言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

プレスリリース

Red Hat、JBoss Enterprise Application Platform 6.4 をリリース、Java 8 および WebSockets にも対応

PaaS製品 OpenShift Enterprise 対応版も同時にリリース、Java EEに対応した Enterprise DevOps Platform として提供

東京

[ノースカロライナ州ラーレー2015年5月6日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP)6.4、および、Red Hat が提供するPaaS製品 OpenShift Enterprise 対応版も同時にリリースしたことを発表しました。

ほとんどの企業は新しいアプリケーションを迅速に実現しなければならないというプレッシャーを受けています。しかし、融通の利かない独自スタック、柔軟性に欠けるライセンス契約、およびIT部門のサイロ化などの多くの要因によって、企業競争力の維持に必要なアジリティを実現することができない場合がでてきています。近年、いくつかの企業は、DevOps、およびそれらを補完するテクノロジーの採用を進め、システム開発と運用チーム間のコミュニケーションのサイロ化を排除し、アプリケーションの開発とその導入を迅速化しようとしています。DevOpsの採用が増加するにつれて、DevOpsに関連する開発環境を補完し、開発者と運用チームの緊密な共同作業が行える高い生産性を実現する新しいテクノロジーの需要も増大しています。

「DevOpsはツールとプロセスよりも、DevOpsに関わる人々の習慣が重要になりますが、その実現には最新の様々なテクノロジーが利用されています。Gartnerは、DevOpsに関わるツールビジネスに大きな成長のチャンスがあると考えており、2015年にはDevOpsツールの市場規模は23億ドルに達し、2014年の19億ドルから21.1 %増になると予想しています。2016年までには、DevOpsは大手クラウドプロバイダが採用するニッチな戦略から、Global 2000企業の25%が採用するメインストリームの戦略へと進化するでしょう」。1

Red Hatは、ユーザー企業にオープンな選択肢を提供する戦略によって、ユーザー企業が新しいテクノロジーからより多くの価値を享受できるように努めています。JBoss EAPは、様々なアプリケーションフレームワーク、オペレーティングシステム、データベース、セキュリティサービス、および、ID管理システムとの連携サポートしており、既存の基盤への統合環境を容易に構築することが可能です。さらに、OpenShift Enterprise に対応することによって、JBoss EAPを利用するユーザー企業は、それぞれのニーズとビジネス要件に応じて、自社のアプリケーションをオンプレミスだけでなく、PaaS(Platform-as-a-Service)環境、またはハイブリッドクラウドのシナリオを含む複数の環境にわたって配備することができるようになります。

 

JBoss EAP 6.4の主な機能は、以下の通りです。

  • Java 8への対応およびJava API WebSockets実装プロトコルJSR 356のサポート
    • Java 8に対応したことでJava VMのオーバーヘッドと複雑さが低減されたリアルタイム性が重要視される企業アプリケーションやモバイルアプリケーションの構築が可能になります。
  • JBoss EAPの管理コンソールとRed Hatカスタマーポータルを統合
    • JBoss EAPの管理者は、JBoss EAPの管理コンソールを利用することで、Red Hatのカスタマーポータルに直接アクセスすることができ、サポートの依頼、チケットのオープンと管理、ナレッジベースの利用などを行うことが可能になります。
  • 新しい管理コンソールの機能
    • 新しい管理コンソールでは、ログファイルの閲覧が容易になります。また、アプリケーションのセキュリティ設定なども容易に管理できるようになります。
  • Kerberos 認証
    • 新しい認証機構 Kerberos との連携がサポートされ、これまで以上にアプリケーションのセキュリティを向上することができるようになります。

 

また、OpenShift Enterprise に配備されたJBoss EAPは、PaaS環境で利用できるJava EE6対応したオープンソースアプリケーションプラットフォームを提供します。これにより、既存のJavaEEアプリケーションの開発、実行および運用環境を容易にPaaS環境に移行することができるようになります。JBoss EAP とOpenShift Enterpriseの組合せは、PaaS環境の中でより迅速にエンタープライズレベルのJavaアプリケーションを構築する開発基盤となり、企業が開発と運用の両方を最適化するために役立ちます。

JBoss Developerコミュニティのメンバーは、JBoss EAPがダウンロードできます。現在ご利用中のお客様は、Red Hatカスタマーポータルで最新のアップデートを入手できます。

 

サポートコメント

Red Hat ミドルウェア部門ゼネラルマネージャ Mike Piech

エンタープライズITは、従来型のIT構築方式だけでなく、DevOpsを積極的に取り入れる方式も確実に進んでいます。JBoss EAPは、その柔軟性によって企業のITにおける重要なシステム基盤となっています。また、JBoss EAPはその俊敏性と安定性により、開発チームと運用チーム間の協力体制を促進するDevOpsを実現するためのプラットフォームを提供します。このことによって、企業は、自社の製品やサービスの市場投入を適切に計画できるようになります。

 

Gartner, Inc.

DevOps対応ツールは非常に大きな成長の可能性を示しており、それは今後も続くと思われます。これらのツールは、前述のようなDevOpsの特性や特徴をサポートする機能をそのまますぐに利用できることに特化して設計・構築されています。現在、DevOps利用/対応ツールのほとんどは、より大規模なIT運用・開発ツールボックスの一部として提供されていますが、クライアントの要求の中でタイムツーバリューが重要な要素となり、DevOpsのサポートが重視されるようになったことから、市場におけるこれらのツールの位置付けや評価が変化してきました。2

 

1 Gartnerのプレスリリース、「Gartner Says By 2016, DevOps Will Evolve From a Niche to a Mainstream Strategy Employed by 25 Percent of Global 2000 Organizations」、2015年3月5日、http://www.gartner.com/newsroom/id/2999017

2ガートナーのプレスリリース、「Gartner Says By 2016, DevOps Will Evolve From a Niche to a Mainstream Strategy Employed by 25 Percent of Global 2000 Organizations」、2015年3月5日、http://www.gartner.com/newsroom/id/2999017

 

関連リンク

 

その他のリソース

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープン ソース ソリューションのプロバイダとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソース・コミュニティのグローバル・ネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向 けた革新的テクノロジー創出を支援しています。詳細につきましては、http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市 場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の四半期報告書(コピー はSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載 されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げ られます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の 変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する 記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更 新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のい かなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、JBossは米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。