ログイン / 登録 アカウント

管理

Red Hat Insights

Red Hat Enterprise Linux に統合

Red Hat® Enterprise Linux® 環境のセキュリティ、コンプライアンス、および構成のリスクを事前に特定して修復します。Red Hat Insights は、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションに含まれています。

Red Hat Developer Studio 製品の図
Red Hat Developer Studio 製品の図
Red Hat Developer Studio

運用の信頼性を向上

ダウンタイムが生じる前にパフォーマンスと構成のリスクを特定することで、より信頼性の高い IT ソリューションを提供します。ダウンタイムが削減されるため、IT はより価値の高いプロジェクトに集中し、スキルを深めることができます。

セキュリティリスクを継続的に管理

事前にリスクを特定してフィルタリングし、最も重要なリスクを抽出します。Red Hat と業界による膨大なセキュリティ・アドバイザリーとコンプライアンス・アドバイザリー、およびユーザー独自のポリシーを、手動のステップを介さず、継続的に分析します。

単一のツールで Red Hat 環境全体の可視性を強化

Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションに付属するクラウドベースのサービスである、Red Hat Insights を使用したオンプレミスおよびクラウドのデプロイメントなど、Red Hat エコシステム全体のリスクの特定と修復を開始します。

手動分析を介さず、包括的にリスクを特定

単一のインタフェースから、セキュリティとコンプライアンスのリスクだけでなく、パフォーマンス、安定性、および可用性のリスクを理解します。各システムを Red Hat アドバイザリーと比較して、手動のステップを介さずにシステムの相違点を分析します。

すぐに使えるガイダンス

Red Hat Ansible Automation Platform や Red Hat Smart Management を使用して、手動でアクションを実行したり、大規模にリスクを解消するための Playbook を作成したりするには、付属の修復ガイダンスを使用します。重大度、リスクの種類、変更による影響に基づいてアクションに優先順位を付けます。

Red Hat Smart Management による大規模な解消

Red Hat Smart Management には、インフラストラクチャ管理用の Red Hat Satellite と、リスクをより迅速かつ簡単に修復するためのレセプターが含まれています。Satellite は、Red Hat Insights 内からボタンを押すだけで使用できます。

Red Hat Insights について詳しく

これらのサービスは Red Hat Insights に組み込まれており、運用効率とセキュリティリスク管理のニーズを満たすのに役立ちます。

Advisor

Red Hat が 20 年以上にわたって積み上げてきた知識に基づき、可用性、パフォーマンス、安定性、および構成のベストプラクティスのエリアで問題を特定します。

  • パフォーマンス、安定性、可用性、あるいはセキュリティに影響を与えるオペレーティングシステム、基盤となるインフラストラクチャ、またはワークロードの既知の構成リスクを特定する
  • システム、タイプ、重大度、または変更による影響に基づき、リスクを表示して優先順位を付ける
  • スキルレベルを問わず使用できるように設計された、最適な修復ガイダンスを使用してアクションを実行する、または大規模なリスク解消のための Playbook を作成する

 

Vulnerability

クラウドまたはオンプレミスの Red Hat Enterprise Linux 環境に影響を与える共通脆弱性識別子 (CVE) を評価、監視、修復、およびレポートします。

  • 重大度、Red Hat の CVE 評価、およびそのリスクが組織にもたらす暴露レベルに基づき、脆弱性を理解してトリアージする
  • 自動解消のための Playbook を作成することにより、特定された CVE を修復または軽減する
  • ステータスと既知のリスクを伝えるための脆弱性レポートを生成する

 

Compliance

単一のツールを使用して、OpenSCAP ポリシーに対する Red Hat Enterprise Linux 環境のコンプライアンスレベルを特定します。

  • オープンソースのコンプライアンスツールである OpenSCAP を使用して、規制コンプライアンスポリシーに違反するシステムを特定する
  • Playbook を使用して、コンプライアンスの問題の確認と優先順位付けを行い、ほとんどの非準拠環境を修復する
  • エグゼクティブ、セキュリティチームなどが使用するコンプライアンスレポートを生成する

 

Policies

各環境はそれぞれ固有のものなので、システム構成に作用する独自のポリシーを作成および管理します。

  • 環境構成を分析して、未調整のエリアを理解し、アラートを受信する
  • Webhook 機能を使用して、これらのポリシーを既存のプロセスに統合する

 

Patch

環境に適用する Red Hat 製品アドバイザリーを決定することにより、Red Hat 環境の現在のパッチ適用ステータスを特定します。

  • すべての Red Hat Enterprise Linux デプロイメントにわたる Red Hat アドバイザリーの暴露を特定し、優先順位を付ける
  • 必要なパッチが特定されたら、手動で、あるいは Playbook を使用して、システムやクラウドインスタンスに適用する

 

Drift

システムをベースライン、システム履歴、および相互に比較して、手動による分析を介さずにトラブルシューティングまたは相違点を特定します。

  • 複雑さの理解および単純化に役立つベースラインを作成する
  • 1 つのシステムを他の複数のシステム、ベースライン、またはその変更履歴と比較する
  • 状態別 (相違点、類似点、不足) に結果をフィルタリングしてレポートを生成する

 

Subscription Watch

Red Hat サブスクリプションの使用状況の進捗を追跡します。

  • Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションの使用状況と使用率の統合レポートにアクセスする
  • ワークロード管理に重点を置き、そのビジネスにとって最も意味のあるサブスクリプションをデプロイする
  • アカウント全体の Red Hat サブスクリプションの使用率、傾向、アラートを表示するクラウドベースのレポートダッシュボードを使用する

 

Red Hat を活用する

Red Hat のサブスクリプションでは、受賞歴を誇るサポート、パートナーやお客様、エキスパートで構成される業界最大規模のエコシステム、ハードウェア認定、そして最高の機能を見いだし、エンタープライズ製品向けに強化する場として Red Hat が利用するオープンソース・コミュニティをご利用いただけます。

さらに高度なサポートが必要な場合は、テクニカルアカウントマネージャーにご連絡ください。お客様の IT 課題の解決をお手伝いします。

Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションをすでにご利用ですか?

Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションには Insights が組み込まれており、少ない労力で Red Hat 環境を完全に管理できます。

サービスとプログラム

さらにご満足いただくために

コンサルティング

Red Hat の技術エキスパートが、Red Hat Insights でセキュリティ、パフォーマンス、安定性を最大限に引き出し、ダウンタイムを防止するあらゆる方法を示します。

パートナープログラム

Red Hat Connect は、Red Hat との共同作業によって理想的なカスタマーソリューションを構築し、提供するサービスを Red Hat 製品でサポートする、パートナーコミュニティです。ともに力を合わせて成功を目指します。

Red Hat Insights の詳細はこちら