ログイン / 登録 アカウント

トピック

決済インフラストラクチャをモダナイズする

急速なイノベーション、新しい競争、デジタル化が進む顧客からの要求によって動く市場では、最も有能な決済組織でさえ、常時稼働しているリアルタイムの世界に適応し、そこで成功しなければならないという課題に直面しています。かつて競争上の優位性を呈していた決済インフラストラクチャは、今では非効率性が増し、制限が厳しくなり、統合が複雑になっています。クラウドテクノロジーと人工知能の進歩により、企業は差別化された機能を低価格で提供できるようになり、決済インフラストラクチャのモダナイズを計画することが、多くの組織にとって最優先事項になっています。

Jump to section

決済のモダナイゼーションとは

決済のモダナイゼーションとは、世界中の金銭のやり取りの方法を改善することです。それには、リアルタイム処理、データが豊富なメッセージング、および情報の接続と交換を容易にする新しい基準が含まれます。また、クラウド・テクノロジーを導入し、決済組織の効率性を向上する新しい方法を適用することでもあります。

既存の決済インフラストラクチャは長年にわたり、ほとんどの企業にとってはその目的を果たしてきましたが、決済量の増加、決済時間の短縮を求める顧客、決済コストの削減に対する継続的なプレッシャーといったさまざまな要求により、決済組織は決済のホスト、実行、および処理方法を変革し、モダナイズする必要に迫られています。

決済インフラストラクチャをモダナイズする理由

手数料の低下により利益が圧迫され、そのため多くの組織が運用コストの削減方法を模索しています。これに加えて、新しい決済ネットワークが、常時稼働するリアルタイムの金銭のやり取りを推し進めています。また、犯罪手口も進化しており、違法行為を隠蔽する新しい方法が次々に生み出されています。これらはすべて、決済のための既存のバリューチェーンに破壊的革新をもたらしている、新たな非銀行系企業の参戦によって起こっています。これらの課題に対処するために、組織はこの新しい環境での成功を目指して決済インフラストラクチャを再評価しています。

決済インフラストラクチャのモダナイゼーションにおけるクラウドの役割

クラウド・テクノロジーによって、決済組織はインフラストラクチャをより効率的に稼働させ、市場の変化に迅速に適応することができます。企業は、決済量の増減に応じて自動的に容量を調整すること、また、データストリーミングによるリアルタイム処理を利用することに加えて機械学習を適用し、決済データを有効に活用することができます。また、クラウドにより、外部との接続やデータ交換が容易になり、新たなデジタルエコシステムを活用できます。

Red Hat を選ぶ理由

エンタープライズ・オープンソースの世界的リーダーである Red Hat は、コミュニティによるクラウド・テクノロジーの未来の創造と、市場での競争力向上を目指す企業によるイノベーション、相互運用性の促進、テクノロジーの単純化を支援します。

Red Hat のユーザーは、ビジネスにとって最も有用なインフラストラクチャを採用し、決済サービスを自由に移行できます。Alibaba、Amazon、Google、IBM、Microsoft などのプロバイダーからオンサイトまたはオフサイトでデプロイでき、先進的なクラウド・プラットフォームによる効率性を実現しながら、コストと運用の複雑さを軽減できます。また、一貫性のあるクラウドエクスペリエンスを使用して、決済インフラストラクチャで従来のクラウドネイティブ・アプリケーションを実行できるため、アプリケーションを経時的に着実にモダナイズできます。

関連資料

決済インフラストラクチャをモダナイズする 5 つの利点

Red Hat で決済インフラストラクチャをモダナイズする

決済のメッセージング向けに Apache Kafka と Kubernetes を導入する

リテールバンクにおける Temenos による決済のモダナイゼーション

Apache Kafka、Kubernetes、Ceph を使用すれば、あらゆるチャネルでリアルタイムの決済処理を効率化できます。

オープンソース・ソフトウェアは、決済業界でより大きな役割を果たしています。

リアルタイム決済、データ、新しいデジタルユースケースをつなぐリンクとは。

オープンソース、コンテナ、ハイブリッドクラウドなどによってモダナイズし、リアルタイム決済を実現する。

決済インフラストラクチャのモダナイズを始める準備はできましたか?