで効率的な分析が可能であり、社内や第三者のデータソースとAPIで柔軟に統合できるようにサポートします。Red Hat Fuse 7をデプロイし、新しいクラウドネイティブな統合機能とiPaaS機能を活用できることを楽しみにしています。また、これらの機能によってRed Hat OpenShift Container Platformへの既存の投資を拡大し、当局のミッションと優先事項をより効果的にサポートできることを期待しています。」

 

Ovum 主席アナリスト兼コンサルタント Saurabh Sharma

「Red Hatは、他の方法であれば煩雑になり得る作業(例えば、広範なエンタープライズにおける多様なアプリケーション、サービス、デバイス、APIを統合するといった作業)を簡素化するだけではなく、顧客がアジャイルなインテグレーションを達成し、利益を得ることができます。Red Hatの新しいiPaaSソリューションは、開発者の生産性を促進し、幅広いユーザーがハイブリッドな統合の複雑さを軽減できるようにサポートします。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

Red Hat is the world's leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to provide reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As a connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to the ability of the Company to compete effectively; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; delays or reductions in information technology spending; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; risks related to errors or defects in our offerings and third-party products upon which our offerings depend; risks related to the security of our offerings and other data security vulnerabilities; fluctuations in exchange rates; the effects of industry consolidation; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; changes in and a dependence on key personnel; the ability to meet financial and operational challenges encountered in our international operations; and ineffective management of, and control over, the Company's growth and international operations, as well as other factors contained in our most recent Annual Report on Form 10-K (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission's website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company's views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company's views as of any date subsequent to the date of this press release.