プレスリリース

Red Hat OpenStack Platform 9の提供開始に伴い複数のOpenStackサービスにわたり機能のアップデートを提供

堅牢で実稼働可能なOpenStack環境への顧客の需要に対し高度なアップデート、システムおよび統合管理能力が対応

東京

[ノースカロライナ州ラーレー – 2016年8月31日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、Red Hat OpenStack Platform 9の提供開始を発表しました。その高度にスケーラブルで、オープンなInfrastructure-as-a-Service (IaaS)プラットフォームは、プライベートクラウド、パブリッククラウド、ネットワーク機能仮想化(NFV)環境をデプロイ、スケール調整・管理するように設計されています。Red Hat OpenStack Platform 9は、OpenStackコミュニティの「Mitaka」のリリースに基づき、顧客に対して、Red Hat Enterprise Linux 7.2、Red Hat Ceph Storage 2、およびRed Hat CloudFormsと統合されたハイブリッドクラウド管理、および監視用のよりセキュアで本番稼働可能な自動化されたクラウドプラットフォームを提供します。

Red Hat OpenStack Platformは、BBVACambridge UniversityFICONASAのJet Propulsion LaboratoryPaddy Power BetfairSantander Bank、およびVerizonのような世界中の数百の顧客にわたるプライベートクラウドを動かすための実績のあるソリューションとして台頭してきました。それはCisco、Dell、Intel、Lenovo、Rackspaceなどを含むパートナーの堅牢なエコシステムによって支えられています。Red HatはそのプラットフォームをRed Hat Enterprise Linux、および最近アップデートされたRed Hat VirtualizationのKVM(カーネルベースの仮想マシン)の仮想化層と共に開発し、統合しています。今月初め、Red Hatは、x86サーバー仮想化に関する2016年ガートナーのマジック・クアドラントで「Visionary(ビジョナリー)」に指定されました。

Red Hat OpenStack Platform 9は、サービス機能性、サードパーティドライバ、システムの性能とセキュリティを中心に展開される実稼働のOpenStack環境で必要な重要な依存性を提供するため、実績があり信頼されているRed Hat Enterprise Linuxを基礎として構築されています。ミッションクリティカルな業務のために自動化されたアップグレードおよびアップデートパスを提供する実稼働可能な唯一のOpenStackディストリビューションで、アップストリームのMitakaバージョンからの重要なアップデートを、ほぼすべてのOpenStackサービスに提供します。

 

  • Red Hat OpenStack Platform Directorによる自動アップデートおよびアップグレード

-Red Hatは、アップストリームコミュニティプロジェクトのTripleO(OpenStack on OpenStack)に基づき、ユーザーがOpenStackデプロイメントを、Red Hat OpenStack Platform Directorの自動化および妥当性確認メカニズムを通じてアップグレードできるようにします。このインプレースアップグレードツールは、最新のOpenStackの進歩を活用するための簡潔な方法を提供する一方で、実稼働環境でのダウンタイムを防止します。

  • ライブマイグレーションの改善およびOpenStack Compute (Nova)からの選択可能なCPUピニング

-コンピュートコンポーネントは現在、ライブマイグレーションプロセスのより速くて強化されたインスタンスを提供し、システム管理者がその進捗を観察し、マイグレーション作業を一時停止および再開することを支援します。新しいCPUピニング機能は、NFVのようなレイテンシーの影響を受けやすいワークロードに合わせて動的にハイパーバイザーの挙動を変更できるため、きめの細かい性能制御を可能にします。

  • OpenStack Block Storage (Cinder)でのGoogle Cloud Storageバックアップドライバのテクニカルプレビュー

-Red HatとGoogleとの継続的な協業の一部として、Red Hat OpenStack Platform 9の新しいディザスタリカバリポリシーが、Google Cloud Storage用に作成された統合ドライバを使用するパブリッククラウドに拡張されています。この新しい機能により、ハイブリッドクラウド全体にわたるクリティカルデータのセキュアなバックアップが可能です。


OpenStack向けの管理

OpenStackプライベートクラウドを構築するシステム管理者のために、サービスデリバリーの加速化を支援し、セルフサービスを可能にするため、Red Hat OpenStack Platform 9はRed Hat CloudFormsと接続し、一貫性のある自動化されたクラウドデプロイメント環境を提供します。Red Hat CloudFormsは、Red Hat OpenStack Platformサブスクリプションに含まれており、OpenStackリソースの固有の発見、監視、綿密な調査を提供し、すべてのOpenStackインフラストラクチャコンポーネントにわたるポリシーベースの運用およびライフサイクル管理、ならびにOpenStackでの仮想化されたワークロードの実行を可能にします。

さらに、アップデートされたRed Hat OpenStack Platform Directorは、Red Hat Ceph Storageもデプロイできます。これは、Red Hat OpenStack Platformプライベートクラウド用の業界最高レベルの統合ソフトウェアデファインドストレージソリューションです。Red Hat OpenStack Platform 9には、堅牢なスケールアウト型クラウドストレージソリューションを評価する顧客のために、64TBの無料のオブジェクトおよびブロック・ストレージが含まれています。

 

サポートコメント

Red Hat OpenStack担当ゼネラルマネージャー Radhesh Balakrishnan

「お客様がOpenStackデプロイメントに加えて、より高度なワークロード能力を引き続き必要としていることから、Red Hatは、プライベートクラウドを構築するためのセキュアでフレキシブルな基盤以上のものを提供するために、Red Hat OpenStack Platformをアップデートしています。今回のRed Hat OpenStack Platform 9のリリースに伴い、プライベートクラウドを展開する企業、およびNFVをデプロイするサービスプロバイダーの本番稼働の要求を満たすための能力を、引き続き追加いたします。」

 

Dell エンジニアドシステム、HPC、およびクラウド担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Jim Ganthier

「実稼働環境でのOpenStackの採用は増加しており、それとともに、強化された管理能力およびシームレスに統合された企業能力に対する要求も増えています。DellとRed Hatの継続的で緊密な協業と共同開発作業は共に、これらの能力を高度化および統合して、Red Hat OpenStack Platform 9およびRed Hat OpenStack Platform DirectorによるOpenStackのアップデートとアップグレードを自動化し、お客様がOpenStack駆動クラウドで事業目標をより速く容易に達成するのを支援します。」

 

Intel ソフトウェアデファインド・インフラストラクチャ担当バイスプレジデント Jonathan Donaldson
「企業および通信サービスプロバイダーは、クラウドデプロイメントを促進するために、強化されたOpenStackディストリビューションを求めており、OpenStack最適化は、Intelの「Cloud for All」イニシアチブの中心になっています。当社とRed Hatとの協業の長い歴史は、アップストリームで企業の最適化を提供するだけでなく、Red Hat OpenStack Platformが、下流でIntelアーキテクチャ能力を確実にフル活用することにまで及んでいます。Red Hat OpenStack Platform 9の提供は、数万のクラウドのデプロイメントを加速化するための当社とRed Hatとのコラボレーションにおける最新の進歩です。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できる かに関するリスク、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の年次報告書(コピーは SECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載 さ れているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げら れます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変 更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記 述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新 することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいか なる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、JBoss、Ansible、Ceph、CloudForms、Gluster、OpenShiftは、米国とその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国とその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。