ログイン / 登録 アカウント

Linux プラットフォーム

Red Hat Enterprise Linux

エンタープライズ・ハイブリッドクラウドのための基盤

Red Hat® Enterprise Linux® は、業界をリードするエンタープライズ Linux プラットフォーム*で、オープンソースのオペレーティングシステム (OS) です。この基盤を使用すると、既存アプリケーションの拡張と先進テクノロジーの展開を、ベアメタル、仮想、コンテナ、およびあらゆる種類のクラウド環境にわたって行うことが可能です。

*「Worldwide Operating Systems and Subsystems Market Shares, 2018」、2019 年 11 月発行

Red Hat Enterprise Linux 8.2 登場

最新リリースでは、新しい開発者ツールとセキュリティ証明書が追加され、自動化機能が拡張されています。

侵入を防ぎ、コンプライアンスを制御

管理者は、システム全体のセキュリティポリシーを使用してアルゴリズムの基準をセットアップし、アプリケーションが自動的に適切な暗号化パッケージを使用するようにできます。また、サブスクリプションには予測型 IT 分析サービス Red Hat Insights が含まれ、問題が顕在化する前に潜在的リスクを特定します。

Red Hat Insights
Web console

統合された管理機能で複雑さを軽減

組み込みの管理コンポーネントに含まれている使いやすい Web コンソールとアプリケーション・ストリームで、複数のアプリケーション・バージョンを複数のユーザーに提供できます。Red Hat Enterprise Linux を Red Hat Smart Management と組み合わせれば、オンサイトでもクラウド上でも標準運用環境を制御できます。

ネイティブ OS にコンテナをデプロイ

Red Hat OpenShift® をコンテナのネイティブ Linux OS 上で実行すれば、アプリケーションの開発を迅速化できます。システムをカスタマイズできるオープンソースツールや、その他の Open Container Initiative 規格互換のツールを使用して、コンテナをビルド、管理、共有しましょう。

Why containers

マルチプラットフォーム・サポート

パブリッククラウドで最も多くデプロイされている商用 Linux ディストリビューションとして、Red Hat Enterprise Linux は数百のパブリッククラウド・プロバイダーおよびサービスプロバイダーに加えて、数千もの多様なソフトウェアおよびハードウェアで認定されています。

記録的なパフォーマンス

極めて要求が厳しいワークロードでも 99.999% のアップタイムで実行します。世界記録を 17 回取得した Red Hat Enterprise Linux は、世界最速レベルのスーパーコンピュータでも利用されています。

オープンソース・イノベーション

サポートを受けながらオープンソースの先端技術を活用できます。Linux カーネルおよび数百のサブシステムへのトップコントリビューターである Red Hat は、お客様の要件をアップストリームに伝え、安定化された先端技術をお客様に還元します。

製品の互換性

Red Hat Enterprise Linux は、Red Hat およびその他のベンダー製の多数の製品と相互運用性があることから、ビジネスの問題解決に適しています。

Red Hat Enterprise Linux は IBM Power サーバーおよび IBM Z メインフレームからクラウドワークロードを稼働する Arm マイクロチップまで、複数のアーキテクチャをサポートしているため、適切なワークロードに適切なハードウェアを選択できます。このすべてを、1 つの OS を使用して標準化された手順で実行できます。

コンテナベースのアプリケーションを Microsoft Azure で実行する開発者を支援するため、両社のアライアンスの範囲が Microsoft SQL Server 以外にも広がりました。これにより、ハイブリッドクラウドとデータベースのデプロイに関する選択肢が、より幅広く柔軟になりました。

Red Hat Enterprise Linux for SAP Applications と Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions を使うと、インフラストラクチャを SAP アプリケーション向けに最適化できます。

その他のパートナー企業:

すべてを支える Red Hat Enterprise Linux

IT スタック内のテクノロジーは、すべてが連携して動作する必要があります。そして、そのような接続を支える OS には一貫性、信頼性、柔軟性が求められます。Red Hat Enterprise Linux はこのすべてを備え、さらには先進的な IT をつなぎ合わせる共通のリンクとしての機能も果たします。

Red Hat Enterprise Linux をご活用のお客様

Learn

Access application streams from the command line

In this guided learning scenario, experience the benefits of providing multiple app versions.

Conquer complexity with Red Hat Enterprise Linux 8

Follow the developer track to learn about toolsets and how to tune surrounding IT systems to maximize OS performance.

Red Hat Enterprise Linux Technical Overview (RH024)

Learn the technical basics of Red Hat Enterprise Linux through these no-cost, on-demand videos.

Work in the web console

Experience the user-friendly management system in this guided learning scenario.

RHCSA Rapid Track Course (RH199)

Combine Red Hat System Administration I (RH124) and II (RH134) into a single accelerated course.

Conquer complexity with Red Hat Enterprise Linux 8

Follow the operations track to demystify systemd and learn how Red Hat Enterprise Linux helps admins with less Linux experience.

Conquer complexity with Red Hat Enterprise Linux 8

Follow the business track to learn how our OS can help your teams work faster.

The Red Hat Enterprise Linux advantage

Red Hat subscriptions give you access to open source communities and networks of customers and suppliers.

Understanding Linux

Learn what Linux is, why there are so many Linux distributions, and what the difference is between an open source operating system and an enterprise open source operating system.

トレーニングと認定

ラーニングサブスクリプションを試す

Red Hat ラーニングサブスクリプションの 7 日間無料トライアルで、厳選したラボやコースに、制限付きのセルフサービスでアクセスできます。