関連資料

Red Hat Enterprise Linux 5 の機能と利点

2007 年 3 月に初めてリリースされた Red Hat® Enterprise Linux® 5 には、幅広い機能をカバーする 1200 個以上のコンポーネントが含まれています。Red Hat Enterprise Linux を採用すれば、CIO や IT マネージャーはコンピューティングインフラストラクチャ全体にわたって、運用の柔軟性を向上させつつコストを削減することができます。

次のリストに、特に重要な機能拡張の概要を示します。

Red Hat Enterprise Linux 5 による仮想化

  • 仮想化は、すべての Red Hat Enterprise Linux サーバー製品で提供されており、デスクトップ製品でもオプションとして利用できます。
  • Red Hat Network は、仮想化したゲストオペレーティングシステムをサポートしています。
  • 単一のシステム向け、またはスクリプトによる仮想管理を行うための管理ツールとして、virt-manager および libvirt/virsh が用意されています。
  • 企業における仮想化管理を行うために、Red Hat Enterprise Virtualization との統合が可能になっています。
Red Hat Enterprise Linux 5 における仮想化のサポートの詳細

カーネルとパフォーマンス

  • 現在はアップデート 5
  • Linux 2.6.18 カーネルがベース
  • マルチコアプロセッサ向けに最適化
  • 最大限の柔軟性を確保するための継続的なハードウェアサポート
  • SystemTap などの開発ツールおよびパフォーマンスツール
  • SRIOV などの高度な I/O パフォーマンスおよび仮想化テクノロジー
  • 物理システムと仮想システムの両方について大規模な SMP をサポート
  • IPv4/IPv6 フラグメンテーションオフロードおよびバッファ管理
  • 動的に切り替え可能なキュー単位の I/O スケジューラ
  • カーネルのバッファスプライス機能による I/O バッファ動作の向上

パッケージング

サーバー:

  • Red Hat Enterprise Linux Advanced Platform
  • Red Hat Enterprise Linux

デスクトップ:

  • Red Hat Enterprise Linux Desktop

セキュリティ

  • SELinux の機能拡張: すべてのサービスにおけるマルチレベルセキュリティ、targeted ポリシーの適用など
  • SEtroubleshooter GUI による SELinux 管理の簡素化
  • 統合ディレクトリおよびセキュリティ機能
  • IPSEC の機能拡張によるセキュリティとパフォーマンスの向上
  • ExecShield の機能拡張: コールフレームの Canary ワード、ハッカーに対する防御の強化など
  • 新しい監査機能により、新しい強力な検索/レポート作成とリアルタイム監視を実現

ネットワーキングと相互運用性

  • ネットワークストレージの機能拡張: Autofs、FS-Cache、iSCSI のサポートなど
  • IPv6 のサポートと IPv6 への準拠の拡大
  • Windows のサポートなど、Microsoft® のファイル/印刷と Active Directory 統合の強化

デスクトップ

  • デスクトップの機能拡張: 設定ツール、アプリケーション、ノート PC サポートのアップデートなど
  • 基礎的な Stateless Linux 機能 (X 自動設定、NetworkManager など)
  • スタンバイなどの機能により ACPI サポートを強化
  • PKI/Kerberos 認証を使用したスマートカードログイン
  • 統合マルチメディアサポート
  • プラグアンドプレイ対応ハードウェアに対するサポートの強化 (カメラ、プリンタ、スキャナなど)
  • Network Manager による有線および無線ネットワークの自動構成
  • AIGLX/Compiz によるグラフィックスの強化 (フェード、透過など)

開発環境

  • アプリケーション開発ツールの強化: SystemTap プロファイラ、Frysk デバッガなど
  • GCC 4.1 および glibc 2.5 ツールチェーン

ストレージ

  • ルートデバイスのマルチパス I/O (MPIO) のサポートによって可用性を向上
  • Red Hat Global File System の単一システム/ゲストバージョンをベースサーバー製品に組み込む
  • ブロックデバイスのデータ暗号化のサポート

管理

  • アプリケーション開発ツールの強化: SystemTap プロファイラ、Frysk デバッガなど
  • GCC 4.1 および glibc 2.5 ツールチェーン

これまでの Red Hat Enterprise Linux AS、ES、WS および Desktop は、簡略化したサーバー製品とクライアント製品に移行されます。