検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
お問い合わせ
ログイン / 登録 アカウント
EX288

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Application Development -

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

知っておくべきこと
  • リモート試験形式を選ぶことで、どこにいても受験できるようになりました。
    詳細はこちら

 

試験の説明

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Application Development - (EX288) では、Red Hat® OpenShift® Container Platform 環境に既存のアプリケーションをデプロイする能力をテストします。

この試験に合格すると、Red Hat 認定アーキテクト (RHCA®) を取得する際の前提条件にもなる Red Hat 認定スペシャリスト - OpenShift Application Development - を取得できます。

この試験は、Red Hat OpenShift Container Platform 4.6 に基づいています。

試験の対象者

  • Red Hat OpenShift Container Platform Kubernetes 環境の管理を担当する DevOps ロールのアプリケーション開発者
  • Red Hat OpenShift Container Platform Kubernetes 環境の実装を担当する DevOps ロールのアプリケーション開発者
  • コンテナ化アプリケーションの作成または既存アプリケーションからコンテナ化アプリケーションへの変換を担当するアプリケーション開発者
  • SRE (サイト信頼性エンジニア)

受験の前提条件

試験の内容

試験の学習ポイント

以下に、試験の主な作業領域を示しますので、試験の準備にご活用ください。Red Hat は、認定試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

受験者は、以下のタスクを実行する能力が求められます。

  • Red Hat OpenShift Container Platform の操作
    • 複数の OpenShift プロジェクトを作成および操作する
    • 単一コンテナ・アプリケーションとマルチコンテナ・アプリケーションをデプロイする
    • Helm Chart を作成および使用する
    • Kustomize でデプロイをカスタマイズする
    • アプリケーションのヘルスモニタリングを実装する
    • 基本的な Git の使用法を理解し、OpenShift にアプリケーションをデプロイするコンテキストで Git を操作する
    • 特定の要件を満たすように OpenShift 内部レジストリを設定する
    • OpenShift 用クラウドネイティブ・アプリケーションを作成およびデプロイする
    • Web コンソールでアプリケーションを管理する
  • マルチコンテナ・アプリケーションのデプロイ
    • Helm Chart を作成する
    • Kustomize でデプロイをカスタマイズする
  • コンテナイメージの操作
    • コマンドライン・ユーティリティを使用してコンテナイメージを作成および操作する
    • コンテナイメージを最適化する
    • レジストリにコンテナイメージを公開する
  • アプリケーションのデプロイメントに関する問題のトラブルシューティング
    • アプリケーションのデプロイメントに関する軽微な問題を診断および修正する
  • イメージストリームの操作
    • カスタム・イメージストリームを作成し、アプリケーションをデプロイする
    • 既存の git リポジトリからアプリケーションを取得する
    • アプリケーションのデプロイメントに関する軽微な問題をデバッグする
  • 構成マップの操作
    • 構成マップを作成する
    • 構成マップを使用して、アプリケーションにデータを注入する
  • S2I (Source-to-Image) ツールの操作
    • S2I を使用してアプリケーションをデプロイする
    • 既存の S2I ビルダーイメージをカスタマイズする
  • フックとトリガーの操作
    • 提供されたスクリプトを実行するフックを作成する
    • フックの適切な動作をテストおよび確認する
    • アプリケーションビルドの管理とトリガーを行う
  • テンプレートの操作
    • OpenShift テンプレートを作成する
    • JSON 形式または YAML 形式で記述された既存テンプレートを使用する
    • マルチコンテナ・テンプレートを使用する
    • テンプレートにカスタムパラメーターを追加する

試験中は、事前に作成済みのアプリケーションを 1 つ、あるいは複数使用して作業することを求められる場合があります。アプリケーションコードを変更する必要はありませんが、特定のアプリケーションのデプロイをすべてテストして完了させるために、提供されたドキュメントの確認が必要になる場合があります。

知っておくべきこと

準備

Red Hat では、準備の一環として Red Hat OpenShift I: Containers & Kubernetes (DO180)Red Hat OpenShift Development II: Containerizing Applications (DO288) の受講を推奨しています。これらのコースの受講は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のトレーニングコースを受講することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat の製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が提供されていますが、Red Hat ではそのいずれも認定試験の対策ガイドとして公式に承認していません。しかし、そのような情報が理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

この試験は 1 つのセクションで構成され、所要時間は 3 時間です。この試験は、Red Hat OpenShift Container Platform 環境にアプリケーションをデプロイする能力を評価する実技試験です。OpenShift Container Platform の DevOps 環境での実行が想定されるタスクに類似した多数のルーチンタスクを実行していただき、特定の客観的基準を満たしているかどうかが評価されます。

この試験は、リモート試験形式としてバーチャルに受験することもできます。リモート試験の詳細をご覧になり、適切な受験形式をご検討ください。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central から送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に送付されます。

試験結果には合計得点のみ記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

スキルパス

OpenShift 開発者向けラーニングパス

認定アイコン

始めに取得するべき認定
Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA)

コンピューターのアイコン

DO080 - 無料コース - 現在閲覧中
Deploying Containerized Applications Technical Overview

コンピューターのアイコン

DO180 - 推奨コース - 現在閲覧中
Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift

認定試験アイコン

PE180 - 推奨試験 - 現在閲覧中
予備試験 - Containers, Kubernetes, & Openshift

DO289 バンドル - 現在閲覧中
コース + 認定試験で時間と資金を節約

コンピューターのアイコン

DO288 - 推奨コース - 現在閲覧中
Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications