ログイン / 登録 アカウント

ロゴ

Red Hat 史上、赤い帽子は革命、解放、自由の象徴として使用されてきました。Red Hat の赤い帽子はソフトウェアの自由を象徴しています。

The Red Hat logo

共同設立者の Marc Ewing (マーク・ユーイング) がかぶった最初の赤い帽子は、コーネル大学のラクロスキャップでした。その帽子のおかげで、カーネギーメロン大学のコンピュータラボで補助をしていた彼を人はすぐに見つけることができました。最初の Red Hat® ロゴは山高帽のクリップアートでした。その後、大きな赤いパナマ帽をかぶって走る男性に変更しました。次のロゴは赤いフェドーラ帽をかぶった「Shadowman」で、設立者たちがアウトサイダー、破壊分子、革命家という評判を気に入って取り入れていた創生期のシンボルです。あるときはスーパーヒーロー、あるときは私立探偵という Shadowman は、赤い帽子をかぶり、コンピュータの問題を解決してくれる人物でした。

ロゴの帽子は Shadowman がかぶっていたものと同じフェドーラ帽で、新興企業から主流企業へと成長するなかでお客様、パートナー、コミュニティに対して築いた信頼と信用を体現しています。

今では、エンタープライズ向けオープンソース・テクノロジーのサポートが必要な人は赤い帽子を探すようになりました。

ビジネスパートナーは、Red Hat Partner Connect にログインして、使用権があるロゴをダウンロードできます。

ロゴのバリエーション

Red Hat のロゴの使用方法はただ 1 つではありません。Red Hat のロゴは、柔軟に利用できる体系を構成する要素で、配置方法に応じて最適なバージョンを選択できます。ロゴは縦長にも横長にも配置することができ、「Red Hat」の文字の大きさも大小を選べます。

Red Hat logo A sample

ロゴ A

ほとんどの場合、標準のロゴを選ぶと良いでしょう。横長のスペースに最適です。

Red Hat logo B sample

ロゴ B

帽子とワードマークはロゴ A と同じサイズですが、横に並ぶのではなく上下に重なっています。正方形に近いスペースでの使用に適しています。

Red Hat logo C sample

ロゴ C

文字を小さくして帽子を目立たせています。文字が読みやすいように広いスペースで使用すると効果的です。

Red Hat logo D sample

ロゴ D

小さな文字と積み重ね型レイアウトの組み合わせは、サイネージなどの正方形のスペースにぴったりです。

Red Hat logo sample: the hat alone

帽子のみ

非常に小さなスペースでは、帽子だけを使用します。帽子の高さは 16px (.22 in/5.5mm) 以上にしてください。

単独で使う場合、帽子は必ず赤にしてください。

Red Hat wordmark

ワードマーク

状況に応じてワードマークを単独で使用できますが、必ず帽子をその近くに配置してください。

帽子やワードマークを単独で使いたい場合は、まずブランドチームにご連絡ください

クリアスペース

余白を取って窮屈さを感じさせないロゴにする必要があります。「クリアスペース」とはロゴの周囲にある領域で、文字、目障りなグラフィック、その他のロゴを配置できない場所です。クリアスペースによって、ロゴの視覚的インパクトを妨げるものがなくなります。

たとえば、「オープンソース・リーダー」という見出しや語句をロゴの近くに配置すると、企業のスローガンというニュアンスが出てしまいます。これでは誤解を招きかねません。

他のデザイン要素の配置場所がロゴに近すぎると、ロゴの重要性が薄れてしまいます。

ロゴ A と B、およびワードマーク単独の場合、クリアスペースとしてロゴ全体に文字「e」の高さ以上を確保してください。

ロゴ C と D の場合、クリアスペースとしてロゴ全体に文字「e」の高さの 2 倍以上を確保してください。

帽子の場合、縁の幅以上のクリアスペースを確保してください。

色とロゴ

ロゴの背景が色付きの場合、視認性が何よりも重要になります。文字の色を背景に応じて切り替えてください。黒は明るい背景、白は濃い背景に使います





ロゴをフルカラーで表示できない場合や、背景色が赤の場合は、単色バージョンを使用します。できる限り、白や黒ではなく赤を選択します。






帽子を単独で使用する場合は、白や黒ではなく、赤でなければなりません。フルカラーと単色のどちらでも選べます。

Red Hat ブランドの詳細

Red Hat では、オープンソースのアイデアが、職種を問わず、他者との優れた共同作業の創出に影響を及ぼし、改善をもたらすように努めています。Red Hat は、共通の問題を解決するために集う人々の力になりたいと思っています。

Cool Stuff Store

Red Hat の公式グッズを取り扱うワンストップショップ

The Open Brand Project

企業ロゴとブランドシステムの更新とシンプル化を図るオープンな取り組み

オープンソース・ストーリー

オープンソースによる世界の変革を紹介する動画、記事、スピーチなど

オープンスタジオ

Red Hat 社内のクリエイティブなコミュニティのストーリー

ご意見をお寄せください

Red Hat の成果はすべて、オープンなコラボレーションから生まれています。創造的プロセスの大半を占めるのが、お客様からのご意見とフィードバックを取り入れることです。