検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
お問い合わせ
ログイン / 登録 アカウント
EX342

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Linux Diagnostics and Troubleshooting -

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

知っておくべきこと

  • リモート試験形式を選ぶことで、どこにいても受験できるようになりました。詳細はこちら

 

試験の説明

一般的な問題を分析するスキルを実証

Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Diagnostics and Troubleshooting - 認定試験 (EX342) は実技形式の試験で、Red Hat® Enterprise Linux® システムを分析し、パフォーマンス低下やシステム停止の原因となる一般的な問題が発生していないかどうかを診断し、問題を解決するか、第三者に渡すことができるフォレンジック情報を収集する能力をテストします。

この試験に合格すると、Red Hat® 認定アーキテクト (RHCA®) を取得する際の前提条件にもなる Red Hat 認定スペシャリストを取得できます。

この試験は Red Hat Enterprise Linux 7.2 に基づいています。

試験の対象者

Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Diagnostics and Troubleshooting - は、以下のような方々を対象としています。

  • Red Hat Enterprise Linux システムを管理しているシステム管理者
  • 問題解決や診断のスキルを実証したいシステム管理者
  • Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Diagnostics and Troubleshooting - または Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) の取得を目指している Red Hat 認定エンジニア (RHCE)

受験の前提条件

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Linux Diagnostics and Troubleshooting - の受験者には、以下のことを推奨します。

  • Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting (RH342) を受講したか、Red Hat Enterprise Linux 環境のトラブルシューティングにおいて同等の経験がある
  • Red Hat 認定エンジニアを取得しているか、システム管理において同等の経験がある

試験の内容

試験の学習ポイント

以下に、試験の主な作業領域を示しますので、試験の準備にご活用ください。Red Hat は、認定試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Linux Diagnostics and Troubleshooting - の受験者には以下のタスクを実行できる能力が求められます。

  • トラブルシューティングの一般的な方法の理解と使用
    • トラブルシューティングに役立つシステム情報を収集する
    • トラブルシューティングに役立つドキュメントリソースを参照する
    • 重要な特性についてシステムを監視する
    • 一元化されたホストにログメッセージを送信するようにシステムを構成する
  • システム起動の問題の診断とトラブルシューティング
    • 起動に影響するサービス障害を特定して解決する
    • システムに対する root 制御を回復する
    • 起動問題に関するトラブルシューティングを行う
    • ハードウェアとハードウェアの問題を特定する
    • カーネルモジュールとそのパラメータを管理する
  • ファイルシステムの問題の診断とトラブルシューティング
    • 破損したファイルシステムを回復する
    • 誤って構成された、あるいは破損した LVM 構成を回復する
    • 暗号化されたファイルシステムからデータを回復する
    • iSCSI の問題を特定して修正する
  • パッケージ管理の問題の解決
    • パッケージ管理の依存関係の問題を解決する
    • 破損した RPM データベースを回復する
    • 変更されたファイルを特定して復元する
  • ネットワーク接続の問題のトラブルシューティングと修正
    • 標準ツールを使用してネットワーク接続を確認する
    • ネットワーク接続の問題を特定して修正する
    • トラブルシューティングに役立つネットワークトラフィックを検査する
  • アプリケーションの問題の診断
    • サードパーティ・ソフトウェアのライブラリの依存関係を特定する
    • アプリケーションでメモリリークが発生しているかどうかを特定する
    • 標準ツールを使用してアプリケーションをデバッグする
    • SELinux に関連する問題を特定して修正する
  • 認証の問題の特定と修正
    • PAM (Pluggable Authentication Module) の問題の特定と解決
    • LDAP および Kerberos ID 管理の問題を特定して修正する
  • 第三者による問題の調査に役立つ情報の収集
    • カーネルクラッシュダンプを作成する
    • SystemTap モジュールをコンパイルして実行する

Red Hat は、試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

知っておくべきこと

準備

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Linux Diagnostics and Troubleshooting - の受験者は、Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting (RH342) コースを受講することをお勧めします。ただし、認定試験を受けるうえで、このコースの受講は必須ではありません。

Red Hat のトレーニングコースを受講することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat の製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が提供されていますが、Red Hat ではそのいずれも認定試験の対策ガイドとして公式に承認していません。しかし、そのような情報が理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

この試験は、Red Hat Enterprise Linux の使用中に発生する一般的な問題を受験者が診断し、解決またはトラブルシューティングする能力を評価する実技試験です。受験者は、1 つ以上のシステムとそのシステムで実行されているアプリケーションの問題を分析し、場合によっては解決することが求められます。

実技試験では、受験者は実際の業務と同様のタスクを実行する必要があります。

この試験は 1 つのセクションで構成され、時間は 4 時間です。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central から送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に送付されます。

試験結果には合計得点のみ記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

推奨される次の試験またはコース

このエキスパート試験を受験する前に、以下を受講することをお勧めします。