EX248

RHCJA認定試験

情報を表示しています:

RHCJA(EX248)は、Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform(JBoss EAP)でアプリケーションをインストール、設定、監視、管理、およびデプロイするための知識とスキルをテストする実技試験です。

RHCJA 認定試験は、JBoss EAP とそのアプリケーションのデプロイ、実装、および管理を担当するシステム管理者やアプリケーション開発者を対象としています。

この試験は、JBoss EAP 7 に基づいています。

準備

この試験を受験する前に、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) または Red Hat 認定エンジニア (RHCE) の認定を取得することをお勧めします。ただし、いずれも必須ではありません。Java Enterprise Edition の基本概念を理解しておくと役に立ちますが、受験者は開発者である必要はなく、また、この試験の内容にアプリケーション開発のタスクは含まれていません。

以下は試験において予測される作業領域です。試験の準備にご活用ください。これらの試験内容は、JBoss EAP 7 の両方に適用されます。

Red Hat は、認定試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

試験の学習ポイント

RHCJA 認定試験の受験者は、JBoss EAP を使用して、以下のタスクを 1 人で実行する能力が求められます。タスクをカテゴリごとにまとめていますので、試験の準備にご活用ください。

JBoss EAP のインストールと管理
  • JBoss EAP をシステム内の特定の場所にインストールする
  • JBoss EAP にアクセスして保守するための最小限のセキュリティ要件を設定する
  • 支給されたツールを使用して、JBoss EAP にアクセスして管理する
  • 少なくとも 2 つのホスト(1 つのホストで複数のサーバーを管理)にまたがるマルチノード / マルチサーバー JBoss EAP ドメインを設定して起動する
JBoss EAP ドメイン、ホスト、サーバーの設定
  • JBoss EAP ドメイン、ホスト、サーバーを作成および削除する
  • 個々の JBoss EAP ドメイン、ホスト、サーバーを起動、監視、停止する
  • ホスト、サーバーグループ、サーバーの各レベルでの Java メモリー使用量を設定する
クラスタ化された HA 動作をサポートするための JBoss EAP の設定
  • JBoss EAP サービス(アドレスとポートの両方)用に永続ネットワークバインドを設定する
  • TCP ユニキャストネットワーキングを使用した高可用性クラスタリングの設定
  • クラスタノード間の通信チャネルのセキュリティ保護
JBoss EAP の監視と管理
  • 設定スナップショットを作成およびリストアする
  • JBoss EAP ログを設定する
Java メッセージングサービスの設定
  • JMS トピックとキューを削除、作成、設定する
  • JMS の宛先にセキュアにアクセスする
アプリケーションの管理
  • アプリケーション要件に基づいて、適切な JBoss EAP サーバープロファイルを選択する
  • データソースを設定する(XA と非 XA の両方)
  • アプリケーションをデプロイおよびデプロイ解除する
  • 追加ライブラリとドライバーをデプロイおよびデプロイ解除する
  • Web アプリケーションをルートコンテキストにデプロイする
JBoss Web コネクターの設定
  • 必要に応じて JBoss EAP Web プロパティを調整および設定する
  • SSL 暗号化接続を設定する
JBoss EAP セキュリティの設定
  • セキュリティドメインを作成、変更、使用する
  • JBoss EAP を LDAP や DBMS などの指定された外部セキュリティソースに接続する
  • JBoss EAP サービスにセキュアにアクセスする

知っておくべきこと

経験を積むことが、試験の準備に最も役立ちます。しかし、経験を積んでいても知識にギャップがある場合を想定し、Red Hat では、RHCJA 受験者の全員が JB248 JBoss for Administrators I コースを受講するようお勧めしています。このコースはこのトピックの入門であり、経験を補うものとして効果的であり、試験対策として役立ちます。コースを受講することは必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のコースを受講することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、実務、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

試験の形式

RHCJA 認定試験は、JBoss EAP をベースにしているか使用しているエンタープライズアプリケーションの管理について、受験者のスキルと知識を評価する実技試験です。

受験者は通常のシステム管理で必要となるさまざまな作業を実行し、基準を満たしているかどうかを評価されます。実技試験では、受験者は実際の業務と同様のタスクを実行する必要があります。

RHCJA 認定試験は 4 時間の実技試験です。試験中はインターネットへの接続はできません。試験会場に資料や電子文書を持ち込むことは禁止されています。持ち込みが禁止されている資料には、ノートや書籍、その他の資料が含まれます。インターネットアクセスは厳格に制限されます。JBoss EAP に付随するドキュメントは、試験中に使用することができます。

Red Hat は、試験の時間やポリシーなど、試験の形式を変更する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

RHCJA 認定試験の環境

試験で扱う環境は Red Hat Enterprise Linux® 6 システムです。このため、Linux または UNIX の使用経験があると役立ちます。この試験はオペレーティングシステムの管理スキルを問うものではないので、Linux / UNIX の経験が豊富である必要はありません。作業のための完全なデスクトップ環境が用意され、参照用の基本コマンドリストと、Red Hat Enterprise Linux に付属する man ページやその他ドキュメントが提供されます。

Linux のスキルを練習する環境として、Fedora を無料で使用できます。Live CD バージョンを使用すると、Fedora をコンピュータにインストールせずに操作できます。Red Hat Enterprise Linux と完全に同じ環境ではありませんが、求められる習熟度としては十分に近い環境です。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Centralから送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業(*1)以内に送付されます(*1: 日本では 1 週間以内にメールで合否が通知されます)。

試験結果にはセクションごとの得点のみが記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

対象者と前提条件

Red Hat JBoss EAP でアプリケーションをインストール、設定、監視、管理、およびデプロイするのに必要なスキルと知識を証明する認定資格を取得したい IT プロフェッショナル

  • アプリケーションサーバーシステムの管理者
  • アプリケーション管理者
  • アプリケーション開発者
  • デプロイ管理者
  • システムアーキテクト
  • 品質保証エンジニア

受験の前提条件

受験者は次の条件を満たしている必要があります。