プレスリリース

Red Hat、次世代のプロセスオートメーション製品 Red Hat Process Automation Manager 7 を発表

ビジネスユーザーとITユーザーの双方に、クラウドネイティブな インテリジェントプロセスオートメーションと動的なケースマネージメント機能を提供

東京

[ノースカロライナ州ローリー — 2018年 6月 19日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、ハイブリッドクラウド環境にてビジネスオートメーションサービスとプロセス中心のアプリケーションを開発するための、包括的なクラウドネイティブプラットフォームであるRed Hat Process Automation Manager 7を発表しました。Process Automation Managerは、Red Hatのビジネスプロセスマネージメント(BPM)製品であるRed Hat JBoss BPM Suiteの次世代製品であり、企業によるビジネスオペレーションの合理化、自動化、測定、および継続的な改善を可能にします。

デジタル変革では、アプリケーションライフサイクル全体を通して、より高い効率性と俊敏性の向上という新しいニーズがビジネスとITの両方に課せられています。Process Automation Managerは、ビジネスフレンドリーのコンセプトで新しいビジネスアプリケーションの作成にビジネスユーザーが直接参加できることで、2つのグループの間により緊密な共同作業を促進することが可能になり、ITがアプリケーションのスケーラビリティとセキュリティで必要とするガバナンスと監督も維持することが可能です。

Process Automation Managerは、ビジネスプロセスを自動化し、ビジネスポリシーの実行、およびビジネスの意思決定を行うアプリケーションの構築に必要な時間を削減することができるローコード・ソリューションを、ビジネスユーザーとITユーザーの双方に提供します。

このプラットフォームの最新リリースでは、次のような多くの主要機能の追加と拡張が行われています。

クラウドネイティブアプリケーションの開発:Process Automation Manager 7は、業界で最も包括的なエンタープライズKubernetesプラットフォームであるRed Hat OpenShift Container Platformがネイティブなビジネス・プロセス・オートメーション機能を拡張しています。お客様は、ハイブリッドクラウド環境間でのコンテナ化されたマイクロサービスとして、ビジネスの意思決定とプロセスの自動化、インテリジェントなクラウドネイティブ・アプリケーションを迅速かつコスト効率良く、開発、テスト、デプロイを行うことができます。

動的なケースマネージメント:新しい動的なケースマネージメント機能は、従来のプロセスモデルで表現することが困難もしくは不可能であった動的でアドホックなワークフローをサポートし、お客様の共同作業を簡単にすることで、非構造化プロセス管理の向上に役立ちます。不正検出や調査などのシナリオにおいて、Process Automation Managerはワークフローの目標、成果、共同作業、および関連コンテンツの視覚化と組織化の向上により、プロセスオートメーション作業を強化することができます。

ローコードユーザエクスペリエンス(UX):シンプルで直観的なエクスペリエンスのプロセス駆動型アプリケーションの構築ならびに、機能豊富なデバイスに依存しないユーザーインタフェースを作成するための新しい高速アプリケーション開発ツールがProcess Automation Managerに含まれました。

Process Automation Managerには、ルールベースのアプリケーションおよびサービスの開発とデプロイメントを簡易化する意思決定管理プラットフォームのRed Hat Decision Managerと、コミュニティープロジェクトのOptaPlannerのビジネス・リソース・プランナーが含まれています。

 

提供開始時期

Red Hat Developerコミュニティのメンバーは、Red Hat Process Automation Managerをダウンロードすることができます。Red Hatカスタマーポータルで最新のリリースを入手可能です。

 

サポートコメント

Red Hat ミドルウェア担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Mike Piech

「プロセスオートメーションテクノロジーは、Red Hatのビジョンと強みである Open Hybrid Cloud 、コンテナ、DevOps、マイクロサービスへ、ベネフィットを具現化します。Red Hat Process Automation Managerによって、ビジネスの専門家とテクニカルアーキテクトが互いに協力し、ワークフローの最適化、新しいサービスの迅速な提供、および業務効率化が実現することで、デジタル化の進む世界において顧客を満足させ競合相手を凌駕することができます。」

 

BBVA ビジネスプロセス・アーキテクチャおよび人工知能テクノロジー担当グローバル責任者 Raquel Martin氏

「Red HatのテクノロジーはBBVAのイノベーション促進に役立っています。エンジニアはプロセスの変革によりデジタルを自動化し顧客の期待を上回ることが可能になっています。BBVAのデジタル変革作業を推進し続ける上で、Red Hat Process Automation Managerが不可欠な役割を果たすことになると確信しています。」

 

「Refocus Process Automation To Rescue Your Digital Transformation」、2018年5月、Forrester著者:Forrester アプリケーション・デベロップメント&デリバリー担当バイスプレジデント兼主幹アナリスト Rob Koplowitz氏
Forrester アプリケーション・デベロップメント&デリバリー担当バイスプレジデント兼主幹アナリスト John Rymer氏

「エンタープライズ各社は、カスタマージャーニーを支える業務プロセスを自動化していないために、デジタルビジネスへの変革に苦労しています。部品とサービスのスケジューリング、価格設定、返品、保証などのプロセス障害が発生すると、カスタマージャーニーが逸脱し、アプリケーション・デベロップメント&デリバリー(AD&D)の専門家に大きな作業負荷がかかります。新世代のデジタル・プロセス・オートメーションの基盤と計画・実践が答えになります。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

Red Hat is the world's leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to provide reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As a connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute “forward-looking statements” within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to the ability of the Company to compete effectively; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; delays or reductions in information technology spending; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; risks related to errors or defects in our offerings and third-party products upon which our offerings depend; risks related to the security of our offerings and other data security vulnerabilities; fluctuations in exchange rates; the effects of industry consolidation; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; changes in and a dependence on key personnel; the ability to meet financial and operational challenges encountered in our international operations; and ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations”. In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.