トピック

クラウド・コンピューティングを理解する

物理的な接続によるリソースの共有は急速に廃れ、ネットワーク経由で仮想インフラストラクチャやサービス、プラットフォーム、オンデマンド・アプリケーションを提供する方法が主流になりつつあります。これをクラウド・コンピューティングと呼びます。ここでは、クラウド・コンピューティングについて知っておくべき事柄を説明しましょう。

クラウド・コンピューティングとは何か?

クラウド・コンピューティングとは、クラウドに基づくコンピューティング・インフラストラクチャ、サービス、プラットフォーム、およびアプリケーションを、ネットワーク経由でユーザーにオンデマンド提供するための原則やアプローチを指します。クラウドとは、仮想化されたリソース (物理的な処理能力、ストレージ、クラウドベースのアプリケーションなど) のプールのことで、管理および自動化ソフトウェアによりオーケストレーションを行います。ユーザーは自動的なスケーリングや動的なリソース割り当てをサポートするセルフサービス・ポータルを通じて、オンデマンドでクラウドにアクセスできます。

クラウドやクラウド・コンピューティングは、単体で成立するテクノロジーではありません。必要となるテクノロジーには、オペレーティング・システム、仮想化ソフトウェア、自動化および管理ツールなどがあります。オペレーティング・システムは、ネットワークを設定してユーザー・インタフェースをホストします。仮想化は、リソースを抽象化してクラウドにプールします。自動化ソフトウェアはこれらのリソースを割り当て、管理ツールは新しい環境をプロビジョニングします。OpenStack® (Red Hat®OpenStack Platform の基盤) など一部のプロジェクトでは、これらのテクノロジーの大半を簡単にデプロイできるシステムにパッケージ化し、クラウドの開発とオーケストレーションをワンストップで行えるような形で提供しています。

進行中の IT プロジェクトからクラウドを構築する方法

クラウドをデプロイする方法

パブリッククラウド

エンドユーザーが所有しないリソースから作成されます。

プライベートクラウド

エンドユーザーが—物理的に、または契約上所有する—リソースから作成されるクラウドです。

ハイブリッドクラウド

プライベートとパブリックの両方の、さまざまなリソースから作成されるクラウドです。

クラウドで提供されるサービスの種類

クラウド・デプロイメントは、as-a-Service 型のパッケージにより実現します。これはネットワーク経由で提供されるサービス群のことで、ローカルでの提供も、物理的な接続も必要としません。

IaaS (Infrastructure-as-a-Service)

IaaS (Red Hat Cloud Infrastructure など) はすべてのクラウド・デプロイメントの基盤で、ネットワーク、ストレージ、サーバー、仮想化など、クラウドをデプロイするために必要な最小限のハードウェアおよびソフトウェアが含まれています。これらを組み合わせて、クラウド・コンピューティング環境のインフラストラクチャを構成します (このため「サービスとしてのインフラストラクチャ、IaaS (Infrastructure-as-a-Service)」と呼ばれます) 。これらは、必要に応じてユーザーに提供されます。これらのサービスはそれぞれ、自動的なスケーリング、プロビジョニング、測定が可能です。一方、IT スタックにおける他のすべての部分は、オペレーティング・システムからアプリケーションに至るまで、クラウド利用者が手動で管理する必要があります。

PaaS (Platform-as-a-Service)

PaaS は、ソフトウェアを開発してデプロイするためのクラウドベースのプラットフォームです。つまり、オペレーティング・システム、ミドルウェア、ランタイム環境に加えて、IaaS が扱うすべてのハードウェアおよびソフトウェアを提供します。コンテナ (Red Hat OpenShift など) は PaaS に相当します。データベースやアプリケーションをサポートするインフラストラクチャやプラットフォームが自動化され、シームレスに統合される環境を、開発者やオペレーターに提供します。

コンテナをクラウドにデプロイする

コンテナをクラウドにデプロイするには、基本的に (ネットワーク、ストレージ、サーバー、仮想化を提供する) IaaS 上に、(言語、ランタイム、アプリケーションを提供する) PaaS を導入する必要があります。個別に考えると、それぞれには制限があります。IaaS は柔軟性があるものの、アプリケーションをデプロイする際に構成の手間が発生します。PaaS は環境をロックダウンすることができますが、アプリケーション・ランタイムのカスタマイズは困難です。それらを一緒にデプロイすることで、個々の制限が軽減されます。

コンテナが提供する重要な要素には、アプリケーション、アプリケーションに従属するものすべて、そしてデプロイに必要な自動化が含まれます。コンテナは、開発者やアーキテクトがパッケージ化することも可能です。これにより、適正な柔軟性とポータビリティを実現し、ユーザーが標準のコンテナフォーマットを別のクラウド・プロバイダーへと容易に移行できるようになります。

Cloud containers icon

クラウド・コンピューティングと仮想化の違い

仮想化はクラウド作成に役立ちますが、そのままクラウド・コンピューティングとなるわけではありません。この 2 つは混同されがちです。どちらの場合も、ハードウェアからリソースを分離して有用な環境を作り出すことが中心概念だからです。このように考えてみてください。

  • 仮想化は、ハードウェアから機能を分離するテクノロジーです
  • クラウド・コンピューティングはその分割に基づいて機能します

その違いを説明する最も簡単な方法は、純粋な IaaS の視点で考えることです。クラウド・コンピューティングの基盤には、安定したオペレーティング・システムがあります。このレイヤーのおかげで、ユーザーはパブリック、プライベート、ハイブリッド環境のいずれにも依存する必要がなくなります。イントラネットやインターネットのアクセスがすでに確立されている場合、仮想化によりクラウドを作り出すことができます。ハイパーバイザーと呼ばれるソフトウェアが物理的なハードウェアの上で、マシンのリソースを抽象化します。これらのリソースは、物理的な処理能力やストレージである場合や、デプロイに必要なすべてのランタイムコードやリソースを含むクラウドベースのアプリケーションである場合もあります。

プロセスがここで終わる場合はただの仮想化でしかなく、クラウド・コンピューティング—ではありません。仮想リソースが一元化されたプールに割り当てられると、「クラウド」と呼ばれます。これらのクラウドに対し、管理および自動化ソフトウェアでオーケストレーションを行うことで初めて、「クラウド・コンピューティング」と見なされるようになります。クラウド化のメリットとしては、セルフサービスでのアクセス、インフラストラクチャ・スケーリングの自動化、動的リソースプールが挙げられます。これらが従来の仮想化とクラウドが最も明確に異なる点です。クラウド・コンピューティングと仮想化の違いについて、さらに説明します。

クラウドを自動化するには

管理ソフトウェアはプロビジョニング、デプロイメント、デコミッショニングの基盤を作成します。しかし、クラウド・コンピューティングの実現に最も重要なのは、自動化ソフトウェアです。自動化がなければ、キャパシティのプロビジョニングは手動プロセスになります。自動化ソフトウェアなしでは、プールされたすべてのリソースを管理することは過度に煩雑になってしまいます。このため、自動化ソフトウェアは必要不可欠なコンポーネントなのです。

優れた自動化ソフトウェアは、基本的なリソースの割り当てに加えて、ルーティングやネットワーク化、仮想プライベート・ネットワーク (VPN) の設定、ポリシーやパーミッションの処理、負荷分散、オートスケーリングなどを行います。Red Hat Ansible Automation を組み込んだソリューションのように、一歩進んだソリューションもあります。システム全体が自動化されるので、IT 部門はカスタム・デプロイメントのスピンアップから解放され、事業部門が独自のリソースを要求してデプロイできるようになります。クラウド・コンピューティングの真価は、このような場面で発揮されます。

クラウドを使用したアプリケーション開発

クラウドはストレージ、コンピュート、メモリーサービスとして人気がありますが、同時にアプリケーション開発の不可欠なコンポーネントにもなりつつあります。クラウドにより、必要なワークロードの変化に自動で対応し、従来型のプロトコルよりも少ない時間と労力で新しいアプリケーションをプロビジョニングすることが可能です。クラウド・コンピューティングを用いれば、カスタムの開発環境を即座に構築できるため、運用チームを強化できます。チケットを使うことなくワークステーション、仮想マシン、アプリケーション・サーバー、データベース接続を提供し、サポートのために必要なすべてのリソース、サービス、機能が利用可能になるため、分散環境でのアプリケーション開発に役立ちます。

ハイブリッドの世界におけるクラウドネイティブ・アプリケーション

クラウドの安全性

医療金融サービスなど一部の業種では、プライバシー、セキュリティ、コンプライアンスが厳しく規制されています。そのため、プライベートクラウドが好まれる傾向があります。とはいえ、パブリッククラウドの安全性が低いという意味ではありません。単純に、データの分離や監査に関して詳細な要件がある場合、パブリッククラウドの実装は非常に困難または不可能なのです。なぜなら、医療アプリケーションが稼働するサーバーや金融データを保管するディスクの所有者が、アプリケーションやデータを使用する組織と異なるためです。

クラウド、ユーザー、プロバイダーのいずれにも適用できる普遍的なセキュリティ・ステートメントは存在しません。一部のパブリッククラウド・プロバイダーは、自社のハードウェアがホストするデータへのアクセス権を保持しますが、より厳格なアクセス要件を制定しているプロバイダーもあります。結局のところ、クラウドのセキュリティリスクに最も影響するのは、クラウド・ポートフォリオの多様性、暗号化プロトコルの強度、そして障害復旧ポリシーの内容です。

クラウドの使い方を学ぶ方法

トレーニングを活用する。Red Hat トレーニングは、クラウド内のシステムを管理およびデプロイするために必要なスキルと知識を評価、教育、検証することにより、IT 投資を最大限に活用します。クラウド管理クラウドネイティブ・アプリケーション開発に関するコースと試験、 およびクラウドストレージなどに関する認定があります。

クラウド・コンピューティングのメリットとは?

VM の容量を手動でユーザーにプロビジョニングする作業には時間がかかります。しかも、そのマシンに割り当てられたリソースの一部は、まったく使用されない場合もあるのです。IT 部門がカスタム・デプロイメントに多くの時間を費やさなくて済むようにするには、事業部門が自らリソースをリクエストしてデプロイできるようにする必要があります。クラウド・コンピューティングの真価は、このような場面で発揮されます。

クラウドを適切に利用することで、保守作業に費やされていたリソースをイノベーションへと再配分でき、組織は戦略的なメリットを得られます。

  • アプリケーションとデータをポータブルに
  • プロビジョニングと自動化により、既存の IT 投資とインフラストラクチャを最大限に活用
  • 物理サーバー、複数の仮想化プラットフォーム、多様なテクノロジースタック—を利用する各種クラウドをつなぎ合わせることで、ユーザーがオンデマンドにスケーリングを行える
  • 顧客の技術戦略を、顧客自身が管理できる

Red Hat を選ぶ理由

—パブリック、プライベート、ハイブリッド—のどの種類のクラウドをデプロイするにしても、それはオープンであるべきだと Red Hat は考えます。多くのクラウド・インフラストラクチャは Linux® や他のオープンソース・ソフトウェアをベースとしています。しかし、プロプライエタリーなコードによって連携が妨げられている場合、異なるクラウドプロバイダーの多様なメリットを抽象化するのは困難です。

効果的なクラウド・ソリューションとは、複数のクラウド環境を接続するものであるべきです。より優れたソリューションならば、これらの環境を管理することもできるでしょう。しかし、最高のソリューションにおいては、システム全体が自動化されます。Red Hat は、世界で最も一般的なオープンソースの IT 自動化テクノロジーを使い、クラウド自動化に注力してきました。

Red Hat は、クラウドはオープンであるべきだと考えています。それが、私たちの信念です。

Red Hat を選んだ理由は、意思決定や高度な分析にフォーカスしたかったためです。PaaS レイヤーでプロビジョニングと管理を自動化し、適切なセキュリティ基盤を確立する必要がありました。Red Hat のソリューションは、まさに FICO が求めていたものでした。

Stuart Wells 博士, FICO 副社長・製品およびテクノロジー最高責任者

クラウドの構築に必要なものすべてがここに

インフラストラクチャ

企業のプライベートクラウド構築およびサービスプロバイダーのパブリッククラウド構築に理想的なプラットフォームです。

インフラストラクチャ

パブリックおよびプライベートクラウドのデプロイメントをシームレスに管理する、完全なプライベートクラウド型の IaaS ソリューションです。

プラットフォーム

コンテナ型アプリケーション・プラットフォームと、プライベートクラウド・インフラストラクチャを組み合わせ、IT スタック全体におけるコンテナの実装をサポートします。

プラットフォーム

完全な DevOps に移行し、自社のクラウド環境上にコンテナをデプロイしましょう。

管理

クラウドに未対応のアプリケーションをサポートする、オープンソースの仮想化ソリューションです。

管理

ハイブリッドクラウド環境を統合する、管理および運用プラットフォームです。

OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

クラウドについてさらに詳しく知る