お客様事例

ルフトハンザ テクニック、航空会社のオペレーションを最適化するためのクラウド・プラットフォームを構築

会社概要

業界:物流と交通運輸 (航空サービス)
地域:EMEA
本社:ドイツ、ハンブルク
企業規模:従業員 26,000 名、子会社 35 社

アイデアが浮かんだ瞬間、すぐに商品の開発を開始できます。これは、これまでに経験したことがないアジリティです。

ルフトハンザ テクニック AVIATAR テクノロジー・インフラストラクチャ責任者 Tobias Mohr 氏

会社概要

航空機の整備、補修、オーバーホール (MRO) サービスを提供する世界最大の独立系プロバイダー、ルフトハンザ テクニックは、航空業界向けのデジタル・プラットフォームを構築したいと考えていました。このプラットフォームは AVIATAR と呼ばれ、航空会社がデータを使用して整備を効率的に管理しスケジュールすることによって、遅延やキャンセルを回避できるよう支援します。同社は、Red Hat のエンタープライズ・オープンソース・ソフトウェアをベースにしたハイブリッドクラウド・インフラストラクチャを使用して、AVIATAR を構築し運用することを決めました。ルフトハンザ テクニックは現在、世界中の航空会社の業務最適化を支援する革新的なデジタル・プラットフォームを提供しています。

2018 年 Red Hat Innovation Award 受賞者

ルフトハンザ テクニック、データを活用して航空網の遅延を解消

ルフトハンザ テクニックは、Red Hat ソリューションを使用して航空会社の技術業務を改善し、乗客に質の高いエクスペリエンスを提供する、デジタル・プラットフォームを構築しました。

成功への道のり

課題:航空技術業務の改善

ルフトハンザ テクニックは、コスト、生産性、乗客のエクスペリエンスを改善するために、航空会社がデータを使用して整備作業をより効率的に管理しスケジュールできるよう支援したいと考えていました。同社のソリューションである AVIATAR は、開発と運用における、エンドユーザー向けのデジタル製品をサポートします。このソリューションを構築するために、ルフトハンザ テクニックは、業界データの共有リポジトリを使用して複数のアプリケーションを実行できる、柔軟でスケーラブルな環境を必要としていました。同社はまた、オンプレミスからクラウド・インフラストラクチャに移行し、DevOps のアジャイルな作業アプローチを採用したいと考えていました。ルフトハンザ テクニックで AVIATAR のテクノロジーとインフラストラクチャの責任者を務める Tobias Mohr 氏は次のように述べています。「新しい機能を 1 日に数回配信して、フィードバックをすばやく入手したいと考えていました」

お客様事例

ルフトハンザ テクニックが Red Hat 製品でデジタル基盤を構築

ソリューション:オープンソースのクラウド・プラットフォームを構築する

ルフトハンザ テクニックは、AVIATAR を構築して運用するために、オープンソース・テクノロジーを使用し、ハイブリッドクラウド・アプローチに移行したいと考えていました。ルフトハンザ テクニックで AVIATAR のアプリケーション開発/UX を担当するシニアディレクター、Johannes Hansen 氏は次のように述べています。「私たちは、プロプライエタリーなプレイヤーではなく、オープンなマーケットプレイヤーになることを目指しています」同社は、コンテナ、ストレージ、管理、自動化、計算、統合テクノロジーなどの新しいオープンな環境に、エンタープライズ向け Red Hat® ソリューションを導入することを決めました。AVIATAR チームは Microsoft や Red Hat と協力しながら、新しいハイブリッドクラウド環境を構築し、わずか 100 日間で初期バージョンを稼働させることに成功しました。

結果:アプリケーションの開発とデリバリーをスピードアップ

ルフトハンザ テクニックの新しいインフラストラクチャは、セルフサービス機能、自動化、アジャイルな DevOps プロセスを備えており、より迅速なアプリケーション・ワークフローを提供します。また、社内インフラストラクチャとサードパーティのソリューションのコラボレーションを強化します。AVIATAR により、以前は数か月から数年かかっていた新規アプリケーションのデリバリーを、わずか数週間にまで短縮できるようになりました。Mohr 氏は次のように述べています。「アイデアが浮かんだ瞬間、すぐに商品の開発を開始できます。これは、これまでに経験したことがないアジリティです」ルフトハンザ テクニックでは、AVIATAR を導入することによって、参加する航空会社の MRO コストが大幅に削減され、航空会社 1 社あたりの数百万ユーロとなると予測しています。Hansen 氏は次のように述べています。「タイトなスケジュールや乗客の高い期待により、平均的な航空会社にとって、遅延した便に直接関係するコストは急速に増加しています。AVIATAR はこのようなコストを大幅に削減してくれます」

AVIATAR を導入した結果、乗客が時間どおりに帰宅して家族と一緒に過ごせる時間が増えたことは、私たちのモチベーションにつながっています。乗客のエクスペリエンスが大幅に改善されたことは、私たちの大きな誇りです”

Johannes Hansen 氏、ルフトハンザ テクニック、AVIATAR 用アプリケーション開発/UX 担当シニアディレクター