OpenShift とOpenstack は何が違うのか

URL をコピー

Red Hat® OpenShift®Red Hat® OpenStack® Platform は、クラウドベースのアプリケーションとサービスを管理するための異なる (ただし補完的な) アプローチを提供します。どちらのプラットフォームを選択するかは、組織のクラウドフットプリント、現在のアプリケーション・スイートとアーキテクチャ、それらのテクノロジーのモダナイゼーション計画、そして今後数年間のクラウドネイティブ・ソリューションの導入目標など、多くの要因によって決まります。 

企業は通常、既存のアプリケーションを管理またはモダナイズしながら、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションをマイクロサービスとして構築したい場合に、OpenShift を利用します。OpenShift は、オンプレミスのデータセンター、パブリッククラウド、エッジデバイスのいずれにデプロイしても同じユーザーエクスペリエンスを提供する、柔軟性が支持されています。OpenShift の魅力の一端は、DevOps アプローチでチームを統合し、アプリケーションとインフラストラクチャの総所有コスト (TCO) を削減することで運用効率を高めることができる点にあります。OpenShift は、ベアメタルのほか、VM ベースのアーキテクチャで動作する複数のアプリケーションで構築されたビジネスでその実力を発揮します。 


OpenShift には異なるエディションがいくつかあり、セルフマネージド型とクラウドサービスのオプションが用意されています。Red Hat OpenShift は、Amazon Web Services (AWS)Microsoft Azure などの Platform-as-a-service (PaaS) プロバイダーから直接利用することができ、デジタル・トランスフォーメーションのための信頼できるターンキー・ソリューションを主要なパブリッククラウドの顧客に提供します。ビジネスがサービスをコンテナに移行する場合、OpenShift は最も理にかなったペースでその変化を促進することができます。

Red Hat OpenStack Platform は、プールされた仮想リソースを使用してプライベートクラウドおよびパブリッククラウドを構築および管理するオープンソースの Infrastructure-as-a-Service (IaaS) プラットフォームです。これは、Red Hat Enterprise Linux® Server と Kernel-based Virtual Machine (KVM) を組み合わせたセキュアなインフラストラクチャです。OpenShift が Kubernetes をベースにしているように、Red Hat OpenStack Platform は OpenStack のオープンソース・プロジェクトをベースにしています。

このプラットフォームは、アジリティと一貫性を高めるために長年使用されており、自動化されたセルフサービスの IT モデルによる単純化されたアプリケーション・デリバリーを、柔軟なサブスクリプションベースの消費モデルで提供しています。OpenStack Platform の中核となるクラウド・コンピューティング・サービスは、複数のアップストリームのオープンソース・プロジェクトで構成されています。 

10 年以上にわたって信頼されてきた技術プラットフォームである OpenStack は広く実装されており、コントリビューターとユーザーからなる大規模で知識豊富なコミュニティを擁しています。OpenShift と同様、Red Hat OpenStack Platform には、お客様の要件に合わせた複数のサブスクリプションタイプが用意されています。それぞれが、アップストリームの OpenStack で開発された最高の機能を安定したマネージド環境に導入するため、企業はインフラストラクチャのメンテナンスではなく、開発およびサービス提供にリソースを集中させることができます。
 

Red Hat OpenStack Platform は、プライベートクラウド環境における仮想マシン管理のためのオンプレミス・プラットフォームとして、選ばれ続けています。ストレージ、ネットワーク、ベアメタル、コンピューティング・インフラストラクチャと、ゲスト・オペレーティングシステムを必要とするアプリケーションを実行する VM を管理するために使用されています。

通信業界では、OpenStack は 3G や 4G/LTE のロールアウトに不可欠であり、多くの通信事業者がこれらのプロトコルに関連するサービスを維持するために OpenStack に依存し続けています。業界を問わず、仮想化に依存したレガシー・アプリケーションをお持ちの場合は、お客様のビジネスに関連して Red Hat OpenStack Platform がサポートできるユースケースがほぼ確実に存在します。

Red Hat OpenShift と Red Hat OpenStack Platform は、どちらもスケーラブルなクラウド・ソリューションを構築する機能を持つ、それぞれ独立したプラットフォームです。これらのテクノロジーは、それぞれが個別にクラウド環境をサポートできるだけでなく、組織のクラウドネイティブ化への取り組み状況に応じて連携させることが可能です。OpenShift は、OpenStack クラウド上でアプリケーションをデプロイおよび管理するために利用でき、Red Hat OpenStack Platform の Infrastructure-as-a-service (IaaS) モデルのスケーラビリティと柔軟性を活用できます。また、ワークロードは完全に OpenStack に残したまま、OpenStack のコントロールプレーンのコンテナ化されたインスタンスを OpenShift で管理することができます。コンテナ・テクノロジーの進化に伴い、これら 2 つのソリューションは、既存のインスタンスから継続的な投資対効果 (ROI) を実現する比類のない柔軟性を提供するとともに、迅速なイテレーションと市場投入時間の短縮により、企業の将来の成功に備えます。
 

クラウドの基盤は重要です。オープンソース・テクノロジーでサポートされた Red Hat のオープン・ハイブリッドクラウド戦略は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドなど、あらゆる形態のクラウドのための一貫した基盤を提供します。オープンソース・コミュニティとの深いつながりがある Red Hat は、2011 年以来、オープンソースの OpenStack プロジェクトのトップコントリビューターでもあり、オープンなコミュニティ主導のイノベーションと、エンタープライズレベルの規模と信頼性を兼ね備えています。

オープン・ハイブリッドクラウドは、アプリケーションを設計、開発、運用するために Red Hat が推奨する戦略であり、デジタルビジネスの変革に必要なスピード、安定性、規模を備えた、真の柔軟なクラウドエクスペリエンスを提供します。この戦略は、アプリケーションの開発、オーケストレーション、実行に必要な共通のアプリケーション環境を開発者に提供し、インフラストラクチャを管理するための共通の運用環境をシステム管理および運用チームに提供します。このように環境間で一貫性を持たせることで、自動化された IT インフラストラクチャを提供し、新しいアプリケーションやサービスの市場投入時間を短縮することができます。
 

関連資料

記事

Red Hat OpenShift Operator とは

Red Hat OpenShift Operator は、Kubernetes ネイティブのアプリケーションのインスタンスの作成、構成、および管理を自動化します。

記事

Red Hat OpenShift Serverless を選ぶ理由

Red Hat OpenShift Serverless は Kubernetes を拡張し、サーバーレス・ワークロードのデプロイと管理ができるようにします。

記事

Red Hat OpenShift Service Mesh を選ぶ理由

Red Hat OpenShift Service Mesh で、マイクロサービスベースのアプリケーションを接続、管理、監視する方法を統一することができます。

OpenShift の詳細はこちら

製品

統合されたテスト済みのサービス一式を備えたエンタープライズ・アプリケーション・プラットフォームであり、ユーザーの選ぶインフラストラクチャを使ってアプリケーションを市場に投入するために活用できます。

機械学習 (ML) モデルを迅速に開発し、トレーニングし、テストすることができる完全にサポートされたサンドボックス。

コンテナのスピンアップおよびスピンダウン時に環境全体でデータを永続的に保存できるソフトウェア・デファインド・ストレージ。

Kubernetes クラスタとアプリケーションを制御する、セキュリティポリシーを組み込んだ単一のコンソール。

リソース

e ブック

Red Hat OpenShift のビジネス価値に関する IDC エグゼクティブサマリー

アナリスト資料

Red Hat OpenShift クラウドサービスについての Total Economic Impact™

関連資料

データシート

Red Hat OpenShift Container Platform

データシート

Red Hat OpenShift Platform Plus

詳細

セルフマネージド Red Hat OpenShift サイジングおよびサブスクリプション・ガイド

概要

Red Hat OpenShift のスキルパス

アナリスト資料

分散型ハイブリッドクラウドでエッジでの配信を実現

アナリスト資料

Red Hat OpenShift のビジネス価値

アナリスト資料

クラウドサービスでアジリティを加速する企業

アナリスト資料

OpenShift Platform Plusの収益機会の評価

e ブック

Azure Red Hat OpenShift の使用を開始する

チェックリスト

成功するハイブリッドクラウド戦略の 7 つの特徴

チェックリスト

サイト信頼性エンジニアリングが役立つ 5 つの方法

チェックリスト

クラウド・コンピューティングでセキュリティ機能をサポートする 6 つの方法

お客様事例

世界的なテクノロジー企業がネットワークエッジへの 5G 導入を推進

お客様事例

KPMG、先進的なシステム統合プラットフォームにより州民サービスの成果を改善

お客様事例

HCA Healthcare、患者の生命を保護するために革新的なデータプラットフォームを採用

お客様事例

Banco Galicia、インテリジェントな NLP プラットフォームによって新規法人顧客を数分でオンボーディング

お客様事例

Brightly が Red Hat OpenShift Service on AWS でイノベーションを加速

動画

BMW ConnectedDrive と Red Hat OpenShift

トレーニング

無料のトレーニングコース

Running Containers with Red Hat Technical Overview

無料のトレーニングコース

Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures

無料のトレーニングコース

Containers, Kubernetes and Red Hat OpenShift Technical Overview