お問い合わせ

Red Hat、クラウドサービスのポートフォリオを進展させ一貫性とスケーラビリティのある最新アプリケーション開発体験を提供

Red Hat Cloud Servicesポートフォリオの内容を新たに進化させ、企業がハイブリッド環境全体にわたるクラウドネイティブ・アプリケーションの構築、実装、管理、およびスケーリングを行う中で、完全マネージドの合理化されたユーザー体験を提供すると発表しました。

東京 -

[マサチューセッツ州ボストン2022年5月10日(現地時間)発表]アメリカ報道発表資料抄訳

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc. (以下Red Hat)は本日、Red Hat Cloud Servicesポートフォリオの内容を新たに進化させ、企業がハイブリッド環境全体にわたるクラウドネイティブ・アプリケーションの構築、実装、管理、およびスケーリングを行う中で、完全マネージドの合理化されたユーザー体験を提供すると発表しました。

お客様は、ハイブリッド環境の複雑性を除去し、アプリケーションインフラストラクチャの復元性、管理性、観測性の向上を可能にするソリューションを必要としています。

アシェシュ・バダニ

Red Hat 製品担当シニア・バイスプレジデント

ハイブリッド運用環境はほとんどの企業にとって依然として現実的な運用方法です。業界アナリスト企業のIDCによると、「2024年までに、50%の企業はクラウドネイティブ・テクノロジーを含むクラウドサービスによって提供される抽象化を基盤とするアプリケーションを使用し、あらゆる場所での実行の一貫性を実現する」1 と予想されます。企業は顧客の要件を満たす革新的な体験の提供に努めているため、規模の拡大に伴う複雑な問題の軽減に役立つハイブリッド・インフラストラクチャが必要です。

Red Hat Cloud Servicesは、ハイブリッドクラウドの複雑性に対処するように設計されています。企業は、アプリケーション・スプロールやモノリシック・アプリケーションのサポート等の課題に直面しており、成功を収めるためには、アプリケーションをモダナイスするとともに提供までの時間と運用のオーバーヘッドを低減するツールが必要です。

クラウドネイティブ・アプリケーションの開発に取り組む企業を支援するために、Red Hatは以下の新しいクラウドサービスを発表しました:

  • Red Hat OpenShift Service Registry:開発チームによるアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)とスキームの公開、発見、および再利用を支援します。

  • Red Hat OpenShift Connectors:各種サードパーティ・システムに対する構築済みのコネクティビティを提供し、Apache Kafka用のRed Hat Openshift Streamsとのノーコード統合を実現します。

  • Red Hat OpenShift Database Access:ハイブリッドクラウド環境全体にわたり一貫性のあるDatabase as a Service(DbaaS)の消費体験を提供します。これにより、OpenShiftのシステム管理者が複数のサードパーティ・データベース・サービスのプロビジョニングとアクセス管理を容易に行うことが可能になり、クラウドデータベースのプロビジョニングとアクセスに関する開発者体験が簡素化されます。

Red Hat Cloud Servicesのポートフォリオは、業界トップクラスのエンタープライズKubernetesプラットフォームであるRed Hat OpenShiftと緊密に統合されています。OpenShiftは、既存アプリケーションのモダナイズやクラウドネイティブ・アプリケーションの構築、開発の合理化、アプリケーションへの自律性の追加、およびサードパーティ・サービスの統合のための基盤を提供します。

本日、Red Hatは既存のCloud Servicesの製品についても以下の改善を発表しました:

  • Red Hat OpenShift Data Science:機械学習(ML)モデルの開発、トレーニング、およびテストを迅速に行うための完全サポート付きのサンドボックスを提供するデータ・サイエンティストと開発者向けのマネージド・クラウドサービスが、OpenShift DedicatedとRed Hat OpenShift Service on AWSのユーザー向けのアドオンとして利用可能になりました。PCIを含む、コンプライアンスのサポートを向上させるためのアップデートが追加されています。これにより、お客様は今年後半にプレミア・データ・パートナーであるStarburstのマネージドISVソリューションも利用できるようになります。

  • Red Hat OpenShift Streams for Apache Kafka:完全ホスト型およびマネージド型のKafkaサービスで、新たに細かいIDおよびアクセス管理と、メトリックスおよびモニタリング・ダッシュボードへのアクセスをサポートしました。PCI認定も追加され、コンプライアンスの向上を実現します。

  • Red Hat OpenShift API Management:ホスト型およびマネージド型のOpenShift API Managementサービスを通してAPIファースト・アプリケーションの迅速な開発と実装を実現するもので、Developer Sandbox for Red Hat OpenShift 内で試用可能になりました。PCI、ISO、およびSOC2認定を含むセキュリティとコンプライアンスのサポート向上のためのアップデートとAPIデザイナーのプレビューが追加されています。

BITMARCKボストン大学electrical training ALLIANCEは、Red Hatのクラウドサービスを利用してクラウドネイティブ・アプリケーションの構築、実装、管理、およびスケーリングを行っています。完全ホスト型およびマネージド型のクラウド製品であるこれらのサービスは、運用の責任とサポートをRed Hatに委譲し、新しい革新を推進し需要への対応に専念することを可能にします。

ITとビジネスのニーズが進化し続ける中で、Red Hatは製品とソリューションを急速に革新し、企業によるアプリケーションの開発および提供作業のモダナイズをサポートしています。

サポートコメント

Red Hat 製品担当シニア・バイスプレジデント アシェシュ・バダニ
「お客様は、ハイブリッド環境の複雑性を除去し、アプリケーションインフラストラクチャの復元性、管理性、観測性の向上を可能にするソリューションを必要としています。Red Hatは、ハイブリッド・イノベーションの時代に対応し、開発者とオペレーターの両方の生産性を高めるために最適化された新しいクラウドサービスとアップデートで、こうしたニーズへの対応を支援しています。これらの進展によって、リーダーは新しい製品やサービスの市場投入の迅速化とビジネス価値の推進に専念できるようになります。」

electrical training ALLIANCE  ITアーキテクト Stephen Boyd氏
「Red Hatとの提携によって、次世代の電気技術者のための高品質なトレーニングと教育管理を提供するETAの能力が大きく進化し、デジタル変革の行程が全体的に整備されました。Red Hat OpenShift API Managementのマネージド型サービスを通して受けているサポートによって、ビジネスへの貢献とお客様に可能な限り最高の体験を提供することに、より集中できるようになりました。」

BITMARCK チーフ・エンタープライズ・アーキテクト Dirk Schäfers氏
「Red Hatは、当社のクラウドベースのソリューションの立ち上げをうまくサポートしてくれました。Red Hat Integrationが提供する柔軟性と、Red Hat OpenShiftの基盤に支えられて、当社のビジネス製品を迅速かつ容易にモダナイズすることができました。このアプリケーションは当社のビジネスに変化をもたらすだけでなく、健康状態の全過程を通して患者と医療提供者へのアクセスが必要なときにヘルスケア分野のお客様をサポートできるようになります。」

Starburst テクノロジー・パートナーシップ責任者 Harrison Johnson氏
「StarburstとRed Hatは、AI/MLアプリケーションのデータ・スプロールと複雑性の増大に対処するために、Starburst Enterpriseと完全マネージド型の製品のStarburst Galaxyという、Red Hat OpenShift Data Science上の2つの製品で協業しています。現在進行中の協業を通して、両社はデータサイエンスのライフサイクルの基盤として信頼できるスケーラブルなプラットフォーム上でのデータへの柔軟なアクセスの提供に焦点を当て、企業が作業を迅速化できるようにします。」

 1 出典: IDC FutureScape: Worldwide Cloud 2022 Predictions、2021年10月、文書番号US47241821

関連リンク

その他のリンク

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-4590-7472
  • Red Hatについて
  • エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。



  • 将来予想に関する記述
  • ここに記載されている過去の事実に関する情報および論述を除き、本プレスリリースに含まれている記述は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内における「将来の見通しに関する記述」に相当するものである場合があります。将来の見通しに関する記述は、将来の事業および業績に関する同社の現時点での想定に基づいています。これらの記述には、さまざまなリスク、不確定要素、およびその他の変動要因が伴っており、それらのために実際の結果がここに記載された見通しとは著しく異なったものになる可能性があります。本プレスリリースの将来の見通しに関する記述は、いずれもそれが公表された時点におけるものにすぎません。法律によって義務付けられている場合を除き、同社は将来の見通しに関するいかなる記述についてもその更新または訂正を行う義務は一切負いません。

    ###

    Red Hat、Red Hatロゴ、Ansible、およびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。