検索

日本語

日本語

ログイン

ログイン/登録

Web サイト

管理

Red Hat Smart Management

Red Hat 製インフラストラクチャの管理方法を改善。どこにあっても、より便利に。

Red Hat Satellite の柔軟で強力なインフラストラクチャ管理機能と Red Hat Enterprise Linux® のクラウド管理サービスのシンプルさを組み合わせたのが、Red Hat® Smart Management です。物理的なコンピュータからハイブリッド・マルチクラウドまで、Red Hat Enterprise Linux がサポートするあらゆる環境をよりセキュアに管理できます。

特長とメリット

環境全体の管理

オンサイトでもクラウドでも、稼働しているその場所で Red Hat Enterprise Linux を管理。

クラウドに特化した管理機能

使用しているすべてのクラウドベースの OS を対象に、システムパフォーマンスの評価、レポートの作成、セキュリティ問題の修復を実行。

オープンソースの専門家による製作

あらゆる環境で毎日使っている OS を提供している会社が設計した管理ソリューション。

機能

標準運用環境を維持

Red Hat Satellite を基盤に持つ Red Hat Smart Management には、脆弱性の管理、コンプライアンスの検証、異種環境にあるシステム同士の比較について、管理者に役立つセキュリティ機能が搭載されています。

共通脆弱性識別子 (CVE) に登録されている脆弱性の評価、監視、レポート、修復

脆弱性関連機能でできること

  • 共通脆弱性評価システム (CVSS) に基づく、CVE 脆弱性の表示、並べ替え、優先順位付け
  • 脆弱性の影響を受けるシステムの分布と影響の深度の把握
  • Ansible Playbook による CVE 脆弱性の緩和または修復
  • 脆弱性レポートの作成

各業界に特有のコンプライアンス問題の評価、監視、レポート、修復

コンプライアンス関連機能でできること

  • 標準セキュリティ・チェックリストと監査ツール OpenSCAP による、複数のコンプライアンス・ルールに違反しているシステムの識別
  • 適用される複数のポリシーや標準を基準とした、各環境のコンプライアンス準拠率の評価
  • Ansible Playbook によるコンプライアンス違反環境の修復
  • コンプライアンス・レポートの作成

環境の設定の比較による差異の識別と、トラブルシューティングの支援

システム比較機能でできること

  • 現在のシステムと他のシステムとの比較による差異の識別と、運用に関する問題のトラブルシューティング
  • 変更履歴のトラッキングによる、システムの経時的変化の確認
  • 状態 (相違点、類似点、不足) によるフィルタリング
  • レポートの作成

Red Hat を活用する

Red Hat のサブスクリプションでは、受賞歴を誇るサポート、パートナーやお客様、エキスパートで構成される業界最大規模のエコシステム、ハードウェア認定、そして最高の機能を見いだし、エンタープライズ製品向けに強化する場として Red Hat が利用するオープンソース・コミュニティをご利用いただけます。

さらに高度なサポートが必要な場合は、テクニカルアカウントマネージャーにご連絡ください。お客様の IT 課題の解決をお手伝いします。

サービスとプログラム

さらにご満足いただくために

コンサルティング

Red Hat の戦略的アドバイザーが、Red Hat Smart Management で環境全体の管理を改善する最善の方法をご案内します。

開発者プログラム

アップストリームのオープンソース管理製品コミュニティにご参加ください。

クラウド OS の管理を始めるには