通信業界

ネットワーク機能仮想化(NFV)

NFV とは

ネットワーク機能仮想化(NFV)は、通信サービスプロバイダー(CSP)が従来のプロプライエタリーなハードウェアから脱却し、効率性および堅牢性を高め、運用コストを削減できるようにするソフトウェアベースのソリューションです。

NFV は、ネットワークの高度な仮想化機能とクラウド・コンピューティング・プラットフォームの自動化機能を融合させます。これは、通信業界における新しい標準になりつつあります。

Red Hat® の NFV ソリューションは、OpenStack®、KVM、および DPDK の各プロジェクトに対する、Red Hat の主導的な貢献により生まれたものです。さらに、認定パートナーの幅広いエコシステムによって強化されています。

NFV ソリューションは、オープンソースで標準に基づいており、安定かつ互換運用性を備えた基盤を提供します。

製品

Red Hat OpenStack Platform logo

クラウド規模のパフォーマンスをサポートする Enhanced Platform Awareness(EPA)を備え、Red Hat の OpenDaylight ディストリビューションとともに何百もの認定済み OpenStack プラグインを提供します。

Red Hat Enterprise Linux logo

KVM ハイパーバイザーおよび DPDK 高速化 Open vSwitch を含みます。すべて SELinux® により保護されています。

Red Hat Storage logo

ストレージ要件に対応する無制限のスケーラビリティと柔軟性を備え、ハイパーコンバージド・ソリューションとしても使用可能です。

Red Hat Cloudforms logo

ハイブリッドクラウド管理を含む、NFV 環境向けに強化された管理、自動化、モニター、およびポリシー適用を提供します。

パートナー

Ericsson logo

Red Hat は Ericsson との協業により、Ericsson の NFV 製品を Red Hat OpenStack Platform で拡張し、顧客がフルオープンなインフラストラクチャを構築できるようサポートします。

世界をリードするオープンソース・プロバイダーである Red Hat と、NFV 通信改革で世界をリードする Ericsson は協力して、お客様にスピードと選択肢を与え、自信を持ってオープンソースを採用できるようにサポートしています。

Ericsson 製品部門クラウドインフラストラクチャ部長 Jason Hoffman
Nokia logo

Red Hat と Nokia Networks の協業によって、Red Hat OpenStack Platform 上に Nokia のキャリアグレードの仮想化コア・アプリケーションおよびクラウド・アプリケーション管理製品がバンドルされました。

私たちは 2004 年以来 Red Hat と協力関係にあり、さらに関係を強化しています。これにより、実績のあるキャリアグレードのコア・ソフトウェア・アプリケーションを NFV にスムーズに移行するための戦略がサポートされます。

Nokia Networks 副社長Michael Clever

Red Hat の通信業界向けソリューション

Red Hat の NFV ソリューションについて問い合わせる

OpenStack® ワードマークと Square O Design は個別に、または一体として米国とその他の国における OpenStack Foundation の商標または登録商標であり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。