お問い合わせ
アカウント ログイン
DO720

Container Adoption Boot Camp for Developers

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

コンテナネイティブのアプリケーションの開発を通じてコンテナ技術の導入をサポート

Container Adoption Boot Camp for Developers (DO720) では、Kubernetes が実装された Red Hat® OpenShift® Container Platform にデプロイする、コンテナネイティブのアプリケーションの実践的な開発を集中的に学習します。登録内容には、1 年間の Red Hat ラーニングサブスクリプション Standard が含まれます。すべてのコースにオンラインで無制限にアクセスでき、5 種類の認定試験への初回受験と 2 種類の試験への再受験が可能です。このブートキャンプは、デジタル・トランスフォーメーションへの飛躍的な進展を望む人々を対象としています。このような変化を起こすには、短期間のイテレーションでソフトウェアを開発して、ビジネス価値を即座に実現できるようにします。この目標を達成するため、このコースでは、マイクロサービスを含めた、コンテナネイティブのアプリケーションの導入を利用します。

このコース群は、Red Hat OpenShift Container Platform 4.6 に基づいています。

学習内容サマリー

  • コンテナ、Kubernetes、Red Hat OpenShift の概要
  • OpenShift クラスタにおけるアプリケーションのデプロイと管理
  • OpenShift 用のコンテナ化アプリケーションの構築と設計
  • Quarkus によるマイクロサービスベースのアプリケーションの作成
  • マイクロサービスの OpenShift クラスタへのデプロイ
  • Red Hat OpenShift Service Mesh による回復力のあるサービスの構築
  • OpenShift Service Mesh の保護

コース対象者

コンテナ・テクノロジーの導入とマイクロサービスの開発に関心のある開発者

受講の前提条件
テクノロジー上の留意事項
このコースでは、OpenShift の専用の共有クラスタにアクセスするため、インターネットアクセスが必要です。

学習内容

学習内容

コンテナ技術の概要
OpenShift Container Platform によりオーケストレーションされたコンテナ内でソフトウェアが実行される仕組みを説明します。
コンテナ化されたサービスの作成
コンテナ技術を使用し、サービスのプロビジョニングを行います。
コンテナの管理
事前ビルド済みのコンテナイメージを修正して、コンテナ化されたサービスを作成、管理します。
コンテナイメージの管理
作成から削除までのコンテナイメージのライフサイクルを管理します。
カスタム・コンテナイメージの作成
Dockerfile の設計とコーディングを行い、カスタム・コンテナイメージを構築します。
コンテナ化アプリケーションのデプロイ
OpenShift Container Platform にアプリケーションをデプロイします。
マルチコンテナ・アプリケーションのデプロイ
複数のコンテナイメージを使用してコンテナ化されたアプリケーションをデプロイします。
コンテナ化アプリケーションのトラブルシューティング
OpenShift にデプロイされたコンテナ化アプリケーションのトラブルシューティングを行います。
OpenShift クラスタにおけるアプリケーションのデプロイと管理
さまざまなアプリケーション・パッケージ手法を使用して OpenShift クラスタにアプリケーションをデプロイし、そのリソースを管理します。
OpenShift 用のコンテナ化アプリケーションの設計
アプリケーションをコンテナ化する方法を選択し、OpenShift クラスタで実行するコンテナを作成します。
エンタープライズ・コンテナイメージの公開
エンタープライズ・レジストリを作成し、そのレジストリにコンテナイメージを公開します。
アプリケーションのビルド
OpenShift のビルドプロセスを記述し、トリガーをビルドして、ビルドを管理します。
OpenShift テンプレートに基づくアプリケーションの作成
テンプレートの要素について説明し、マルチコンテナ・アプリケーションのテンプレートを作成します。
アプリケーションのデプロイ管理
アプリケーションの健全性を監視し、クラウドネイティブ・アプリケーションのさまざまなデプロイメント方法を実装します。
OpenShift で継続的インテグレーションおよび継続的デプロイメントのパイプラインを実装
Jenkins パイプラインを作成してデプロイし、OpenShift を使用して継続的インテグレーションおよびデプロイメントを促進します。
マイクロサービスのアーキテクチャの説明
マイクロサービスベースのアプリケーション・アーキテクチャのコンポーネントとパターンについて説明します。
Quarkus によるマイクロサービスの実装
Red Hat OpenShift Service Mesh を OpenShift Container Platform にデプロイします。
マイクロサービスのテスト
マイクロサービスの単体テストと統合テストを実装します。
マイクロサービスベースのアプリケーションのデプロイ
Quarkus マイクロサービス・アプリケーションを OpenShift クラスタにデプロイします。
Quarkus によるマイクロサービス・アプリケーションの構築
永続的で構成可能な分散型の Quarkus マイクロサービス・アプリケーションを構築します。
マイクロサービスのテスト
マイクロサービスの単体テストと統合テストを実装します。
マイクロサービスの保護
OAuth を使用してマイクロサービスを保護します。
マイクロサービスのモニター
メトリクス、分散トレーシング、およびログ集約を使用してマイクロサービスの操作をモニターします。
Red Hat OpenShift Service Mesh の概要
マイクロサービス・アーキテクチャと OpenShift Service Mesh の基本概念について説明します。
サービスメッシュを観察する
Jaeger と Kiali を使用して OpenShift Service Mesh を追跡および視覚化します。
サービストラフィックの制御
OpenShift Service Mesh でトラフィックを管理およびルーティングします。
OpenShift Service Mesh でアプリケーションをリリースする
カナリアおよびミラーリングのリリース戦略でアプリケーションをリリースします。
カオステストでサービスの回復力をテストする
カオステストで OpenShift Service Mesh のレジリエンシー (回復力) をテストします。
回復力のあるサービスを構築する
OpenShift Service Mesh 戦略を使用して、回復力のあるサービスを作成します。
OpenShift Service Mesh の保護
OpenShift Service Mesh を使用して、アプリケーションのサービスを暗号化して保護します。

成果

組織にとっての効果

このブートキャンプの目的は、初級から中級程度のコンテナの知識を持つ開発者に、Red Hat OpenShift Container Platform によるマイクロサービス・アプリケーションの開発、デプロイ、トラブルシューティングに必要とされる基本的で高度なスキルを提供することです。Red Hat OpenShift Container Platform は、迅速なアプリケーション開発とデプロイ、および環境間でのアプリケーションの可搬性を実現します。また、適応型アプリケーションやクラウドネイティブ・アプリケーションのスケーリング、管理、保守を単純化します。

個人にとっての効果

このコースの受講者は、Red Hat OpenShift Container Platform クラスタをインストール、設定、管理し、アプリケーションをデプロイできるようになります。

以下のスキルを習得できます。

  • カスタム・コンテナイメージの作成と管理
  • OpenShift Container Platform へのアプリケーションのデプロイ
  • Quarkus の使用によるマイクロサービスの開発
  • コンテナイメージの設計によるアプリケーションのコンテナ化
  • アプリケーションビルドのカスタマイズと post-commit ビルドフックの実装
  • マルチコンテナ・アプリケーションのテンプレートの作成
  • システムの信頼性向上を目的としたヘルスチェックの実装
  • マイクロサービスの単体テストと統合テストの実装
  • 構成仕様を使用したマイクロサービスへのデータ注入
  • OpenShift Service Mesh の使用によるマイクロサービスでのフォールトトレランスの実装
  • OpenShift Service Mesh の保護
推奨される次の試験またはコース
Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Application Development - (EX288)

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。