ログイン / 登録 アカウント

変化は、コンピューティングおよびネットワーキング環境で常に発生するものです。今では、通信エッジを包含するように進化を推進しています。

データセンターの集中型クラウド(通信サービスプロバイダー(CSP)の現在の主要なパラダイム)は、引き続き情報を効率的に保存して処理するために不可欠です。ただし、リアルタイム処理と低遅延の接続アプリケーションとサービスの需要が高まるにつれ、エッジコンピューティングはますます重要になり、やがてハイブリッドクラウド・コンピューティングモデルの一部として不可欠になりつつあります。サービスプロバイダーは、垂直市場の参入者にサービスを提供するためのエッジクラウドプラットフォームを構築して、イノベーションを推進することで、最終的には顧客により良いサービスを提供できます。

エッジでサービスプロバイダーが消費者に近い存在に

データ量とアプリケーションパフォーマンスの要求が高まるだけでなく、新たな付加価値サービス(IoT、拡張・仮想現実、ロボット工学、5G、機械学習など)自体によって加速します。これらのテクノロジーは、消費者のエクスペリエンスの品質を確保し、幅広い採用を促すために、スループットの向上と応答時間の短縮を義務付けています。

エッジコンピューティングの本質的な意義は、コンピューティングサービスを消費者またはデータソースに近づけることです。サービスを少数の大規模なデータセンターに集中化することに焦点を合わせた従来のクラウドコンピューティングモデルに実装されるのは、必然と言えます。

新しいクラスのエッジアプリケーションは、ローカルまたは中央のデータセンターに基づくコンピューティング機能で提供できる以上の価値を生み出しています。これらのエッジアプリケーションは、サポートテクノロジー(分散型無線アクセスネットワーク、クラウドコンピューティング、多用途のクラウドネイティブネットワーキング)の合流点が、これまで不可能だった新しい機会を生み出しているため、勢いを増しています。サービスプロバイダーは、エッジクラウドプラットフォームとパートナーを紹介して、垂直市場の参入者にサービスを提供し、イノベーションを推進することで、顧客により良いサービスを提供できます。

サービスプロバイダー– 適切な位置付けにより、資金を活用可能

サービスプロバイダーは、従来のインフラストラクチャと運用を変革し続けています。これらは、エッジコンピューティングの用途に適したローカルプロビジョニングのオプションを作成して提供するという独自の立場にあり、特に5Gのような新しいテクノロジーの変化を幅広く実現できるようになります。

その役割と適切な展開(およびそれらの潜在的な再利用)により、状況が進化して、その進路を完全に予測できない場合でも、魅力的な機会が生まれます。サービスプロバイダーは、いくつかの利点に基づき、このような避けられない変化を利用できる有望な立場を確立しています。

  • エッジコンピューティングクラウドで再利用できる数百から数千のサイトの顧客にサービスを提供してきた長い歴史があります。

  • ネットワークインフラストラクチャとエンドユーザーサービスのパートナーのエコシステムという、エコシステムパートナーを持つ消費者に直接提供するものもあります。

  • 多くの重要なユースケースで、ネットワーク機能の仮想化を使ってネットワークとサービス提供のインフラストラクチャを最新化するために、クラウドフレームワークを採用することにより、運用が変革されました。

  • ワークロードとサービスは、通信アクセスポイントとセントラルオフィスを使用して、コアネットワーク(データセンター内)からネットワークのエッジに向かってすでに移行しています。これは、エッジコンピューティングにとって理想的な場所です。

  • 相互に有益な関係にあるさまざまな事業体に提供するバリューチェーンの構築と、高レベルのSLA契約の経験、およびこのWin-Winのマインドセットのエッジコンピューティングサービスに自然に拡張します。

  • ネットワークの近代化が続き、新しいタイプのサービスが収益を大幅に向上できる可能性があることから、事業者の資金および運用コストの大部分が存在するネットワークエッジに焦点を合わせます。

これらの利点を活用することで、サービスプロバイダーは製品の種類と品質を差別化し、5Gの新機能を活用して付加価値のある製品を提供できます。

業界のコラボレーションおよび配信プラットフォームから生まれる機会

サービスプロバイダーにとって、エッジコンピューティングを介してサービスを提供するために選択できるユースケース、セクター、セグメントの範囲は驚くほど広いです。セクターの範囲は、メディアやエンターテインメントから、ヘルスケアにまで及ぶ可能性がありますが、対象となるセグメントは、企業、公共セクター、消費者市場となる可能性があります。

製造業の中でも、 自動車製造、化学薬品および医薬品の製造、食品加工、石油およびガスの製造など、多くの産業セグメントには、独自の使用例があります。論理的には、これらのサービスを提供するアプリケーションとサプライヤーの組み合わせには、さまざまな組織が含まれます。サービスプロバイダーは、付加価値のある業界ソリューションの一環として、ハードウェア、ソフトウェア、サービスを提供するエコシステムと連携するサービス配信エッジコンピューティングおよびネットワーキングプラットフォームを提供できます。

IDCは、世界のエッジコンピューティング市場が2024年に2,506億ドルに達し、2019〜2024年の予測期間全体で年平均成長率(CAGR)が12.5%になると予測しています。1

明らかに、エッジコンピューティングの機会は膨大であり、バリューチェーンの参入者は多大な利益を得ることができます。営業機会の規模は、各参入者がバリューチェーンに垂直統合する方法や、業界全体で水平統合する方法にある程度依存します。サービスプロバイダーは、この営業機会の分野と、収益とそれに対応する市場シェアを獲得する可能性において、中心的な立ち位置にあります。

これらの営業機会は他社からも注目され、エッジコンピューティングの企業の数は増え続けており、さまざまな競合他社が台頭しつつあります。業界固有の参入者に加えて、サービスプロバイダーの主な競合他社と潜在的なパートナーには、ハイパースケーラー、物理インフラストラクチャプロバイダー、代替通信サービスプロバイダー、ソフトウェアベンダーが含まれます。

オープンソースは、サービスプロバイダーが提供するエッジエコシステムの鍵

各業界セクターや各エンドカスタマーのケースにおけるエッジコンピューティングソリューションには、サービスプロバイダーと協力するパートナーによる取り組みが含まれます。同様に、成長するパートナーエコシステムは、サービスプロバイダーのインフラストラクチャへの投資を成功させるために重要です。無数のパートナーのオンボーディングを推進して、独自の付加価値サービスをシームレスに提供し、統合された収益性の高いエンドツーエンドソリューションを提供するには、標準化された運用プラットフォーム上に構築された柔軟な環境が必要です。

複数のベンダーのサービスと製品を統合する必要がある場合、 オープンソース のコンポーネントとアーキテクチャはそのタスクに特に適しており、現在および今後の相互運用可能で柔軟なソリューションを可能にするデファクトスタンダードとして台頭しています。サービスプロバイダーは、オープンソースの基盤を使用して、単独で提供する場合でも、他のプロバイダーと共同で提供する場合でも、高度なエッジコンピューティングの用途に容易にサポートできます。オープン性が高まることで、新しく有益なエコシステムが出現し、新しく効率的なビジネスモデルが開発され、イノベーションの急速なペースに対応し、推進できます。

エンタープライズオープンソースソリューションの世界有数のプロバイダーとして、レッドハットは、クラウドからコア、エッジに至るまで、複雑で分散型のハイブリッドクラウドコンピューティングの課題を管理するための一貫した標準化された環境を提供するエッジコンピューティングソリューションを提供します。レッドハットのアップストリームファーストの開発モデルは、複数のオープンソースコミュニティへの取り組みに投資して、次の3つの側面に沿って、通信環境のエッジコンピューティングのユースケースを推進します。

  • アーキテクチャ - リモートワーカーノード(分散ワークロードコンピューティングによる中央オーケストレーション)、オープンハイブリッドクラウドによる一貫したアプリケーションエクスペリエンス、ハイパーコンバージドプラットフォームによるフットプリントの削減など、エッジコンピューティングのパターンに対応しています。

  • 機能 - モバイルゲームのGPUサポート、機械学習、Telcoネットワーク機能のリアルタイムサポートなど、差別化された特殊なエッジユースケースを可能にします。

  • 運用 - 統合された自動化された自律的な方法で、エッジコンピューティングスタックを大規模に構築して管理できるようにします。

Red Hatは、最先端のクラウド製品の強力なポートフォリオを提供して、すでにエッジコンピューティング市場の顧客とパートナーの営業機会に対してサービスを提供しています。 詳しくは 、その詳細や、エッジコンピューティングの オープン性が理にかなっている理由をご覧ください。


About the author

As a Principal Product Marketing Manager, Sidney Kriger develops a content strategy that shows how Red Hat solutions can help telecommunications service providers meet the challenges of digital transformation. He has more than 20 years of experience in the telecommunications industry, having previously worked at Cisco and Nortel Networks.