DO289

Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications with exam

情報を表示しています:

OpenShift クラスタでコンテナ化アプリケーションを設計、ビルド、デプロイ

Red Hat® OpenShift Container Platform は、コンテナ化されたソフトウェア・アプリケーションを開発およびデプロイするためのエンタープライズ対応ソリューションを開発者に提供します。Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications は、Red Hat OpenShift Container Platform を活用して開発者の生産性を高める実技形式のトレーニングを提供します。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.6 に基づいており、Red Hat 認定スペシャリスト - OpenShift Application Development 認定試験 (EX288) が含まれています。

コース概要

このコースでは、コンテナ化されたソフトウェア・アプリケーションを OpenShift クラスタで設計、ビルド、デプロイする方法について取り上げます。コンテナネイティブ・アプリケーションを作成する場合や、既存のアプリケーションを移行する場合を想定し、Red Hat® OpenShift Container Platform を利用して開発者の生産性を高める実技形式のトレーニングを提供します。

学習内容サマリー

  • コンテナイメージ、Dockerfiles、ソースコードからアプリケーションを OpenShift クラスタにデプロイする。
  • OpenShift Web コンソールと OpenShift CLI を使用してアプリケーションを管理する。
  • 構成データと機密情報をアプリケーションにインジェクトする。
  • アプリケーションのコンテナイメージを外部レジストリに公開する。
  • アプリケーションのビルドとビルドフックを管理する。
  • テンプレートに基づきアプリケーションを作成する。
  • アプリケーションのデプロイを管理する。
  • プローブを使用してアプリケーションの健全性を監視する。
  • アプリケーションをコンテナとマイクロサービスへ移行する。

対象者と前提条件

コース対象者

  • アプリケーションのデプロイにおける推奨手段としてコンテナの導入に関心のあるソフトウェア開発者
  • アプリケーションのデプロイにおける推奨手段としてコンテナの導入に関心のあるソフトウェア・アーキテクト

受講の前提条件

Red Hat が推奨する前提条件は以下のとおりです。

学習内容

OpenShift クラスタにおけるアプリケーションのデプロイと管理
OpenShift クラスタにアプリケーションをデプロイします。
OpenShift 用のコンテナ化アプリケーションの設計
高度な Dockerfile のディレクティブを使用してコンテナイメージをビルドします。
エンタープライズ・コンテナイメージの公開
エンタープライズ・レジストリを作成し、その OpenShift レジストリにアクセスできるようにします。
アプリケーションのビルド
OpenShift のビルドプロセスについて説明し、post-commit ビルドフックを実装します。
Source-to-Image (S2I) ビルドのカスタマイズ
既存の S2I ベースイメージをカスタマイズします。
OpenShift テンプレートに基づくアプリケーションの作成
OpenShift テンプレートの各要素について説明し、マルチコンテナ・テンプレートを作成します。
アプリケーションのデプロイ管理
アプリケーションの健全性を監視し、適切なデプロイメント戦略を選択します。
OpenShift へのアプリケーション移行
外部のサービスを統合し、Red Hat JBoss Middleware 上にデプロイされたアプリケーションを移行します。

注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについて不明な点については、トレーニングスペシャリストにお問い合わせください。

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースの目的は、ソフトウェア・アプリケーションをコンテナ化して、Red Hat® OpenShift Container Platform クラスタにデプロイするために必要なスキルを身につけることです。これらのスキルは、組織における DevOps 体制を促進するプラットフォームやアーキテクチャの活用を支援します。Red Hat OpenShift Container Platform は、CI/CD (継続的インテグレーションおよびデプロイ) などの DevOps パターンを使用してアプリケーションをデプロイするためのセルフ・プロビジョニング環境を開発者に提供します。多数の言語、データベース・ランタイム、コンテナ化された Red Hat Middleware などを提供し、開発者が自らカスタム方式でコンテナ化を行う必要性を低減することで、市場投入時間の短縮を実現します。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースの受講者は、Red Hat OpenShift Container Platform でアプリケーションのコンテナ化とデプロイを行えるようになります。以下のスキルを習得できます。

  • アプリケーションを OpenShift クラスタにデプロイし、コマンドライン・クライアントと Web コンソールを使用して管理する。
  • コンテナを設計およびビルドし、アプリケーションを正常に OpenShift クラスタにデプロイする。
  • エンタープライズ・レジストリにコンテナイメージを公開する。
  • S2I (Source-to-Image) 機能を使用して、コンテナ化されたアプリケーションをビルドする。
  • OpenShift テンプレートに基づいてアプリケーションを作成する。
  • モノリシック・アプリケーションからサービスを抽出し、マイクロサービスとしてクラスタにデプロイする。
  • アプリケーションを移行し、OpenShift クラスタで実行する。