ログイン / 登録 アカウント

Red Hat Runtimes

特長とメリット

ランタイムとフレームワーク

Red Hat Runtimes には、マイクロサービスなどの高度に分散化されたクラウドアーキテクチャ向けの、さまざまなランタイムとフレームワークが搭載されています。

Red Hat Runtimes には、管理されたクラウドネイティブ・ランタイムのセットとして、以下のようなコンポーネントが含まれています。

  • Quarkus:マイクロサービスおよびサーバーレス開発用の Kubernetes ネイティブの Java™ フレームワーク。
  • Vert.x:Java™ 仮想マシン上にリアクティブな分散アプリケーションを構築します。
  • Thorntail:必要な Java EE ライブラリとブートストラップ・コードのみでブート可能な Java アプリケーションを構築します。
  • Node.js:サーバーサイド JavaScript アプリケーションの構築、ホスティング、およびスケーリングを行うための信頼できるプラットフォームを提供します。
  • Spring Boot:プロダクション環境でも使用できるスタンドアローンの Spring ベースアプリケーションを作成します。

また、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform (EAP) は、オープンソースの Java™ EE をベースとしたアプリケーション・ランタイムを提供し、Java アプリケーションやサービスの構築、デプロイおよび実行に使用できます。

分散型のインメモリキャッシュ

インメモリの分散型 NoSQL データストア・ソリューションである Red Hat Data Grid を使用すれば、開発が柔軟になり、データ保護や障害復旧をより簡単に実行できます。インメモリキャッシュにより、アプリケーションによるデータへのアクセス、処理、分析が高速化され、クラスタノード間でのデータ・パーティショニングと分散化を使用したリニアなスケーリングも簡単に行えます。

データアクセスとメッセージングがインメモリキャッシュにより強化されるため、既存アプリケーション間で堅牢な通信が実現します。

シングルサインオン (SSO) 認証

SSO は Keycloak プロジェクトをベースとしており、SAML 2.0、OpenID Connect、OAuth 2.0 などの一般的な標準に基づいて SSO 機能を提供し、Web アプリケーションをエンタープライズクラスのセキュリティで保護できます。

SSO サーバーは SAML ベースまたは OpenID Connect ベースの ID プロバイダーとして機能し、エンタープライズ・ユーザー・ディレクトリやサードパーティ製の SSO プロバイダーとの ID 情報のやり取りや、標準ベースのトークンを使用するアプリケーションとのやり取りを仲介します。

メッセージング

Apache ActiveMQ Artemis プロジェクトをベースとする Red Hat AMQ ブローカーは非同期型コア上に構築された Java マルチプロトコル・メッセージ・ブローカーで、高速なネイティブ・ジャーナリングによりメッセージの永続性を提供します。

メッセージ指向のミドルウェアであり、既存アプリケーションと新規アプリケーション間におけるデータ転送の信頼性を高めます。永続性、高可用性 (HA)、高度なキューイングを提供し、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform と完全統合することも可能です。

ランチャーサービス

ランチャーサービスでは、ユーザーはフロントエンド・アプリケーション (React、Angular、Vue.js)、バックエンドランタイム (Node.js、Spring Boot、Thorntail、Vert.x)、バックエンド機能 (リレーショナル・データベース、HTTP API) を選択できます。アプリケーションのスキャフォールディングが作成されるので、開発者による新しいアプリケーションの構築とデプロイが容易になり、開発者はビジネスロジックの作成や成果の早期達成に注力できます。

クラウドネイティブ・アプリケーションの構築を始めましょう