ログイン / 登録 アカウント

ブランド標準

ブランド標準とは、企業のアイデンティティを表すソースコードと言えます。あらゆるタイプのメディアで Red Hat がどのように見られ、どのように受け止められるかを規定します。Red Hat のルールを明文化したもので、従うべきものです。ただし、一部の共同努力がそうであるように、これもまた作成途上であり、新たな課題に合わせて常に成長、改良、適応しています。

Jump to section
Red Hat logo

これが Red Hat のロゴで、赤い帽子と「Red Hat」ワードマークです。

柔軟なシステム

Red Hat のロゴは柔軟で多目的に対応します。イベントの道案内、Web ページ、建物、記念グッズなどに、最適なバージョンを選べます。

主なブランド戦略では、コーポレートブランドを常に優先することになっています。各製品ロゴでは Red Hat ロゴに続けて製品名を付加します。

この方法は単純で、成長に伴って簡単に拡張できるので、各製品サービスが主要ブランドである Red Hat をサポートしながら共存できます。

Red Hat Enterprise Linux logo

Red Hat 公認であることを示すことで、別のブランドやプログラムの品質、価値、専門性に対する信頼と評判が高まります。Red Hat のポートフォリオ内で複数のブランドを結びつけて公認とすることも、各ブランドが異なる対象顧客に対応したり、別のブランドストーリーや価値提案を提供したりすることもできます。

Example of endorsement logo

Red Hat 認定は、実践的な実技ベースのテストにより、個人の技術的スキルと知識を検証します。Red Hat 認定プロフェッショナルだけが認定マークを使用できます。

Certification logo example

チームロゴは、有能で起業家精神を持つ Red Hat 社員で構成されるグループに、Red Hat 製品や他の組織と混同されないような一貫した方法でチームの貢献を表現する機会を与えるものです。

ロゴを希望する部門、チーム、ロールには、Red Hat の組織構造を反映する、説明的な固有の名前が付いていなければなりません。どの名前も「チーム」、「部門」、「マネージャー」などの説明的な単語を含み、「Red Hat」が名前の先頭に来るようにします。

Team logo example

共同ブランドは、Red Hat とパートナーや顧客など別の企業との関係を示します。どのパートナーシップも同じではありません。共同ロゴを使用する前に、Red Hat とパートナーまたは顧客の両者の権利を確認し、適切な許可を得る責任があります。

パートナーは Red Hat Partner Connect から該当するロゴをダウンロードできます。

Co-brand logo example

ブランド戦略

ブランド戦略は、ビジュアル・アイデンティティから、市場における Red Hat 自身と製品の見せ方に関するきめ細かな決定事項まで、すべての指針となり、すべての情報を提供します。

ブランドはロゴだけではない

ブランドを決めるのはロゴとビジュアルだけではありません。使用する色と書体も企業を定義する要素です。

「自由な表現を可能にするために統一すべき要素は何でしょうか」
— Red Hat オープンソース・アフェアーズ バイスプレジデント Michael Tiemann (マイケル・ティーマン)

この言葉は、オープンスタンダードを基盤にするメリットを表しています。同じ色や書体を使うなど、定めるルールを少数にすることで、ブランドを強化しつつ、無駄な作業を省いて創造性と革新性を高められる強力な基盤が形作られます。

Red Hat のブランドアセットにおいて、「赤」という色はロゴに次いで印象の強い要素です。公式カラーを決めるのは難しくありませんでした。赤にはエネルギー、力強さ、能力、意志、情熱、愛情、勇気の意味があります。また、革命を表す色でもあります。

書体

Red Hat が提示する文字の外観は、ブランドがどう響くかという点で選んだ語句そのものと同じくらい重要です。この理由から、Red Hat の個性に合わせたオープンソースの書体ファミリーを開発しました。

すべてをまとめる

これらの要素を組み合わせると、過去にとらわれない、新鮮で見やすい、柔軟なビジュアルシステムが完成します。これにより、製品やサービスのロゴデザインを統一し、内部のチーム、プロジェクト、プログラムで一貫性のある明確なデザインを使用し、成長しながらブランドを育てていくことができます。

データシート、ホワイトペーパー、FAQ など、資料の種類に応じたガイドラインとテンプレートを用意しています。フォーマットの標準化により、コンテンツの作成や翻訳の効率が向上し、コンテンツ管理の精度も向上します。

Red Hat Summit の基調講演から会議室での営業ミーティングまで、Red Hat のプレゼンテーションは情報に富み、プロフェッショナルで、ブランドを反映させたものにしなければなりません。コンテンツは対象者にとって有意義で関連性を持つ必要があります。ストーリーには明確さと説得力が必要です。

テンプレートへの準拠が、関心を集める有意義なプレゼンテーションを作成するための第一歩です。

Red Hat 社給の文房具として、レターヘッド、名刺、封筒、メモ用紙など、ビジネス上のコミュニケーションに必要なものはすべて用意されています。

文房具を注文するときは、必ず Red Hat のグローバルサプライヤーを使用してください。

デジタルな表現で自分をどのように印象づけるかは、プロフェッショナルな名刺を持つのと同じくらい重要です。E メールに署名があると、送信者は誰か、何をしている人か、どのように連絡が取れるかを、受信者が把握するのに役立ちます。

E メールの署名はあなた自身と Red Hat の両方を表します。ロールによっては、お客様はあなたの署名を通して初めて Red Hat と関わりを持つ場合があります。

Red Hat ブランドの詳細

Red Hat では、オープンソースのアイデアが、職種を問わず、他者との優れた共同作業の創出に影響を及ぼし、改善をもたらすように努めています。Red Hat は、共通の問題を解決するために集う人々の力になりたいと思っています。

Cool Stuff Store

Red Hat の公式グッズを取り扱うワンストップショップ

The Open Brand Project

企業ロゴとブランドシステムの更新とシンプル化を図るオープンな取り組み

オープンソース・ストーリー

オープンソースによる世界の変革を紹介する動画、記事、スピーチなど

オープンスタジオ

Red Hat 社内のクリエイティブなコミュニティのストーリー

ご意見をお寄せください

Red Hat の成果はすべて、オープンなコラボレーションから生まれています。創造的プロセスの大半を占めるのが、お客様からのご意見とフィードバックを取り入れることです。