マネージド OpenShift

Red Hat OpenShift Service on AWS

Red Hat OpenShift Service on AWS は、Red Hat と AWS の共同サポートによる、業界で最も包括的なエンタープライズ Kubernetes プラットフォームである Red Hat OpenShift と AWS パブリッククラウドの強みを組み合わせた Red Hat OpenShift のフルマネージドサービスです。

セクションを選択

安心感のあるアプリケーションの構築とスケーリング

あとの管理はお任せください

AWS 上でネイティブに動作する Red Hat OpenShift で、Kubernetes アプリケーションを構築、デプロイ、管理。Red Hat OpenShift Service on AWS は、統合されたクラスタ作成、柔軟な消費ベースの課金、Red Hat と AWS による共同サポートを備えた、フルマネージドの Red Hat OpenShift サービスを提供します。

 

 

 

Amazon Web Services

製品の詳細

フルマネージド

エンタープライズクラスのサービスレベル契約 (SLA) でサポートされるフルマネージドの Red Hat OpenShift サービス。

インストール、監視、管理、 保守、更新は Red Hat のサイト信頼性エンジニアリング (SRE) チームが実施し、コントロールプレーン、ワーカーノード、各種の主要サービスを含むスタック全体がその対象となります。

価値実現までの時間を短縮するマネージド型のアプリケーションサービスである Red Hat OpenShift API ManagementRed Hat OpenShift Streams for Apache KafkaRed Hat OpenShift Data Science はすべて、追加のサブスクリプションでご利用いただけます。

開発者によるイノベーションの実現

AWS に展開するための使い慣れた API や既存の Red Hat OpenShift ツールにより、チームは開発プロセスを加速するための集中できる環境とツールを活用できます。

ハイブリッドクラウド・デプロイメントへの明確な道筋

Red Hat OpenShift Service on AWS は、多くのエンタープライズが現在オンプレミスですでに使用しているプロダクション対応の Kubernetes を提供し、ビジネスニーズの変化に応じてワークロードを AWS パブリッククラウドにシフトする機能を単純化します。

特長とメリット

ネイティブの AWS サービスと統合

AWS と Red Hat がサポートする、AWS 管理コンソールからオンデマンドでアクセスできるネイティブ AWS サービス。AWS を通じて課金されます。AWS が提供するコンピューティング、データベース、分析、機械学習、ネットワーキング、モバイルなど、170 以上のクラウドネイティブ・サービスを利用できます。

セルフサービス・デプロイメント

セルフサービス・デプロイメントにより、フルマネージドの Red Hat OpenShift クラスタを数分で作成できるため、すぐに運用を開始することができます。

サポートと請求の統合

Red Hat と AWS が運用とサポートを共同で行い、統合されたサポートエクスペリエンスと稼働率 99.95% の SLA が提供されます。また、OpenShift と AWS の使用料金の両方が AWS からまとめて請求されます。

規制へのコンプライアンス

セキュリティおよび業界独自の標準や規制要件 (SOC-2、ISO-27001、PCI-DSS など) へのコンプライアンスのニーズに包括的に対応できます。

その他の機能とメリット

可用性の最大化

クラスタはサポート対象リージョンの複数のアベイラビリティゾーンにデプロイできるので、可用性を最大限に高めることができます。

クラスタノードのスケーリング

リソースの需要に合わせて、コンピュートノードを簡単に追加または削除することができます。

クラスタの最適化

メモリー最適化タイプ、コンピューティング最適化タイプ、または汎用の EC2 インスタンスタイプから選択。ニーズに応じたサイズのクラスタを提供します。

世界中で利用可能

Red Hat OpenShift Service on AWS は、AWS の商用利用が可能なすべての国で購入していただけます。

 

アナリストペーパー

クラウドサービスでアジリティを加速する企業

Red Hat® OpenShift®クラウドサービスを活用するお客様企業の3社が、複数のインフラストラクチャ環境に展開したワークロードを使用して、デジタルトランスフォーメーションジャーニーを開始する過程を紹介します。

Red Hat OpenShift Service on AWS

ニーズに応じた選択肢と柔軟性

オンデマンドの価格設定を使用してクラスタを展開する方法と Red Hat OpenShift アプリケーション・ノードのリザーブドインスタンスを購入して最初のクラスタを展開する方法があり、ワークロードやビジネスのニーズに合わせて最適な方を選択できます。

クラスタ料金

$0.03 / 1 時間

ワーカーノードの価格設定

オンデマンド

$0.171 / 1 時間 / 4vCPU

1 年間のリザーブドインスタンス

$1,000 / 1 年 / 4 vCPU

(約 $0.114 / 1 時間 / 4 vCPU)

3 年間のリザーブドインスタンス

$2,000 / 3 年 / 4 vCPU

(約 $0.076 / 1 時間 / 4 vCPU)

* 上記の価格にはコントロールプレーン、インフラストラクチャ、ワーカーノードの EC2 コストは含まれていません。

セールスチームに問い合わせる

Red Hat へのお問い合わせ