お問い合わせ
アカウント ログイン
EX374

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Developing Automation with Ansible Automation Platform -

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

試験の説明

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Developing Automation with Ansible Automation Platform - では、Ansible Playbook を作成して一般的なシステム管理タスクを実行する能力をテストします。

この試験に合格すると、Red Hat 認定スペシャリスト - Developing Automation with Ansible Automation Platform - として認定されます。また、Red Hat 認定アーキテクト (RHCA®) になるための前提条件にもなります。

この試験に設定された内容は、利用できる最新の Red Hat 製品バージョンに基づいています。[Get started] をクリックして、購入できる試験の利用可能なすべてのバージョンをご確認ください。

試験の対象者

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Developing Automation with Ansible Automation Platform - は、Ansible のベストプラクティス、より大規模で複雑なプロジェクトへの Ansible の適用、および Ansible の Automation controller と Automation Hub の使用についての幅広い知識と理解を実証したいと考えている人や、次に述べるような業務の担当者を対象にしています。

  • 経験豊富な Linux システム管理者
  • DevOps エンジニア
  • クラウド管理者
  • その他の IT プロフェッショナル

受験の前提条件

試験の内容

準備

試験の学習ポイント

以下のグループ化されたタスクを 1 人で実行する能力が求められます。

Git の理解と使用
  • Git リポジトリをコピーする
  • Git リポジトリでのファイルの作成、修正、プッシュ
インベントリー変数の管理
  • ホストまたはグループごとに複数のファイルを使用した、ホスト変数とグループ変数の構造化
  • 特殊な変数により、ホスト、ポート、あるいは特定のホストのリモートユーザーを上書き
  • マネージドホスト用に複数のホスト変数ファイルを含むディレクトリを設定
  • インベントリーファイルで使用されている名前を別の名前または IP アドレスで上書き
タスク実行の管理
  • 特権の実行制御
  • Playbook から選択したタスクを実行
フィルタとプラグインを使用したデータ変換
  • ルックアッププラグインを使って外部ソースからのデータを変数に追加
  • ルックアップおよびクエリ機能を使用して、外部ソースから Playbook およびデプロイされたテンプレートファイルにデータを組み込み
  • ルックアッププラグインとフィルタを使った、単純なリスト以外の構造を使用してループを実装
  • フィルタを使用してネットワーク情報を含む変数を検査、検証、および操作
タスクを委任
  • 別のホストで管理ホストのタスクを実行
  • タスクによって収集されたファクトを管理ホストに委任するか、制御ホストに委任するかを制御
コンテンツコレクションの管理
  • コンテンツコレクションの作成
  • コンテンツコレクションのインストール
  • コンテンツコレクションの公開
実行環境の管理
  • 実行環境の構築
  • 実行環境で Playbook を実行
  • 実行環境を Automation Hub にアップロード
  • Automation controller で実行環境を使用
インベントリーおよび資格情報の管理
  • 高度なインベントリーの管理
  • ID 管理サーバーまたはデータベースサーバーから動的インベントリーを作成
  • インベントリーホストにアクセスするためのマシン認証情報を作成
  • ソース管理資格情報を作成
Automation controller の管理
  • Automation controller で Playbook を実行
  • Git または Automation Hub のいずれかからコンテンツを Automation controller にプル
  • Automation Hub から実行環境をプルして Playbook を実行

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

知っておくべきこと

準備

Red Hat では、試験対策として Developing Advanced Automation with Red Hat Ansible Automation Platform (DO374) を受講することを推奨します。

試験の形式

これは実践的な実技試験で、実際のタスクを行う必要があります。1 つ、あるいはそれ以上の仮想システムを与えられ、業務で実行するタスクと同様のタスクを実行することが要求されます。試験中、受験者はインターネットにアクセスすることはできず、資料や電子文書を持ち込むことも許可されません。持ち込みが禁止されている資料には、ノートや書籍、その他の資料が含まれます。大半の試験では、製品に付属のドキュメントを試験中に使用できます。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試用、購入、販売

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc.