検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト
EX342

Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Diagnostics and Troubleshooting - 認定試験

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

試験の説明

一般的な問題を分析するスキルを実証

Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Diagnostics and Troubleshooting - (EX342) は実技形式の試験で、Red Hat® Enterprise Linux® システムを分析し、パフォーマンス低下やシステム停止の原因となる一般的な問題が発生していないかどうかを診断し、問題を解決するか、第三者に渡すことができるフォレンジック情報を収集する能力をテストします。

この試験に合格すると、Red Hat® 認定アーキテクト (RHCA®) を取得する際の前提条件にもなる Red Hat 認定スペシャリストを取得できます。

試験の対象者

Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Diagnostics and Troubleshooting - は、以下のような方々を対象としています。

  • Red Hat Enterprise Linux システムを管理しているシステム管理者
  • 問題解決や診断のスキルを実証したいシステム管理者
  • Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Diagnostics and Troubleshooting - または Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) の取得を目指している Red Hat 認定エンジニア (RHCE)

受験の前提条件

Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Diagnostics and Troubleshooting - 認定試験の受験者には、以下のことを推奨します。

  • Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting (RH342) を受講したか、Red Hat Enterprise Linux 環境のトラブルシューティングにおいて同等の経験がある
  • Red Hat 認定エンジニアを取得しているか、システム管理において同等の経験がある

試験の内容

試験の学習ポイント

以下に、試験の主な作業領域を示しますので、試験の準備にご活用ください。Red Hat は、認定試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Diagnostics and Troubleshooting - 認定試験の受験者には以下のタスクを実行できる能力が求められます。

  • トラブルシューティングの一般的な方法の理解と使用
    • トラブルシューティングに役立つシステム情報の収集
    • トラブルシューティング時の資料の参照
    • システムの重要な特性の監視
    • ログメッセージが一元化ホストに送信されるためのシステムの構成
  • システム起動時の問題の診断およびトラブルシューティング
    • 起動に影響するサービス障害の特定と解決
    • システムの root 権限の再取得
    • 起動問題に関するトラブルシューティング
    • ソフトウェアとハードウェアの問題の特定
    • カーネルモジュールとそのパラメーターの管理
  • ファイルシステムの問題の診断とトラブルシューティング
    • 壊れたファイルシステムの回復
    • 構成が誤っている、または壊れた LVM 構成の回復
    • 暗号化されたファイルシステムからのデータ復元
    • iSCSI の問題の特定と解決
  • パッケージ管理の問題の解決
    • パッケージ管理の依存の問題の解決
    • 壊れた RPM データベースの復元
    • 変更されたファイルの特定と復元
  • ネットワーク接続の問題のトラブルシューティングと解決
    • 標準ツールを使用したネットワーク接続の確認
    • ネットワーク接続の問題の特定と解決
    • ネットワークトラフィックの検査によるトラブルシューティング
  • アプリケーションの問題の診断
    • サードパーティ製ソフトウェアが依存するライブラリの特定
    • アプリケーションでメモリリークが発生していないかどうかの確認
    • 標準ツールを使用したアプリケーションのデバッグ
    • SELinux に関連する問題の特定と解決
  • 認証の問題の特定と解決
    • PAM(Pluggable Authentication Module)の問題の特定と解決
    • LDAP と Kerberos の ID 管理の問題の特定と解決
  • 第三者による問題調査に役立つ情報の収集
    • カーネルのクラッシュダンプの作成
    • SystemTap モジュールのコンパイルと実行

Red Hat は、試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

知っておくべきこと

準備

Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Diagnostics and Troubleshooting - 認定試験の受験者は、Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting (RH342) コースを受講することをお勧めします。ただし、認定試験を受けるうえで、このコースの受講は必須ではありません。

Red Hat のトレーニングコースを受講することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat の製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が提供されていますが、Red Hat は試験対策ガイドのいずれも公式に保証しません。しかし、そのような情報が理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

この試験は、Red Hat Enterprise Linux の使用中に発生する一般的な問題を受験者が診断し、解決またはトラブルシューティングする能力を評価する実技試験です。受験者は、1 つまたは複数のシステムと、そのシステムで実行されているアプリケーションで発生する問題を診断し、場合によっては解決することが求められます。

実技試験では、受験者は実際の業務と同様のタスクを実行する必要があります。

この試験は 1 つのセクションで構成され、時間は 4 時間です。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central から送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に送付されます。

試験結果には合計得点のみ記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

推奨される次の試験またはコース

このエキスパート試験を受講する前に、以下を受講することをお勧めします。