お問い合わせ
アカウント ログイン

Red Hat OpenShift

Red Hat® OpenShift® は、アプリケーションを大規模に構築、モダナイズ、デプロイするための統合プラットフォームです。任意のインフラストラクチャでのアプリケーションの市場投入に必要なサービス一式を備えており、よりスマートかつ迅速に作業できます。

特別なご案内です。

サブスクリプションをさらに活用しましょう。

Red Hat OpenShift によって既存のアプリケーションをモダナイズし、新しいアプリケーションの開発を加速する方法をご覧ください。

Jump to section

Red Hat OpenShift とは

Red Hat OpenShift にはテスト済みの信頼できるサービスがまとめられており、アプリケーションの開発、モダナイズ、デプロイ、実行、管理の手間を軽減します。Kubernetes 上に構築され、パブリッククラウド、オンプレミス、ハイブリッドクラウド、またはエッジといったさまざまなアーキテクチャで一貫したエクスペリエンスを提供します。自己管理型またはフルマネージド型のソリューションを選択できます。OpenShift の実行方法に関係なく、チームは重要な作業に集中できるようになります。

Red Hat OpenShift 3 から 4 に移行する準備はできていますか?こちらをご覧ください

Open Answers:Red Hat OpenShift とは

共通の技術的基盤

Red Hat のオープン・ハイブリッドクラウド戦略は、Linux®、コンテナ、自動化の技術的基盤に基づいています。オープン・ハイブリッドクラウドのアプローチにより、必要な場所でアプリケーションを実行できる柔軟性が得られます。

Red Hat Ansible Automation Platform
Red Hat OpenShift
Red Hat Enterprise Linux
Red Hat Ansible Automation Platform

Red Hat Ansible Automation Platform は、Red Hat OpenShift ユーザーがコードとして再利用可能なインフラストラクチャの作成と実行を行えるよう支援するほか、クラウドプロバイダー、ストレージ・ソリューション、その他のインフラストラクチャ・コンポーネントのプロビジョニング・タスクを自動化できます。

詳細はこちら

Red Hat OpenShift

Red Hat OpenShift は、従来のアプリケーションとクラウドネイティブ・アプリケーションの両方に完全なアプリケーション・プラットフォームを提供し、どこでも実行できるようにします。Red Hat Enterprise Linux 上に構築され、Red Hat Ansible Automation Platform と互換性のある Red Hat OpenShift は、Kubernetes クラスタの内外で自動化を可能にします。

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise Linux は、Red Hat OpenShift の実証済みの基盤であり、何千ものハードウェアとクラウドベンダーのテクノロジーで認定を受けています。これはつまり、必要に応じてどこでも実行できる単一のプラットフォームを提供するために、Red Hat Enterprise Linux のセキュリティ、パフォーマンス、相互運用性、およびイノベーションがインフラストラクチャ全体に拡張されているということです。

詳細はこちら

AI/ML、Java、データ分析、データベースなど、極めて要求の厳しいワークロードをサポートします。広範なテクノロジーパートナーのエコシステムを活用すれば、デプロイメントとライフサイクル管理を自動化できます。

Red Hat OpenShift をエッジで使用すると、どんなに離れた場所であっても、あらゆる場所でデータ駆動型の結果を迅速に生成し、より優れたアプリケーション・エクスペリエンスを実現できます。

自己管理型 Red Hat OpenShift または AI/ML クラウドサービスによって AI/ML のワークフローと AI を活用したインテリジェント・アプリケーションの実現を促進できます。

セキュリティをシフトレフトして DevSecOps を自動化し、組み込みのポリシーテンプレートを使用してセキュリティと構成のベストプラクティスを適用し、実行時にアプリケーションのワークロードを保護することで、運用リスクを軽減します。

KuppingerCole Report Leadership Compass:コンテナのセキュリティ

コンテナと Kubernetes のセキュリティ市場に関する包括的な概要を確認して、適切なコンテナ・セキュリティ・ソリューションの評価と選択に役立てましょう。

アプリケーションをデプロイして複数のクラスタを管理し、クラスタへポリシーをすべて単一のコンソールから広範囲に適用することで、Red Hat OpenShift の価値を拡大します。

含まれるもの

コンテナホストとランタイム

Red Hat OpenShift は Kubernetes マスター向けの Red Hat Enterprise Linux CoreOS を標準装備しており、ワーカーノード用の Red Hat Enterprise Linux をサポートします。Red Hat OpenShift は、コンテナのフォーマットとランタイムに関するオープンなガバナンス構造である Open Container Initiative をサポートしています。

エンタープライズ向け Kubernetes

Red Hat OpenShift のすべてのリリースには、アップストリーム Kubernetes の不具合、セキュリティ、パフォーマンスの問題に対する数百もの修正が含まれています。さまざまなテクノロジーでテストされており、堅牢で緊密に統合されたプラットフォームであり、9 年間のライフサイクルにわたってサポートされます。

統合の検証

Red Hat OpenShift には、ソフトウェア・デファインドのネットワーキングが含まれており、追加される一般的なネットワーキング・ソリューションを検証します。また、Red Hat OpenShift は、リリースごとに多数のストレージプラグインとサードパーティのプラグインを検証します。

コンテナレジストリの統合

Red Hat OpenShift には統合されたプライベート・コンテナ・レジストリが付属しています。これは Kubernetes クラスタの一部として、またはスタンドアローンとしてインストールされており、柔軟性を向上します。また、要件がより厳しいチームは Red Hat Quay を使用できます。

開発者のワークフロー

Red Hat OpenShift には、組み込みの Jenkins パイプラインや、アプリケーションコードからコンテナに直接移行するための Source-to-Image テクノロジーなど、プロダクションへの移行の迅速化を支援するために最適化されたワークフローが含まれています。また、IstioKnative などの新しいフレームワークにも拡張可能です。

サービスへの簡単なアクセス

Red Hat OpenShift は、組み込みの OperatorHub を介してサービスブローカー (AWS サービスへのアクセスを含む)、検証済みのサードパーティ・ソリューション、Kubernetes Operator により管理者とアプリケーションチームを支援します。

Red Hat OpenShift の使用による成果

アーキテクチャ

あらゆるインフラストラクチャでの一貫性

Red Hat OpenShift は、任意のクラウドで実行される既存のアプリケーション、モダナイズされたアプリケーション、およびクラウドネイティブ・アプリケーションを管理するための一貫したアプリケーション・プラットフォームを提供します。 

Red Hat OpenShift は、あらゆるインフラストラクチャに共通する抽象化レイヤーにより、開発者および運用チームの両方に、アプリケーションのパッケージ化、デプロイ、および管理の方法における共通性をもたらします。これにより、ホスト環境のために異なる運用モデルを作成することなく、最も合理的な場所でアプリケーションを実行できます。

ホワイトペーパー:コンテナベースのアプリケーション設計の原則

コンピュータで作業するアーキテクト

開発

革新的なアプリケーションの迅速な開発

アプリケーションの構築、テスト、デプロイ、実行に必要なものがすべて揃ったエンタープライズ Kubernetes プラットフォームで開発を迅速化しましょう。Red Hat OpenShift には、開発者用ツールへのセルフサービスアクセス、ブラウザーベースの IDE、幅広いコーディング言語、データおよびストレージサービス、そして、アプリケーション提供を自動化し、DevOps プロセスをサポートする完全な CI/CD サービスが含まれています。

また、Red Hat OpenShift では、AI/ML やアナリティクスなどのパブリッククラウド・サービスを統合して使用することができ、プラットフォーム用の商用 ISV ソフトウェア・マーケットプレイスにアクセスできます。

e ブック:クラウドネイティブ・アプリケーション設計のための Kubernetes パターン

デスクトップコンピュータで作業する開発者

運用

あらゆる場所でアプリケーションを実行および管理可能に

Red Hat OpenShift を使用すると、システム管理者と運用チームは、単一のコントロールプレーンからアプリケーション、仮想マシン、コンテナを管理できます。Red Hat OpenShift がインストールされている場所に関係なく、インタフェースは管理者と開発者で同じままであり、中央の管理コンソールから複数のチームのクラスタ、サービス、およびロールを制御できます。

OpenShift Operators を使用して Kubernetes の運用を自動化し、組み込みの CI/CD ツールを使用してアプリケーション提供の自動化を標準化します。

e ブック:Kubernetes Operators:コンテナ・オーケストレーション・プラットフォームの自動化

キッチンでノートパソコンで作業する男性

Red Hat OpenShift で大きなアイデアを実現

エッジコンピューティングから AI/ML、サーバーレス、DevSecOps、クラウドネイティブに至るまで、あらゆるワークロードをオーケストレーションするハイブリッドクラウド・プラットフォームがあったら、何を生み出せるでしょうか。

Red Hat OpenShift の選択肢

Red Hat OpenShift の柔軟性は、まずデプロイする環境の選択から発揮されます。検討すべきことは、Red Hat OpenShift をどこにデプロイするか、請求者は誰になるのか、そして、管理とサポートは誰が担当するかも重要です。

Red Hat OpenShift は AzureAWS、IBM Cloud、または Google Cloud にマネージドサービスとしてデプロイし、シームレスなエクスペリエンスを実現できます。

より高度な制御が必要な場合は、プライベートクラウドやパブリッククラウド、ベアメタル、またはエッジにセルフマネージドの Red Hat OpenShift をデプロイできます。セルフマネージドの Red Hat OpenShift 関連サービスのサブスクリプションモデルについて詳しく知るには、サイジングおよびサブスクリプション・ガイドをご覧ください。

Red Hat OpenShift のエディションと価格設定

Developer at computer

その他のサービス

フォーチュングローバル 500 が採用する Red Hat OpenShift

Icon-Red_Hat-Buildings-Capital_Building-A-Black-RGB

100%

フォーチュングローバル 500 に選出されている政府系企業と軍事企業 1

Icon-Red_Hat-Mobile_devices-A-Black-RGB

80%

フォーチュングローバル 500 に選出されているメディア企業とテクノロジー企業 2

Icon-Red_Hat-Diagrams-Graph_Steady_Up-A-Black-RGB

80%

フォーチュングローバル 500 に選出されている商業銀行 3

Icon-Red_Hat-Telecommunications-A-Black-RGB

80%

フォーチュングローバル 500 に選出されている通信会社 4

Icon-Red_Hat-Office-A-Black-RGB

61%

フォーチュングローバル 500 に選出されているサービス企業 5

Red Hat のお客様による Red Hat OpenShift 導入事例

Employers のロゴ

Employers は、一元的なアプリケーション環境を構築し、保険契約の処理を自動化した結果、3 年間の売上が 40% 増加したほか、より優れたサービス体験を顧客に提供できるようになりました。

フォルクスワーゲンのロゴ

フォルクスワーゲンは、部品をテストするために、標準化されたアーキテクチャと仮想化および自動化されたテスト環境を構築しました。

Alliance Bank のロゴ

Alliance Bank はオープン・アーキテクチャのコンテナ・プラットフォームを構築し、バンキングサービスの単純化、セキュリティの強化、プロセスの標準化を実現しました。

Red Hat Hybrid Cloud ラーニングハブ

Red Hat のラーニングハブで Red Hat OpenShift 製品とその他の Red Hat Cloud Services を無料で使用するための詳細な手順を確認できます。

Red Hat へのお問い合わせ

[1] [2] [3] [4] [5] フォーチュン 500 サブスクリプションデータ、2021 年 7 月 22 日時点