言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

仮想化

Red Hat Virtualization

サーバーおよびデスクトップの仮想化

容易かつ迅速、オープンで、低コストの仮想化

仮想化を導入すれば、大幅な作業効率の向上、リソースの解放、コストの削減を実現できます。しかしそのためにパフォーマンスやセキュリティを度外視して、既存の投資を無駄にするわけにはいきません。クラウドを計画する場合は、仮想化への投資とクラウドを利用する共通サービスを構築すると同時に、ベンダーへの依存を回避することが重要です。もし、サーバーとデスクトップの両方を仮想化して 1 つのシンプルなインターフェースから管理し、一切の妥協なく思いどおりにクラウドの準備を進められるとしたらどうでしょうか。詳細はこちら

利点

記録的なパフォーマンスと拡張性

  • ベアメタルと同等あるいはそれを超えるパフォーマンス[1]

  • 仮想マシン (VM) 1 台あたり最大 160 個の論理 CPU と最大 4TB のメモリをサポート

  • 記録的な SPECvirt_sc2010 ベンチマーク結果を達成 (総合パフォーマンス、およびサーバー 1 台あたりの高パフォーマンス VM 数で最高の評価を獲得)[1]

  • SAP、Oracle、Microsoft Exchange のような実際のエンタープライズワークロードにおいて、最大 95% から 140% のパフォーマンスを達成[1]

  • Microsoft Exchange の安定したパフォーマンスと Oracle データベースのワークロードにおける高い I/O スループットを実現

  • 1 台のサーバー上で稼働するエンタープライズワークロードにおいて 850 台を超える仮想マシン統合率を達成[2]

Red Hat Virtualization におけるその他のワークロードのパフォーマンスについては、以下をご確認ください。

Oracle | AMQP | Java | Microsoft Exchange | LAMP | Microsoft IIS

受賞歴

Red Hat のお客様である Sky News が、2014 Best of VMworld Europe アワードの「Best Virtualization and Server Consolidation Project」と「Best of Show」を受賞しました。これらの賞は、Red Hat Virtualization と Red Hat Satellite を利用した同社のプロジェクトに対して贈られました。

製品の詳細

ネットワークベースのレジストリで ID 情報を一元管理

包括的な仮想化管理

同一インフラストラクチャ上のサーバーとデスクトップに対して包括的なエンタープライズ仮想化管理機能を提供できるのは、Red Hat® Virtualization だけです。Red Hat Virtualization は Red Hat Enterprise Linux® 上に構築されており、Linux と Microsoft Windows の重要なワークロードに対して、信頼性の高いビジネスのアジリティと継続性を、お客様が必要とする規模で提供します。Red Hat Cloud Infrastructure の一部となっているため、プロプライエタリな仮想化ソリューションよりもはるかに少ないコストでクラウド構築の準備を進めることができます。

データシートおよび機能ガイドをダウンロード

データセンターは実に複雑です。しかし、Red Hat Virtualization と Red Hat CloudForms を採用すれば、仮想化インフラストラクチャ全体に対応する単一の使いやすい管理環境で、プロビジョニング、デプロイ、分析などを実施できます。何十台、何百台、何千台という物理サーバーと仮想サーバーを、1 台のサーバーのように簡単に管理できます。ハードウェアリソースの需要をより正確に予測することも可能です。

Red Hat Cloud Infrastructure データシートで詳細を確認

テクノロジーだけでなく未来もコントロール

閉鎖的でプロプライエタリなソリューションよりも高い柔軟性や、豊富な選択肢を手に入れましょう。オープンスタンダードに基づく Red Hat Virtualization は、Linux および Windows 環境や、Oracle、SAP、SAS のようなエンタープライズアプリケーションと連動するので、ベンダーロックインを回避できます。その上、Red Hat の IHV および ISV エコシステムは幅広く、何千種類ものハードウェア構成や補完アプリケーションが揃っています。

軍事レベルのセキュリティ機能を組み込み済み

Red Hat 製品を利用すれば、セキュリティに余分なコストがかかりません。sVirt と SELinux が、ハイパーバイザーおよびゲストの悪用に対するカーネルレベルの保護を提供します。KVM ハイパーバイザーを含む Red Hat Enterprise Linux 7 以前のバージョンは、コモンクライテリア EAL 4+ 認定を取得しています。また、すべてのセキュリティ機能が使いやすく、管理が容易で、以下のことが可能です。

  • 複数テナントを保護
  • 重大な脆弱性を迅速に修正 (多くの場合、1 日以内)
  • 保管中のデータまたは移動中のデータを、ネットワークを介して保護
  • 厳格なアクセス許可を設定し、露出を低減
  • ゲストを完全に分離し、監査を簡素化
  • 暗号化を利用して、悪意のあるソフトウェア攻撃から保護

KVM セキュリティ比較および KVM ベースのセキュリティについて

クラウド実現に向けた準備

Red Hat Virtualization は Red Hat Cloud Infrastructure のコンポーネントであり、プライベートクラウドの Infrastructure-as-a-Service (IaaS) の構築と管理に利用できます。Red Hat Virtualization は、従来の仮想化ワークロードに対し一般的な基盤サービスと管理テクノロジーを提供すると同時に、OpenStack® に基づくハイレベルなクラウド機能を利用する上で出発点となります。

Red Hat による仮想化により、プライベートクラウドおよびオープンハイブリッドクラウドの実装をシームレスに行うための基盤を構築できます。

デスクトップを仮想化

サーバーと同じインフラストラクチャ上で、追加コストなしでデスクトップを仮想化し、以下のことを実現できるのは Red Hat だけです。

  • シームレスなユーザーエクスペリエンス: 強力な SPICE リモートプロトコルが、ローカル PC ワークステーションとほぼ同等のユーザーエクスペリエンスを実現
  • セキュリティ: デスクトップ PC が分散されているデスクトップ環境を、一元管理されたデータセンターに移行することで、社内データを保護し、厳しい政府規制に準拠
  • 単一ベンダーによる一元管理: Red Hat Enterprise Virtualization Manager は機能豊富なデスクトップ仮想化管理システムであり、物理ホストサーバーから仮想デスクトップ、VM ゲストまですべてを管理できる、高度な機能を多数用意

SPICE によってシームレスなデスクトップエクスペリエンスを実現する方法について

75% のコスト削減がもたらす可能性

多くの IT 組織は、x86 システムと変わらないパフォーマンスのプラットフォームに対して高額な料金を支払っています。そのようなレガシー UNIX プラットフォームを使用し続けていると、新しい x86 サーバーと Red Hat ソフトウェアに置き換えた場合よりも多くのコストがかかります。

Red Hat Virtualization は、高価なプロプライエタリソリューションに代わる低コストな製品であり、他のプロジェクトに予算をまわすことができます。より多くの仮想化サーバーをデプロイし、投資収益 (ROI) を迅速に回収して、すぐに次の仮想化プロジェクトに取り掛かることが可能です。

コスト削減の方法:

  1. 同等のプロプライエタリ製品よりもコストを最大で 50% から 75% 削減[3]
  2. 新しいリリースが無償で含まれる、低コストで高価値なサブスクリプション
  3. 運用コストを削減することで、先行投資のサブスクリプションコストに見合う成果をわずか 7 カ月で達成[4]
  4. 統合および仮想化により物理システムの数を減らすことで、必要な IT スタッフの人数を削減
  5. 短時間でデプロイ可能なため、総所有コスト (TCO) が低減

競合価格ガイドをダウンロード

Red Hat Virtualization TCO 計算機をダウンロード

Red Hat Virtualization を採用したことで、ROI が明らかに向上しました。ハードウェアコストに関してだけでなく、クラスタの拡大や VM のデプロイと管理にかかる人的資源においても効果が出ています。

Qualcomm Micheal Waltz 氏

サービスとサポート

テクノロジーを販売するだけでなく、充実したサービスとサポートを提供

ご自身やチームのスキルに投資

Red Hat のトレーニングコースは実践的かつロールベースの内容となっています。コースの約 80% はキーボードに向かう形で行われ、日常的に使用するスキルを最大限に習得することができます。利用しやすいトレーニング方法割引、世界各地のトレーニング会場をご用意しています。Red Hat の Student Center にアクセスして、トレーニングの詳細や成功事例をお読みください。

Red Hat Enterprise Virtualization (RH318/RH319)

Red Hat Virtualization 環境の設定、仮想サーバーおよびデスクトップのインストール/管理/トラブルシューティング、さまざまなレベルの管理ロールによる仮想環境のセキュリティ保護について学びます。

Red Hat トレーニングについて

能力を実証する

企業は Red Hat の認定を高く評価しています。なぜなら、Red Hat 認定プロフェッショナルの試験に合格するには、単に技術的な質問に対応できるだけではなく、そのテクノロジーを使って実際に作業を遂行できなければならないからです。認定を取得して、キャリアに活かしてください。Red Hat は複数の試験会場トレーニング方法を用意しております。

Red Hat 認定仮想化技術管理者 (RHCVA)

Red Hat Virtualization® を使用して、仮想化インフラストラクチャ、ホスト、ゲストのデプロイと管理を行います。

Red Hat 認定について

エキスパートの力を借りる

Red Hat Virtualization の導入は、Red Hat コンサルティングにお任せください。お客様の IT の目標に合わせた、柔軟なサービスモデルをご提供します。今年度の予算の使い道はすべてお決まりですか?コンサルティングユニットは、来年度のリソースについてもご相談を承ります。また、ご相談内容をあらかじめ特定する必要はありません。

クラウドおよび仮想化サービス
クラウドプラットフォームを、クラウドコンピューティングの長期的目標をサポートするように設定します。
Red Hat Enterprise Virtualization Accelerator Service
お客様の環境における Red Hat Virtualization ソリューションのデプロイを高速化します。
Red Hat コンサルティングについて

協力すれば、より多くを成し遂げられる

「コラボレーション」は、オープンソースコミュニティの柱です。Red Hat のサポートもコラボレーションに基づいて行われます。Red Hat サポートとつながることで、受賞歴のある Red Hat カスタマーポータルにある最新の技術リソースをいつでもどこからでもご利用いただけます。

お客様の声をお聞かせください

the Open Source Way (オープンソースウェイ) を基本概念として、Red Hat はお客様の声を大切にしています。すでに Red Hat 製品をお使いの方も、これから使い始めるために詳しい情報が必要な方も、まずはお問い合わせください。

営業担当者へのお問い合わせ
Red Hat の営業担当者は、豊富な知識でお客様の立場を理解しサポートいたします。
Red Hat パートナーの検索
Red Hat Virtualization または関連アプリケーションを販売している Red Hat パートナーを検索できます。
Red Hat のニュースレターに登録
Red Hat Virtualization の最新情報とクラウド関連ニュースを入手できます。

Red Hat Enterprise Linux with Smart Virtualization

Red Hat の Linux と Virtualization で境界のないプラットフォームとパフォーマンスを実現

Red Hat® Enterprise Linux® with Smart Virtualization は、Red Hat Enterprise Linux と Red Hat Virtualization を組み合わせた製品です。1 つのパッケージで、両方を一度に低価格で利用することができます。

複雑さもアプリケーション処理のレイテンシーも解消しましょう。ベアメタルより少ないサーバーで、より多くの CPU ワークロードを仮想化できます。Red Hat Virtualization は、仮想化された Linux ワークロードに対応する上で最適です。修正不要で同期精度が高い上、Red Hat Enterprise Linux with Smart Virtualization の革新的な最新機能を利用することができます。

詳細

Red Hat からの支援とサポートは、仮想化プロセスを進める自信を与えてくれました。これは、多くの他社のアプローチとは異なるものでした。

Sky News テクノロジーデリバリー担当マネージャー James Murphy 氏 詳細

関連資料

ケーススタディ

カシオ情報サービス株式会社
Red Hat Gluster Storage と Red Hat Virtualization の組み合わせから得られた最大の利点は、長年の課題だったストレージ関連コストを大幅に削減できたことでした。
Telefónica
Red Hat Virtualization、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Satellite、および Red Hat CloudForms を基盤としている Red Hat クラウドソリューションの大きな利点の 1 つは、TGSol のデータセンターに現在インストールされ、本番運用されているものも含め、さまざまなメーカーの仮想化ソリューションと連動する点です。
ブリティッシュ・エアウェイズ
ブリティッシュ・エアウェイズでは、Red Hat Virtualization を使用して IT インフラストラクチャを構築しながら、拡張性、信頼性、柔軟性、パフォーマンスを向上させました。
仮想化のケーススタディをすべて見る

ハードウェア認定

既存のハードウェアで Red Hat のソフトウェアを安心してお使いください

Red Hat のハードウェア認定プログラムが、Red Hat ソフトウェア製品と業界をリードするパートナー企業のハードウェアとの互換性を保証します。互換性を確認するハードウェアテストに加え、このプログラムでは Red Hat とハードウェアパートナー間の相互支援関係も求められます。Red Hat と認定ハードウェアパートナーが必要に応じて協力し、お客様の問題に取り組むことをお約束します。

詳細

Red Hat Enterprise Virtualization の完全サポート付き 60 日間トライアル版をお試しください

登録はこちら

注記

  1. 仮想化サーバー統合に使用されるデータセンターサーバーのパフォーマンス評価ベンチマークに基づく比較 (www.spec.org、2013 年 11 月時点)。SPEC® およびベンチマーク名 SPECvirt® は、Standard Performance Evaluation Corporation の登録商標です。
  2. Red Hat Virtualization performance: SPECvirt benchmark (Red Hat Virtualization のパフォーマンス: SPECvirt ベンチマーク)
  3. Red Hat Virtualization: 競合価格ガイド
  4. 「Understanding Linux Deployment Strategies: The Business Case for Standardizing on Red Hat Enterprise Linux」 (Linux デプロイ戦略の理解: Red Hat Enterprise Linux での標準化におけるビジネスケース)、IDC、2011 年 4 月

OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。