検索

日本語

日本語

ログイン

ログイン/登録

Web サイト

DO288

Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications

場所

形式 What’s this?

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

OpenShift クラスタでコンテナ化アプリケーションを設計、ビルド、デプロイする

Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications (DO288) では、アプリケーションとマイクロサービスを構成およびデプロイする主要なテクノロジーとしてのコンテナについて理解を深めます。OpenShift 開発トラックの 2 つ目のコースとして、このコースでは、コンテナ化されたソフトウェア・アプリケーションを OpenShift クラスタに設計、ビルド、デプロイする方法について取り上げます。

コンテナネイティブのアプリケーション作成や、既存のブラウンフィールド・アプリケーションの移行において、Red Hat® OpenShift Container Platform を使用した開発者の生産性向上の手法を習得できます。Red Hat OpenShift Container Platform は、エンタープライズによるコンテナのデプロイメント管理および Kubernetes を使ったアプリケーションのスケーリングを可能にするコンテナ化アプリケーション・プラットフォームです。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 4.1 に基づいています。

学習内容サマリー

  • アプリケーションビルドを管理およびトリガーする
  • 既存の Source-to-Image (S2I) ベースイメージをカスタマイズする
  • OpenShift テンプレートを作成する
  • アプリケーションの信頼性の監視および向上を目的としたヘルスチェックを作成する
  • 継続的インテグレーションおよび継続的デプロイメントのための Jenkins パイプラインを作成してデプロイする
  • OpenShift 用クラウドネイティブ・アプリケーションを作成してデプロイする

コース対象者

  • エンタープライズ・アプリケーション開発者
  • SRE (サイト信頼性エンジニア)

コース受講の推奨条件

学習内容

学習内容

OpenShift クラスタにおけるアプリケーションのデプロイと管理
さまざまなアプリケーション・パッケージ手法を使用して OpenShift クラスタにアプリケーションをデプロイし、そのリソースを管理します。
OpenShift 用のコンテナ化アプリケーションの設計
アプリケーションのコンテナ化方法を選択し、OpenShift クラスタで実行するコンテナを作成します。
エンタープライズ・コンテナイメージの公開
エンタープライズ・レジストリを作成し、そのレジストリにコンテナイメージを公開します。
アプリケーションビルドの管理
ビルドのトリガーと管理に加えて、OpenShift のビルドプロセスを記述します。
Source-to-Image (S2I) ビルドのカスタマイズ
既存の S2I ベースイメージをカスタマイズして、新しいイメージを作成します。
OpenShift テンプレートに基づくアプリケーションの作成
テンプレートの各要素について説明し、マルチコンテナ・アプリケーション・テンプレートを作成します。
アプリケーションのデプロイ管理
アプリケーションの健全性を監視し、クラウドネイティブ・アプリケーションのさまざまなデプロイメント方法を実装します。
OpenShift での CI/CD パイプラインの実装
Jenkins パイプラインを作成してデプロイし、OpenShift を使用して継続的インテグレーションおよび継続的デプロイメント (CI/CD) を促進します。
OpenShift でのクラウドネイティブ・アプリケーションのビルド
OpenShift でクラウドネイティブ・アプリケーションを作成してデプロイします。
注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについて不明な点については、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください。
成果

組織にとっての効果

管理者と開発者が、MVP (実用最小限の製品) の市場投入までの時間をどのようにして短縮するかを模索する中で、コンテナと OpenShift は、瞬く間にアジャイル開発とアプリケーション・デプロイメントのデファクトソリューションになりました。コンテナベースのアーキテクチャを Kubernetes および Red Hat OpenShift と連携させると、アプリケーションの信頼性とスケーラビリティが向上するとともに、開発者のオーバーヘッドが減少し、継続的デプロイメントが促進されます。

Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180) で設定されたコンテナ基盤をベースとするこのコースは、初めての開発者向け OpenShift コースです。このコースでは、コンテナベースのアーキテクチャを使用して DevOps の潜在的な可能性を実証することで、組織的な変革およびデジタル・トランスフォーメーションへの突破口を開きます。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースを修了すると、Red Hat OpenShift Container Platform のアプリケーションのコンテナ化、スケーリング、デプロイ、管理の基本概念を理解することができます。以下のスキルも習得できます。

  • コンテナイメージを設計してアプリケーションをコンテナ化する
  • アプリケーションビルドをカスタマイズして、post-commit ビルドフックを実装する
  • マルチコンテナ・アプリケーション・テンプレートを作成する
  • システムの信頼性向上を目的としたヘルスチェックを実装する

推奨される次の試験またはコース

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。